月別アーカイブ / 2015年05月


下記の報告を記載致します。



----------------------------------------------------


2015年4月1日 ZEPP TOKYO

収入

■チケット 

¥5,094,800

■物販 

¥3,374,000


支出

■会場費・音響照明・設営運営費

¥5,517,026


収支計 ¥2,951,774

----------------------------------------------------


ビーフォレストより¥48,226を足して、

合計¥3,000,000を、色々考えた結果下記へと寄付する事にしました。


ネパール大地震への寄付先

■日本ユニセフ協会 ネパール大地震緊急募金 ¥1,000,000

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/nepal/


東日本大震災への寄付先

■日本赤十字社 東日本大震災義援金 ¥800,000

http://www.jrc.or.jp/contribution/140628_000557.html


■東日本大震災ふくしまこども寄附金 ¥300,000

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21055a/kifu.html


■東日本大震災みやぎこども育英募金 ¥300,000

http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/kihukouza.html


■いわての学び希望基金 ¥300,000

http://www.pref.iwate.jp/shien/link/14902/003243.html


■認定NPO法人カタリバ ¥300,000

http://www.katariba.or.jp/

----------------------------------------------------






参戦及び各バンドの物販にて、御協力頂けました事を心より厚く御礼申し上げます。



音楽を通じ、社会貢献の出来る活動規模へと至れた一バンドとして、常日頃よりお前達に育てて貰えて居る事を、改めて深く感謝致して居ります。



上記の報告から、そう感じられる事が。



長らくの活動から自身を又見詰め直せる機会へと繋がって行くんです。



本当に何時も、どうも有難う。






今巡業も身体に掛かる負担は、二巡目に行って居た頃よりも俄然大きさの増す一方では御座いまするがっ。



何の巡業地に於いても、此れ迄以上に血反吐垂れ流す勢いで取り組めて居るもんで悔いは無し、てえやつです。






喩え自分にとって、大規模な今巡業が最期と成って仕舞っても良い様に、ね。






勿論、絶えず続いて行けるのが一等の想いでも在るが!



其れ相応の覚悟を持ち合わせた上で巡業して居るつもりです。



だからこそ、此れ迄より見違えた反応を示して呉れる地方は何時にも増して喜ばしく思えるんだ。

 


九州地方公演も三巡目にして、漸く様に成って参りました。






舞台へと立ち続けられる限り。



今後も己龍での音楽人生を全う出来たらな、と。



然して一日も早い復興を切に願う次第です。



御協力、誠に有難う御座いました。


己龍47都道府県巡業「龍跳狐臥」チケット完売御礼&残少情報
印が新規公演となります。


05月31日(日)【宮崎】SR BOX -完売御礼-
06月06日(土)【愛媛】松山サロンキティ -チケット残少-
06月07日(日)【香川】高松DIME -チケット残少-
06月12日(金)【徳島】club GRINDHOUSE  -チケット残少-
06月14日(日)【静岡】浜松窓枠  -完売御礼-
06月16日(火)【三重】松阪M'AXA  -完売御礼-
06月19日(金)【茨城】水戸ライトハウス  -完売御礼-
06月21日(日)【千葉】柏PALOOZA  -完売御礼-
06月23日(火)【栃木】HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2  -完売御礼-
06月25日(木)【福島】郡山 CLUB #9  -完売御礼-
06月27日(土)【山形】山形ミュージック昭和Session  -完売御礼-
06月28日(日)【宮城】仙台darwin  -完売御礼-
07月24日(金)【大阪】BIG CAT  -チケット残少-
07月26日(日)【愛知】ボトムライン  -完売御礼-

長崎、御疲れ様。





と、撮り忘れて仕舞たぜ…苦笑


二年振りの長崎公演でした。





{03687C0E-61F3-4089-9237-FFCFF53CBDD7:01}





喩え何んな巡業地で有れど、ゴリ押しで己龍特有の公演とすべきか、


或いは


其の場の空気感に歩調を合わせつつ、底上げさせるべきか。


彼の刻の中で、何方へ行くべきか否かをとんでもねえ考えました。





四十七都道府県単独巡業三巡目にして、


個人的に大きな壁へとぶち当たり中です。


が、


然し乍ら決して迷って居ると云う訳じゃあないんです。


一筋縄に何の巡業地も同じ反応な訳など無く、其々に特色が有る事が今なら理解るから。


瞬時に見抜く力を付け、如何に此岸側の色へと染め上げるか。


九州入りしてから、非常に巡業らしく成って参りました笑


楽しいです。





{3EDB6138-8E6D-4526-A00A-1E31DDC440A8:01}





長崎よ、又逢う日迄っ。

↑このページのトップへ