月別アーカイブ / 2013年08月

───────────────────────────
▼「“子龍”台湾旅行会」追加情報!
───────────────────────────
今年は子龍初となる海外での旅行会!
60名限定の子龍旅行会となります!

初の海外旅行会という事で、メンバー、スタッフ共に今からドキドキですが、
ご参加される方は一緒に楽しい濃密な旅行会の思い出を作りましょう!!

旅行会の受付開始日やその他詳細は下記をご確認ください。

─────────────────────
豪華5大特別特典 ☆ツアーのポイント☆
─────────────────────
☆特典1☆“己龍”と台湾観光!
☆特典2☆“己龍”と大宴会!
☆特典3☆“己龍”台湾LIVE参加!
☆特典4☆“己龍”と記念撮影!
☆特典5☆“己龍”と1to1トークタイム!

─────────────────────
台湾旅行会概要
─────────────────────
■旅行会タイトル
「第三回チキチキ!!60人限定 己龍と行こう台湾旅行」

■旅行日時
2013年11月15日(金)~11月17日(日)

■旅行代金
東京発着:140,000円(税込)
※上記旅行代金は、2名様部屋の価格となります。
1名様部屋をご希望の場合は、上記金額に1名様部屋利用料が加算されます。
また、お部屋の数には限りがございますのでご希望に添えない場合もございます。

■お申込制限
1ID(会員番号)につき、2名様分までお申込みいただけます。
※本イベントは会員お一人様につき、もう一名様分のお申し込みが可能となります。
 付添の方は、会員でなくても構いません。ご家族、ご友人と一緒にお申込みください。
※お申込み前に同行される方への同意と申込必要情報(お名前・性別・年齢・同行者が会員の場合は会員番号など)を確認していただけるとスムーズにお申込みができます。

■お申込み期間
2013年9月9日(月)12:00~9月16日(月)受付分まで
※本イベントのお申込みは抽選制となります。必ずしもご参加できるものではございません。
※“子龍”WEBメンバーサイト内より、特典詳細・日程詳細・注意事項をお読みの上、【お申し込みフォーム】よりお申し込みください。

------------------------------------------------

詳しくは、9月9日(月)12:00~“子龍”WEBメンバーサイト内の
「第三回チキチキ!!60人限定 己龍と行こう台湾旅行」特設ページをチェックしてください!

たくさんのご応募お待ちしております!


*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。
<お問い合わせ>
己龍 OFFICIAL FAN CLUB “子龍(しりゅう)” 運営事務局
WEB:http://www.shiryu.jp (携帯・PC共通)
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。

滋賀、御疲れ様。





$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082717430000.jpg



$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082717430001.jpg



$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082717440000.jpg





風邪が一向に治る気配が無い。


昨日も滋賀県到着後、早々に病院で診てもらったのに…苦笑


兎に角、咳が止まらんもんで心底苦しいのです。


満足に唄えやしねえっつう。


ほんま助けてけすた…orz





だが、


公演自体はとても楽しめたんだよね。


約一月半振りの関西地方での公演では在るが!


滋賀も大阪に負けず劣らずな良い意味での裏切りを魅せて呉れた。


改めて関西地方ならではの勢いに熱を目の当たりに出来た事が先ず嬉しひのだっ。





と或る楽曲の披露時に。


見た事の無いノリで応えて来たもんでとんでもねえ驚いたっつうwwwww


でも、こんな反応が僕は好き。


コレが滋賀県ならではの良さでも在るんだものね。


本当に楽しかった!


次は万全の状態で是非とも又再演したいです。





$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082802290000.jpg





関西地方も残すところで後二公演。


奈良県、和歌山県共に前売券は完売御礼にて御座います。


昨年じゃあ考えられなかった快挙だ。


九月二十二日に行われる、東京での千秋楽公演も残少と成りまして。


イケるかな?


イキたいな。


夢の千秋楽公演完売御礼迄…!


後一歩だ。


何んな景色を共に創り上げて行けるだろうか。





お前達と其の瞬間を…!





此の眼で、此の肌で。





感じ合えたらば、此の上無く幸せだよ。





$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-0827siga.jpg





滋賀よ、又逢う日迄っ。

新潟、御疲れ様。





$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082516490000.jpg



$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082516480000.jpg



$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba-2013082516490001.jpg





一年前迄は、


単独巡業が行われる度に欠かさず組み込まれて居た新潟県。


其の、或る意味で当たり前の様にも行われて来て居た巡業地が。


前四十七都道府県単独巡業『朱花艶閃』を最後に。


今日迄、公演へと至る事は御座いませんでした。


其れが漸くながらにして、今巡業で再演を迎える事と成りまして。





刻の流れと云うものを改めて大きく感じたよ。


地方に依って様々な反応を魅せて呉れるものだが。


ほう、


新潟はこう変わるのか、と。


此れ迄の舞台から大きく移り変わっての公演だったもんで。


若しかすれば、ソレも理由に有るのかも知れないよね。


中盤迄を進行しながらに、一等思った事。





「此奴等…糞堅っえぇえええなあぁぁあああああ!?」





明らかに一柵目と二柵目とでの温度差が…!www


ゴォルデン系列の匣は全体的に結構観難かったもんで!


新たな舞台、ロッツは相反してとんでもねえ観易い!!


だからこそ、余計にそう感じたのかもね。





さて、


此処から如何にして。


其の戦況を覆しながらに此方側の流れへと持って行くべきか。


演りながらに、実は結構考えて居たん…笑


其の甲斐も有ってか、後半からは目に見えて反応が変わったもんで!


ふははっ、僕の勝ちだwwwww


もう一寸僕も大人に成らねばな、と。


そんな意味でも新たな成長へと繋がる切っ掛けの公演と成れた事に間違いは無い。





其れとは又別に。


終えてから気付けた事も有って。


視野をもう少し広げて行かねばな、とも思った!





長らく裏方で支えて呉れて居るゲンさんも。


ロッツでの公演は心底喜んで呉れて居た。


近い存在でこうした人達のそんな顔や様を見れる事が、矢張り嬉しいものだ。


此れからも共に、





$己龍 黒崎眞弥オフィシャルブログ「嗚ヾ人生左斜め45°」Powered by Ameba





今度はロッツ満員御礼へ向けての景色を創って行きたい。





新潟よ、又逢う日迄っ。

↑このページのトップへ