昨年の長野にて迎えた生誕公演からの丸一年間は、大変濃密に感じて居ます。

表明後に行われた単独巡業『月嘩睡敲』では、

バンド側とお前達とで、相容れない深い溝の様なものを重々感じ乍ら各地方を廻ってました。
当初は両者共に何方も折れずな空気感だったもんなあ。

本公演日に寄越して呉れた手紙にも、其の当時を振り返っての心境等を詳細に書き綴っている者も多く居て。
此の時期はそんな感じだったなあーと、僕も読み乍ら又思い返してました…笑

唯、覚悟を決めた時点で喩え誰に何と言われようが、絶対に主張すべき事は捻じ曲げずに貫くと腹を括って居たもので。
其れに伴い、多くの別離れと新たな出会いを経て、今日へと至る訳ですが。

風向きが本格的に変わり始めたのが、四十七都道府県単独巡業『傀露蒿儡』を行った前半戦辺りですね。

舞台上からの景色が、各地での公演を重ねる度に変化して行き、徐々にこっちの方が断然楽しい!と云う声が増え始めて参りました。
会場熱も例年では考えられない程に上昇し、酸欠で此方側がぶっ倒れそうな公演を何本も経験出来ました。

物事を進めて行く上で、賛否両論に於ける否定意見が多い事柄程、後に見据える好機なのだと僕は捉えて居ます。

バンド活動も、其れと同じ。

散々周りから早く辞めろだの、現実を知れと言われても、只直向きに地盤を固め続けて行った結果が。

今と成り、こうして繋がって居ます。

長らく悪天の続く東京でも、全国各地から足を運んで呉れ、公演中は一人一人の顔をじっくり見ている余裕など無いが。
終了後の撮影会では、ほんの僅かな時間での会話で在れど、改めて其の深みを感じる機会を得られます。
数年越しに来場して呉れた者も多く居た。
まこと有難き幸せですね。

公演終了時にも話しましたが。

今後は各会場開場時に自ら影アナを入れる様な事は致しません。
決して突き放す意味ではなく、お前達を信じようと云う意志の表れとして受け止めて下さい。
流石にもう、十年目なのでねww
活動の節目として、良い機会なのだと思います。

生誕での祝言、祝花。
本当に本当に有難う御座いました。

然して本日より又宜しく。

今年の旅行は単独並みに体力を消耗しまして。
とんでもねえ鬼疲れた!笑

でも、すっげえ楽しかったなー。

特に個人企画。

終始飲みまくっててすみませぬ。
酒が入らんと先ず人前では一切唄わん奴だと仲間内でも有名なもので。

僕自身、あんなにも無茶苦茶に盛り上がっては発狂に暴れる滝汗と酒に塗れた時間に成るとは思いも知らず、全く以っての想定外でした。

貸切で無ければ絶対に旅館出禁喰らってだぞ、アレはwww

二重唱したり、皆が掛け合いで唄い合って合唱して揉みくちゃに成ってんの観てたら、



やっぱり自分らのファンって良い存在だよなあって、沁み染みそう思えて。

こんな場面でも改めて気付かされるもんなんだ。



個人的には二陣にて巻き起こった空蝉のイントロにアウトロでの合唱が激熱かったです。

二日間を特濃に過ごした分、終われば刹那過ぎたよね。

一陣、二陣と過ごした俺自身もそう思えて仕舞う程だったから。

あゝそういや!

二日目の僅かな喋りの際も、何年も前からずっと来て呉れて居るのに、未だに顔と名前が一致出来て居ない者も数多く居た。

日頃から出来る限り憶えられる様、自分なりに努めても居るのだけれど、其れでも全く至れてないんだなって、こんな瞬間に凄く思う。

公演のみでは億パー無理な話だが。

日頃より手紙にリプや恋文だったり、各店舗行事にも足繁く逢いに来る者に対しては、やっぱ顔合わせた瞬間に判る様に成りたいんだよね。

絶えず巡っては又移り変わるものでも在るしで難しいっちゃあそうなんだけど、

其れこそが自身にとっての活動を続けて行く大きな理由として繋がって居るのも慥か。

時間は有限。

然れど記憶は褪せないものですよね。

沢山の応募に参加も、改めてどうも有難う。

抜け殻と成る暇有んのなら、直ちに新たな肉と油を存分に詰め込み肥えなさい。

んで、来た際は残らず削ぎ落としてやっからよ



新譜も過去音源の再録も、未だ未だ先は長いが、引き続き死力を尽くし臨みます。

又逢う日迄。

千秋楽、御疲れ様。

四巡目にも及ぶ四十七都道府県単独巡業も、過去最大に数多襤褸の乾っ殻に成れ果てども、大きな事故は無く無事に廻り切れました。

ライヴらしいライヴが一番出来たと思える、そんな巡業だった。

特に公演機会の少ない巡業場所に於いては、此れ迄上手く煮え切れない土地も多く御座いましたが。

其の無念を晴らす慥かな手応えを感じられる公演を、各所にて行う事が出来た。

四巡目の正直、か!笑

十年掛けて漸く其の答に辿り着けた。

確固たる自信で斬り込んで征ける様に成った事が、より一層の相乗効果を齎したのだと思えます。

そう変われたのも、お前達が現体制での本質を受け入れて呉れたからこその表れだ。

愛すべき最高の大馬鹿者共でも在り、最高の理解者なのだと、僕は心よりそう思います。

利己主義に囚われず、何れ丈馬鹿に成り切れ果てるか。

其の真意を汲み取る者も確実に増えては各地にて浸透する基盤を築いて来れたので。

単独に於いては、喩え何の地方で演ろうとも見事塗り替えられる確信も得ました。

今後より一層此の流れは、絶えず変化を魅せ続けるものと成る事でしょう。



諦め匙投げせず、全てを失う覚悟に懸けて良かった。



千秋楽も全国各地より集まって呉れて、本当にどうも有難う。

益々多忙を極めるが。
こうして実り有る活動が出来た今、とても大きな遣り甲斐を見付けられる様に成ったから。

遣るからには全力を尽くすのみです。




只、制作だけは心底辛い。

千秋楽前から既に唄録りも始まって居たし、期日に追われる作詞が絶え間無く具合をとことん悪くさせる。

暫し潜る日も多く成りますが、必ずや聴き応えの有る作品を遺すべく臨んで参ります故。

又何れ何処かで。

て、次十八日じゃあぁん…(T ^ T)ノ

色んな意味でげそげっそうしてそうだが、其方も宜しく。

↑このページのトップへ