昨日は妙に疲労感が体に溜まって、家に帰ってバタン。
それでも名刺がなくなったので、ネットで名刺デザイン、名刺発注…それが最後の最後に間違って、必要な月曜日までに届かないという。
ガックリ余ってバタンキュー。

そして今日。脚本執筆の1日。
僕は基本、プロデューサーと監督を兼ねる。
本当は監督のみにしたいのだが、うちの映画は一般のメジャー映画やインディーズ映画と制作システムが違う。簡単にいうとイベント化されているのだが、この独特のシステムを説明できるプロデューサーは、残念ながらいなう。ということでプロデューサーも兼ねている。

日本ではプロデューサーよりも監督が有名。
というか、映画プロデューサーで何人の名前を人々は知っていようか?
しかしハリウッドの映画など世界の映画は最初にプロデューサーの名前が出る。誰々プレゼンツってやつ。
映画はプロデューサーのもの。
例えるなら、家を作る時、お金を出して家を作ってもらうのがプロデューサー。監督とは大工の棟梁。そして家がつまりは映画。
そりゃ家はお金を出したオーナーのもの。

さてさて映画の監督とプロデューサーは実は真逆の方向を見ている。作用反作用の関係?
簡単にいえば、監督はお金を使う方。プロデューサーは集める方。監督は創造で話し、プロデューサーは金で話す。監督は夢、プロデューサーは現実。監督は作品をつくり、プロデューサーは商品をつくる。

それを一挙にやると、相反するものが頭の中であーだこーだとなって、今、自分は監督脳?プロデューサー脳?と自分の思考の元を見直すことからしなくてはいけない。

だいたい監督的にうまくいっている時は、反作用のプロデューサー的にはうまくいっていない。逆も然り。
なので、準備の時はいいことも悪いことも同じ数だけやってくる。ので、割りと疲労。

と言いながら、やはり映画企画を進められるということは贅沢なことなので、疲労とか言ってられず、ついつい自分の体は後回し。
疲れたと言うなら死ね!と昔、ある人から言われて、そんなもんだとも思ってる。

まぁ、クランクアップで倒れればいいや!って感じ。

ちなみに脚本執筆中はプロデューサー脳を捨てないと、ホンが飛んでくれない。
監督脳だとあれもやりたいこれもやりたいだけど、プロデューサー脳ではそれは金がかかるそれは大変すぎるとなって、つまらなくしてしまうから。

かつて新藤兼人監督は脚本家としても有名で、人の映画の本を書くと予算がかかる本で、自分の作品の本は予算がかからない本になっていたと誰かが言ってた。


昼はカップラーメンとライス。夜はホットケーキ。
昼と夜が反対のような気もします。