fm3.jpg


小型版
Axde-Fx III


これは熱いです。かなりごつそうに見えますが、小さそう。l厚みはじっさいけっこうあるかもですけど、そこそこコンパクトな感じです。

 

同時使用可能なエフェクトやモジュール数はさすがにオリジナルAxe-Fx IIIには及ばないものの、入っているアンプモデルとかはIII譲り。かなり細かく音を作る事が出来そうです。エディタがないとつらいとは思いますが、もちろんそれはあるでしょうし。

 

価格はたぶんAxe-Fx IIIの半分くらいかなと。

本国価格では初回はGT-1000とかぶります。その後通常価格はHelix LTよりちょい高いくらい。

 

ちなみに価格についてですが、例えばBOSSは世界で基本的に価格を統一するスタイルです。全世界的な流通形態を理解していて、ある程度先進国なら、どこでも同じ価格で販売できるように価格設定をしている感じですね。

Fractalは本国と国内で価格差が大きいです。これは本国での販売で価格をできるだけ下げているメーカーの方針のためだと思います。

そのため国内で、楽器店に流通させるとそのコストがそのまま価格に入ってしまうんですね。

 

これはどっちが正しいとかどっちが良いって話ではなくて、メーカーの方針の違いとしか言えないと思います。なので単純に本国価格と国内価格を比べるのは難しかったりするんですが、同メーカー内での価格の割合であれば比較しやすいので、だいたいAxe-Fx IIIの半額くらい、を想定していると良いかと思います。もちろん確実にそうなるとは言えませんけど。

 

imgrc0073775013.jpg

 


そしてTECH21も新作。RUSH、ゲディー・リーモデルの小型プリアンプ。

レイヤーサウンドを作るため、クリーンと歪みをブレンドして音を作っていくスタイルのプリアンプですね。

 

Line@アカウントから更新お知らせしています。

 



ikebe_gs-626169.jpg


ペダルディガーズ人気モデル復活

 


バージョン2という形で事実上の復活です。12で音色の違いは無いということです。

JTM45をブーストしたサウンドをレコーディングした音をイメージしたペダル。

使いやすいヴィンテージマーシャルサウンドを作るペダルは普通に良いですよね。

単純に本物のアンプを再現すると、意外と使うのが大変だったりしますが、ちゃんと音圧のある音が出せるペダルということで、いろんなところで活躍しそうな感じです。

 

Line@アカウントから更新お知らせしています。

 



lqBqJ2gdDb.jpg


ベルクロファズ

 


ゲートが強くかかるベルクロファズって、ハイゲインファズの1つの方向としてあるんですが、ゲートがかかってブチブチ途切れるのでサステインが無いです。

そういうものなのでそういうものとして使うことはもちろんできますが、ベルクロファズ特有の歪みを使っていろんなプレイをするのが難しかったりします。

ということからブレンドが付いたのかと思ったりしますが、クリーンブレンド付のゲートファズってかなりレアですが、良い発想ですね。

 

Line@アカウントから更新お知らせしています。

 



↑このページのトップへ