_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1195.JPG

 


OKe.p.に収録されている「さよならをいつも心に」の
ミュージックビデオ為らぬ、リリックビデオとして公開しました。
是非見てやってください。





 

ライブではアップテンポな曲が多くなってますが
キネマズの名前の由来でもある
映画の意味の"キネマ"というテーマに沿った
所謂、切ないバラードになりました。


 

人を好きになる、ということについて
自分はなんというか・・・
尊敬、というのが一番しっくりきますかね。

特に、自分にはできないことをやってのける人を僕は尊敬します。

それはその人に対する友情であり、
恋心のようなものでもあるかもしれませんね。


別に「一切ピッチを狂わずに歌える」とか
「1000回リフティングできる」とか
そういうことではありませんよ。笑


いつも穏やかで笑顔、とか
時間は必ず守る、とか。
そういうことが一番大事だったりしますしね。


自分は、

気分屋だし、

時間もちょいちょい遅れます…




その逆も然りで、その"尊敬していた点"が崩れたりすると
一気に興味を失ってしまう、という恐ろしい点もありまして。
(いや、極端ですけどね。)


がんばればがんばるほど、単純に上積みされるものではないし
崩れる時は一気に崩れてしまう、脆いものでもあります。
尊敬というのは。


だから、殊更自分のことに関しては
がんばってやらなきゃいけないな、と思ってます。


とは言え、他人の評価軸でがんばっても仕方ないので

まずは自分が納得できるように、という感じです。


自分のがんばりは、他の人にとっては何の意味もないことかもしれないけど
自分にだけは確実に上積みされてますからね。


遠からず近からず、みんなもそんな感じなんじゃないのかな。

 

ほどほどに気を抜きながら
毎日楽しくやりたいもんです。

話がかなり脱線しちゃいましたが

テーマが局地的なのであれなんですけど

今、ハマる人にちゃんとハマって
できれば良い意味で寄り添える曲になれたらいいなと思います。