月別アーカイブ / 2015年12月

f:id:kindou:20151225155248j:plain


こんにちは、電子書籍まとめサイトだけで生計をたててる、きんどうチラシの裏です。年末のまとめとして、今年食べた美味い飯の話でもしようかと。


更新の合間に人生を送りはじめて3年。2015年初頭から京都で暮らし始めまして、その中で超ウメェと思ったオススメランチをご紹介。京都で美味いものを食うとなると、果てしないので今回は一人で気兼ねなく入れてお手頃なお店にしています。


美味い飯は全国どこにでもあるのですが、とにかく狭い範囲に集中してるのが京都の魅力です。


これがわたしのブログ飯!2015年京都で美味かったランチまとめ


タンドリーチキンの概念が変わる!ココでしか食べられない『セクションドール』



f:id:kindou:20151225160616j:plain


いま熱い注目をあつめるというタンドリーチキン専門店。メニューはタンドリーチキンしかなく、要事前予約でその時間にベストな焼き加減に仕上げておいてくれるというストイックな店。


インド料理屋の微妙なメインとしか思ってなかったタンドリーチキンですが、この店は想像の斜め上を行くパリパリで旨味の詰まった肉を食べさせてくれます。


ただ、炭水化物は一切れのパンしか無いので「もうちょっと食べたい」という方は50メートルほどにある日本語が通じない本格中華料理店『チャイナキッチン餃子王』か、徒歩10分ほどのカフェ『カシヤ (kashiya)』のベーグルサンドがオススメ。



美味い麻婆豆腐が食べたくて、食べたくて辿り着いた名店『駱駝』


f:id:kindou:20151226003405j:plain


Amazonビデオで『孤独のグルメ』を見返していて、唐突に高まった麻婆豆腐熱!フォロワーさんにオススメされたところや、ネットで調べては食べあるいてようやく辿り着いた辛さと旨味の両輪が噛み合ったお店


あまりにも食べたすぎて、麻婆豆腐を手前にすることも忘れてすぐ写真を撮って食べ始めるというミスをしたのも良い思い出。


関東にいた頃は美味い中華を食べたくて池袋に通ってました。マイベストは黒龍門の四川麻婆豆腐。でも、京都はどうも京風中華か大衆系ばかりでしっくり来なかったのですが、ここにきて初めて「よっしゃキタァァ」となりました。


黒龍門は山椒系で、ここは唐辛子系なんで方向は違うんですが、なんだろう「中本食べたい」という欲求が解消されたのが大きいのかも。かなり辺鄙なところにありますが、是非訪れて欲しいお店。



卵のなかに半熟卵だと……!わたしのオムライスランキングを塗り替えた『ルフ』


f:id:kindou:20151225155248j:plain


この写真はランチでなく、ディナーで食べたやつなんですが……伝わるでしょうか、この美味さ。子供の頃からオムライス好きで、発作的に食べたくなって色んなところで頼んできましたが久々の大金星。


ここの付け合せがなぜか紅しょうがなんですけどね。「おいおい、オムライスに紅しょうがなんてナンセンス」と思いましたが……甘じょっぱさがオムライスのトマトソースを鮮明にさせてくれます。美味い、甘じょっぱい、美味いのエンドレス。口いっぱいにオムライス頬張る幸せが何度でも食欲を呼び起こす絶品



コスパ最強!1,000円でおばんざいおかわり自由のランチ『彩』



f:id:kindou:20151225155727j:plain


祗園のちょっと外れ、宮川町との境にある昼は定食、夜はワインバーとまったく違う業態になるお店。昼はオーナーが新しい店を始めるまでの趣味で、夜は人に貸してるのでこんなことになってます。


週替りの肉・魚のメインどちらかと、毎日微妙に内容が変わるおばんざいのセット定食が1,000円。最大のポイントはご飯、お味噌汁、おばんざいがおかわり自由!


あんまり食べ過ぎるのも申し訳ないので、お代わりはどれか3つまでというマイルールで通っています。ちなみに、2016年2月頃?に新しいお店として西洞院にご飯カフェをオープンするということで、それからは週末限定ランチに変わるみたい。



税別1,500円で食べられる食事のひとつの極致『グリルデミ』


f:id:kindou:20151225163712j:plain


テレビ番組『ごきげん!ブランニュ』で人生最後に食べたい、と紹介されたタンシチューハンバーグセット。1,500円(税別)で食べられる食事としてはひとつのゴールかもしれないなぁという高いバランス。


正直、あまり書きたくないのだけどハンバーグ自体はそこまで……ですが、ソースが美味いのでバラバラに分解してタンシチューの具に再錬成することで光を放ちました。人に見せられないヒドイ食べ方になってしまうのですが、美味いんだもの……。人目がまったくなければご飯まで投入しかねない勢いでした。



どこにでもある、でも丁寧に作られた洋食が嬉しい『グリル 五条坂


f:id:kindou:20151225164616j:plain


ここが美味いわけないだろうwwwという、普通の一軒家。場所も辺鄙すぎるところにありますが、ハンバーグ・コロッケ。普通の料理を丁寧に作ってるなぁというのがよくわかるクオリティ


あまりに美味かったので、そのまま季節限定のカキフライも追加注文。いやぁ、新鮮なカキを使ってくれてるためか安物にありがちな苦味の無いクリーミーさが素敵だった。もともとオーナーが広島出身ということでカキに特別な思い入れがあるんですって。この辺で食べられるのはダメだねと力強い言葉をいただきました。



甘みと辛さが両立することはここで知りました『膳部香蔵』



f:id:kindou:20151225161332j:plain


学生時代から美味いモノを食べよう!というと通ったレストラン。昔のイメージはカレー屋だったのですが、今は定食が充実していて学生向けになっていってるなぁという印象。まあ、もう結構前の記憶ですから昔からそうだったかもしれない。


ここに来ると、いつもレッドカレーグリーンカレーで悩んでグリーンカレーを選ぶのが定番。甘さの中に辛さが!というのがよくわかる、辛いものが好きになった原点かもしれません。



おわりに。


出版をテーマにしたメディアをやってるので関東在住と思われてるのですが、とくに出版社の方と何かするということもなく、アクションとっても振られるだけだったので関東にいる意味ねぇなぁと2015年京都に移住しました。


別に京都選んだのも優雅な理由でもなく。サイト立ち上げからほぼ毎日家から徒歩3分ほどにあるマクドナルドに行ってMacBook Proのバッテリー切れまで作業して、切れたらスーパーで半額弁当と自炊の食材買って、翌日も同じくマクド。電源切れたら家帰って食材尽きるまで数日自炊のローテーションを18ヶ月くらい続けて、さすがに心身のバランスが壊れかけたので実家に戻る。


実家に戻るも自室は無いため8ヶ月ほど居間、台所、そしてまた実家から一番近い作業できる場所だったマクドで作業という日々を延々過ごしてました。金めっちゃ溜まる一方で、使うこともなく更新するだけの日々。


趣味がバイクツーリングだったので、当初実家に戻ったらバイク乗って旅をしながら更新だ!なんて思ってましたが、移動時間で更新できないわ、休憩場所に電波が無いから更新できない!さらに移動だ!とまったく心が休まらない上に「大規模セールやんけ、帰らねば!」と引き返す羽目にも何度か陥ったので……。


結局、更新の合間に人生を送るには飯くらいしか楽しめないという結論に。そこで、とにかく狭い範囲にグルメが集中してる京都を選びました。後ろ向きなのか、前向きなのかわかりませんが、更新の合間に送る人生を充実させようと美味い飯を食べ歩いております。


京都は学生と観光の街なんで、手頃な飯から絶品グルメまで選択肢がとにかく豊富。素敵。飯食うか更新するか寝るだけの人生を過ごすには最高の立地です。飯と睡眠で満足できれば、人間そうそう倒れないですしね


最後に、飯の話ばかり書いたのでデブキャラになりそうですが、美味い飯を気兼ねなく食べるためにジムに通って体型は維持してますからね!更新し続けるために健康とバランスにとても気を使って飯食ってます。さて次回はフリーランスノマドに興味ある方向けに作業するに最高だったカフェをご紹介します。




f:id:kindou:20150830205706j:plain


こんにちは、Kindle特化の電子書籍まとめサイトきんどうチラシの裏ブログです。3年以内に電子書籍市場の1%(だいたい取扱高22億円くらい)を獲ろうと、せっせとまとめ記事を書いています。


そんなアフィサイトとは別に、個人(プロ)のマンガ家さんのブログ制作やTwitterの運営アドバイスを無報酬でやってるので今回はそこで話してるメディア論的なお話。商売抜きッスよ。


さて、細かいところは各個人にカスタマイズして伝えるのですが、基本は単純で「メディアのゴール」「あなたは誰」「誰に何を伝える」を考えてもらっています。


超人気ブログになるには才能が必要と思いますが、ある程度までは技術とやる気・根性でたどりつけ……るんじゃないかなぁ。そう思って、わたしは自分のメディアやって食ってるからなぁ。まあ、いち意見として参考にしてもらえれば。


正しい努力と根性でまわす個人メディアのつくり方


最初にメディアづくりの概念的(基礎部分)な話をして、次に具体的なアプローチ(実用編)の話をします。それでは、概念の話。


メディアのゴールを明確にする


何をするにも必要なのはゴールです。ゴールがブレていれば正しい仮説や戦略をたてることができません。


ブログで食べて行きたい』→ 何をどうしたいのかがサッパリわからない。


ラーメンブログで食べて行きたい』→ ちょっと具体的になったから、実現するために何をすればいいか? なんて考えられます。


とにかく「自作の電子書籍の漫画を売るためにブログをはじめる」では、ちとパンチが弱いし浪漫がないので、その先に『デビューのキッカケづくり』『電子書籍だけで食べていく』『仕事の依頼を増やす』とか、なんでもいいのでメディアを通じて達成したいゴールを意識してもらっています。


ゴールができればあとは簡単、実現する方法を考えるだけです。メディアで何かを実現するためには読者が必要です。メディアは見てもらってナンボですからね。ゴールを実現するため読者にどんな期待をしてもらえばいいか考えましょう。


あなたは誰かを明確にして、読者にわかりやすくする。それを続ける


読者に期待をしてもらえればメディアは成功します。ただし「誰が何を書いていて」「このメディアを読めば何を得られるのか」が明確じゃないと、記事単位でヒットを出せてもリピートしてもらうのは難しいです。


そりゃ、もちろん「あなたは誰」を明確にするのは難しい。人間生きてれば色々あります。ただ、それを140字だかのプロフィール欄で伝えるのは無理なのでネット上での存在を記号化しましょう。たとえば、


「ラーメン大好き」


これならラーメン大好きなのが伝わります。それなのに政治の話ばかりだと意味がわかりません。ラーメンの話をするんだ。とにかくラーメンを語り尽くせ。


そして、ある程度フォロワーができて、読者がついてきたらちょっと脱線しても一定の読者がいるので読んでもらえます。それまでは色んな話がしたくてもブレてはいけません。


例えば、わたしは電子書籍Kindleに特化したキャラクターですがある程度読者がいるので「この前、周山街道行ったんですけどね。やはりツーリングすると新しいバイクが欲しくなって、今度はWRXを狙ってるんですがー」的な話をしてバイク紹介をしてもも、1,2回なら許されます。でも、これが10回くらい続くと流石に読者は離れます。そんな感じ。


読者があなたに期待をしたことを裏切ってはいけません。ブレると読者簡単に離れていきます。


何を伝えれば良いか、もしくは何を伝えられるのかを絞る


上でラーメン大好きと書きましたが、別にラーメン好きでもないのにそんなキャラ設定すると無理がでます。できないことはやっちゃダメです。ただし「ラーメン好きになりたい」ならOKです。ラーメン好きになるための行動を書きましょう。


おんなじで「電子書籍で食べて行きたい」「プロのマンガ家になりたい」という目標があるなら、無理をせず気取らず、悩んでいることや感じていること、知っていることを共有していきましょう。電子書籍云々でいえば読者に気にかけてもらう、応援してもらうというカタチになればいいんですから。


一番はじめから上手く行く人は極少数です。ただ、上手くいかないからと当たりがでるまでなんでもかんでもを書かず、とにかくゴールを意識してテーマを絞って、それをブレないようメディアの基礎部分を考えましょう。


それでは、具体的なアプローチ編です。




そこそこ人気メディアを作るための小手先のワザ


Twitter編】フォロワーが増えない?アイコンダサいんじゃね? プロフィールが適当すぎるんじゃね?


まぁ、我ながらヒドイ言い草とは思いますが、アイコンとプロフィール見直すとフォロワーの増え方は激変します。ここもっと詰めた方がいい。アイコンを通じて読者が期待する内容は変わります。


もし、フォロワーなかなか増えないという場合は「ポジティブ」「情熱的」「可愛い」など、何か好意的な感情を期待されるようなアイコンにしてみるといいかと。ただし、アイコンを変えてしまうとフォロワーさんから誰か認識されなくなってしまうのでそうコロコロは変えない方がいいです。


ちなみに、わたしの場合はアフィサイトなので「怪しい」「プロフェッショナル」などをイメージしてマンガ家さんにアイコンを描いていただきました。



プロフィールもフォローする/される際にみんな意識をしてますので、できれば人気アカウントや自分の好きな人の書き方を参考にしてみましょう。キーワードを詰め込み過ぎや、どんな人物かよくわからないのは難しいのではと思います。


【ブログ編】デザインはシンプルでいい


ここは異論も反論もあるとは思いますが、バリバリにWebデザインができる人じゃなければ、とにかく見やすいデザインを意識したほうがいいかと。妙にカッコいいのや背景が黒とか、そのコンテンツ以外に目が行くようなのは控えた方が無難じゃないかな。


個人の日記ならとやかくは言いませんが、何かを期待してもらって読んでもらって行動を促すのがメディアなんで、それを妨げるような装飾は不要だと思うんですよね。


【ブログ編】記事タイトルは何を書いてるのか、わかりやすく。端的に。


ブログを書いて集客するためにはTwitterで拡散されたり、ブログのランキングやブクマされたりするわけですが、その時はタイトル(もしくはアイキャッチ画像)だけが広がります。なんで、とにかくどんな記事の内容かをある程度類推できる記事タイトルがいいんですよ。


記事タイトル:☓ 昨日見た映画の感想 → ◯ ガルパンを見にいったはずが、明らかにマッドマックスだった件


記事タイトル:☓ ラーメンが美味しかった話 → 行列上等!90分並んで食べたチャーシュメンの話を聞いてくれ


的な? SEOの見地からはダメとか異論はたくさんあるのですが、とにかく読んでもらうためには工夫しましょう。


【ブログ編】記事の書き方は、とにかく序盤で全体を説明する


ほとんどの記事は最初の数行読まれただけで読むか否かを判断されます。なんで冒頭に「前回の続きと関連テーマ(リンク)」とか「無関係の話題」を長々と挟むと読む気無くすワケですよ。最初の数行は読者に興味を持ってもらうための部分なんで、


冒頭は全体の説明(導入) → 本題 が望ましいと思う。


もちろん、これが必ずしも成果を生むわけではないですが、読まれる確度はあがります。


【ブログ編】更新頻度は序盤にたくさん。慣れるまでとにかくたくさん。


ブログの制作をゼロからお手伝いする時は事前に5,6記事公開前に制作してもらってアドバイスしながら作っています。そこで簡単な説明をしますが、それよりも初速を作るのに有効だなーと感じてます。


みなさん、以後の更新ペースは2〜1週間に一回更新なんですが、サイトはじめた当初から滅多に更新されないメディアだと読者はつかないというか、興味を維持できないですからなぁ……。


それを防ぐために、まずメディアをはじめる前に下書きを溜めておくというのが手かと。マンガなら連載前開始前に溜めますよね、あれとおんなじ感じです。


そして出来ればたくさん、一気に密度の濃い情報を出し続ければスタートダッシュができます。


【拡散編】ブログ書きましたなんてツイートするのはやめよう


ブログを書いたかどうかは重要じゃなくて、大事なのはリンクをクリックしてもらうことです。そのためには魅力的な記事タイトル+キャッチコピーが必要です。


「ブログ書きました → 昨日見た映画の話 http://hogehoge


友達なら見るかもしれないけれども、そうじゃない人に「おっ!」と思わせるためには工夫が必要です。


あまりの衝撃に、映画館でて速攻書き上げた!怪演とおりすぎてありゃバケモンですわ → I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIEに俺のココロが有頂天 http://hogehoge


とか?ちと長過ぎるとも思いますが、どんな映画なんでしょうね。適当に書いたけど、想像を刺激しますね。


さいごに ブログもTwitterも「ガイ・カワサキ流のSNSでフォロワーを獲得する方法」が全て


2013年に公開されたライフハッカーさんの記事ですが、Google+以外は間違いなく素直に従えばいいと思います。


聞いた感じ、いまだとInstagram+LINE@も意識した方が良いらしいのですが、いきなりポンポンとメディアを増やしても対応できないと思うので、とにかくブログ+Twitterあたりで頑張るのが良いかと。


わたしは3年かけて約8500のフォロワーで、だいたい85万PVのサイトを運営しています。個人メディア経由の収益という意味ではYoutuberにはとても勝てないけど(ry


まぁ、そんな程度が考えているメディアのつくり方なんで、とてもガイ・カワサキさんほどの説得力はないのですが、参考になれば幸いです。




お知らせ:個人(プロ)マンガ家さんのメディアアドバイスを無料でやってますよ


ここまでお付き合いいただきありがとうございます。異論も反論もあると思いますが、これはあくまでも一意見です。


とにかく、マンガに限らず、電子書籍で個人出版を考える方にお伝えしたいことは「素晴らしい作品を作るのと同じくらい、販売に力を、少なくともある程度の初速が稼げる程度のはメディアを作ったほうがいい


エヴァ全14巻が各50円になったり、プラネテス少女ファイトが無料で配られるような情け無用の残虐ファイトを仕掛けているのが電子書籍市場なんで、ただストアに並べているだけで読者にたまたま選ばれて、口コミが話題になり、メディアに取り上げられ、大ベストセラー!を目指すよりは宝くじ買った方が確度高いんじゃないかな。


でも、日本の電子書籍市場にはホントは浪漫があると思うのですよ。なんで、アフィサイトとは無関係にこんな無料のメディアアドバイスなんてやっているかといえばですね。


1.海外市場では電子書籍の成長って半分くらい個人電子出版が支えてる


2.一方、日本は恐らくほぼ従来の出版社が支えてる


3.Kindleの1,2年目は年間ベストセラーに個人出版本がポツポツあったのですが、3年目はほぼない


4.このまま出版社主導で進むと、出版市場の縮小にあわせて衰退してくんじゃないか


なんて思ってまして。火花が電子書籍で13万部突破!って、大ベストセラーがそれじゃとても専業は……。出版市場の中の電子書籍市場はそこそこ大きな位置になりつつありますが、薄利多売の積み重ねなんでロングテールやチリツモみたいなもんで利益がだせる大手とストアしか勝てないわけですよ。


電子書籍のビジネス規模がそんなままだといつまでたってもブレイクせんなぁと、出版社の方と話すと……紙の儲け方は一発ホームラン狙いなんで、電子書籍は紙のついでビジネス。「君のいうことはもっともだけど、意見は求めちゃいない」というところで……だったら、やる気のある個人巻き込んで勝手にやって伝説打ち立てればいいじゃないと!


……伝説はムリでも、個人が電子書籍である程度食える……副業程度くらいにはできる余地が生まれればなと。


そういうわけで、わたしが持つ電子書籍はどうやったら売れるかのノウハウを個人のマンガ家さんにお伝えして、誰かが日本の個人電子書籍市場に混沌を生み出せればなぁと始めてみました。市場が大きくなれば、まわりまわってわたしが儲かりますからね!


さて、本アドバイスはマンガ家さんであればプロアマ未経験問わず誰にでも無料でやるのですが、1点。1月にKindleでお題に沿った書き下ろしを用意してくれとお願いしています。詳しい参加方法は過去記事を参照してください → 電子書籍で【餅マンガ】描いてマンガ家さんに印税100万円を稼いでもらう企画についての質疑と応答


もう、1月のお餅漫画まで時間もないので、興味がある方は次回3月のラーメン漫画で是非。売上・利益はすべてマンガ家さんの取り分です。わたしは金品を要求しません。面白い漫画を描いてもらって、ブログ運営頑張ってくれればなぁと。できれば、そのノウハウをさらに多くの方に伝えていってもらえれば面白いことになるんじゃないかと思うのですよ。


お手伝いした(ている)マンガ家さんメディアについて

はてなブログが多いのですが、ライブドアブログはてなブログを選んでもらってるので……。また、互助会的なモノにならないよう相互ブクマとかそんなことは極力しないようにしています。こういうのってイメージ商売なんで、とても気をつけてるんですよ。


あまりWebデザインに強いわけではないので、ブログカスタマイズ任せろー!マンガ家さんのためにタダでやっちゃるぜ!という方がいれば是非お声掛け下さい。そろそろ正直しんどい。







他にも、参加表明いただいているマンガ家さんはいますが、メディア相談はまぁいいや、ということで餅漫画を書いていただけています。ありがたいなぁ。


おはようございます、Kindleまとめサイトきんどうチラシの裏です。きんどうがSmartnewsの「読書チャンネル」に掲載されることになりましたので、配信されるために行ったWordpressのカスタマイズについてお話します。


電子書籍ほぼ関係ない技術系の記事ですね。基本的には他の参考事例を基にカスタマイズしただけなんですけども、<image>タグのくくり方とかでつまづいちゃったのでご紹介。


また、今回の対応をしたからといって必ずSmartNewsに載るという保証はないのでご了承ください。あくまでも載りやすくなるというだけになります。


WordpressをSmartnewsに配信するためのRSSカスタマイズ方法


参考にしたのは下記3つのサイト。それぞれをミックスして今回設定をおこない無事に配信されました。





1.SmartNewsに配信するまでの全体の流れ


1WordpressRSSをスマートニュース用に改造する


2)SmartNewsに申請する


3)SmartNewsが審査して、掲載OKとなれば配信開始 となります。


2.WordpressRSSをスマートニュース用に改造する


1)Wordpressのwp-include内にある「feed-rss2.php」をハードディスク等にコピー


2)feed-rss2.php を適当な名前(わたしは smartnews.phpにしました)に変更してテーマフォルダにアップロード。


3)テーマフォルダの「function.php」に下記を入力してください。



add_action( ‘do_feed_smartnews’, ‘do_feed_smartnews’ );
function do_feed_smartnews() {
$feed_template = get_template_directory() . ‘/smartnews.php';
load_template( $feed_template );
}



こうすることで、”http://サイトURL/?feed=smartnews”で、オリジナルのテンプレートを使ってRSSの配信ができるようになります。こちらは上記紹介した flappe さんが参考にしたQlitaさんのコードそのままになります。


4)そしたら http://hogehoge.hoge/?feed=smartnewsRSSのファイルができます。環境によっては/feed/smartnews などになっているかも。きんどうの場合は http://kindou.info/?feed=smartnews となりました。


3.smartnews.phpをカスタマイズ


ここからは それぞれの記事を参考にカスタマイズしていきます。


1)冒頭を変更。上記サイトを参考にしてるのですが……。



/**
* RSS2 Feed Template for displaying RSS2 Posts feed.
*
* @package WordPress → @package Smartnews
*/



 2)<rss>要素の開始タグにMedia RSS用のURLを追記


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><rss version="2.0" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
…(中略)…
xmlns:slash="http://purl.org/rss/1.0/modules/slash/"

--- この2つを追加 ---
xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/"
xmlns:snf="http://www.smartnews.be/snf"
>

 


 3)SmartNews配信形式SmartFormatに対応のため下記を追加(ここは参考事例と違います



<channel>


---追加 ---


<copyright>(c)サイト名や会社名*</copyright>


<ttl>クロール速度* </ttl>


<image><url>サイトのアイコン(512px × 512px)*</url></image>


---/ここまで ---


<title>サイト名</title>



うちの場合、コピーライトは「きんどう」。クロール速度は環境やサイトによって変わるそうなんですが「5〜15」になりました。サイトのアイコンは「http://kindou.info/img/rsslogo.png」としています。サイズは 512px × 512px となっています。


 


4)記事ごとにサムネイルを出力(要各記事アイキャッチの設定)



<item>
…(中略)…
<pubDate><?php echo mysql2date('D, d M Y H:i:s +0000', get_post_time('Y-m-d H:i:s', true), false); ?></pubDate>

---追加 ---
<?php
$image_id = get_post_thumbnail_id();


$image_url = wp_get_attachment_image_src($image_id, true);
?>
<media:thumbnail><?php echo $image_url[0]; ?></media:thumbnail>
---/ここまで ---
<dc:creator><![CDATA[<?php the_author() ?>]]></dc:creator>



全ての記事にアイキャッチ画像(Feature Image)を設定している必要があります。


 


5)RSSが抜粋表記の場合 descriptionの記述を変更する


SmartNewsはRSSを全文表記させないといけないので、flappeさんを参考に



変更前
<?php if (get_option(‘rss_use_excerpt’)) : ?>
<description><![CDATA[<?php the_excerpt_rss(); ?>]]></description>
<?php else : ?>
<description><![CDATA[<?php the_excerpt_rss(); ?>]]></description>
<?php $content = get_the_content_feed(‘rss2′); ?>
<?php if ( strlen( $content ) > 0 ) : ?>
<content:encoded><![CDATA[<?php echo $content; ?>]]></content:encoded>
<?php else : ?>
<content:encoded><![CDATA[<?php the_excerpt_rss(); ?>]]></content:encoded>

変更後
<?php if (get_option(‘rss_use_excerpt’)) : ?>
<description><![CDATA[<?php echo the_excerpt_rss(); ?>]]></description>
<?php endif; ?>
<?php $content = get_the_content_feed(‘rss2′); ?>
<content:encoded><![CDATA[<?php echo $content; ?>]]></content:encoded>



と設定しています。これでSmartNews向けのRSS配信の設定が完了です。


SmartNewsへのフィード登録の申請


1)上記設定が完了したら『SmartFormat Validator』でチェック


f:id:kindou:20151211020819j:plain


こんな感じで、作ったRSSを登録するOKかダメか判定してくれます。Wordpressノーマルだと【warning】でサムネイル、コピーライト、ロゴがでていないとでます。失敗していると【invalid】。注意事項がでてきますので確認してやり直してみてください。問題なければ【valid】。次に進みます。


2)SmartNews担当者にフィードのURLを連絡


SmartFormatにある「SmartFormat の対応フロー」で公開されているスマートニュース担当者のメールアドレス宛てに連絡してください。うちの文面は



スマートニュース株式会社
ご担当者様、


はじめまして〜(挨拶略)
SmartFormatに準拠したRSSフィードを作りましたので審査いただけますと幸いです。


http://kindou.info/?feed=smartnews


サイト名:きんどう
URL:kindou.info
サイトの説明:


よろしくお願いします。



こんな感じでお送りしています。


ここから、SmartNewsさんが審査をしてくれます。【valid】となっていても修正点がある場合はビシッと連絡がきて、わたしの場合はTTLクローラーの更新頻度)の値を修正しました。


補足:SmartNews用RSSを作っても必ず掲載されるわけではない


今回、ブログでSmartNewsさんの件を紹介するにあたって念を押されましたが


SmartFormatに準拠されたRSSをご用意いただくことで、クロールや表示を最適化することは可能ですが掲載を保証するものではございません


ということです。また、TTLに関してもサイトの更新頻度や環境によっても適切な値は変わるということでうちの値は参考にされる程度にしておいてください。サイトによって修正されますので。


きんどうはSmartNewsの『読書チャンネル』にて人気記事だけ掲載されているので、また見てやってください。


for iPhone / iPadSmartNews


AndroidSmartNews


f:id:kindou:20151211033125j:plain


↑このページのトップへ