こんばんは、AmazonKindleまとめサイト的な「きんどう」のたわ言、きんどうりさいくるのお時間です。


いやあ、いまKindle含む複数電子書籍サイトで早川書房創立70周年を記念した半額セールが開催中ですね。(セール12月3日終了しました。

半額セールの電子書籍をポチる興奮は紙本じゃ味わえない


以前フォローワーさんが大規模セールを指して“電子書籍は紙の本屋で本を選ぶ興奮は味わえないというけれど、セール時に検索する興奮は紙の本では味わえない”なんて仰ってましたが、今回のセールはマジでヤバイですね。






なんだかんだと私も早川書房セールで70冊も買い増しちゃいましたよ……。紹介してた感じ、一番人気は伊藤計劃で次いで冲方丁小川一水作品ですなァ。わたしは今回、神林長平敵は海賊シリーズを買い揃えたり、小川一水の既刊作品を買い揃えたり……。


タイムラインを見る限り、紙で持っていてもバックアップで買ったった!!的な声がありますね。


古本屋とおなじくらいの価格感ではありますが、出版社・作家に印税はいるのが電子書籍のありがたみ。そしてこの大興奮、紙の本屋さんではなかなか味わえないですねェ……。