day5

こんにちは、きんどうです。7月31日、鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レースを観戦してきたのですが、それに絡んだAmazonの8耐企画の話。もともとバイクが趣味で8耐は2年に1回ほどのペースで観戦してました。

さて、今年はAmazonが雑誌『Motonavi』と組んで初リアルブース出店とプレスリリースをだしてまして。合間見て見学にいってきたんですよ。 → via PRTIMES

Amazon 8耐でリアルブースを出店してた件

1807312

リアルブースではAmazon事業部のプレゼンしたり、じゃんけん大会で景品配ったり、キャンギャルの撮影会をしたり、ステッカー配布をしてAmazon内の『鈴鹿8耐記念タイムセール』への誘導とかしてたんですよね。

ただ、事前のプレスリリースでは誘導先のAmazon特設サイト内で”鈴鹿サーキット公式Twitterと連動したレースの実況中継をリアルタイムで表示”と載せてましたがレース前当日のスターティンググリッドの表示以後は8時間まったく更新されず。最新順位の更新とか、載せるべきことは色々あるだろ。ちょっとはやる気出せよ。

何よりレースが19時30分に終了してるのに23時になってもレース結果すらださないとか……打ち上げでもしてたんですかね。せっかく予算かけてブース出店と力をいれてるから、こっちも応援しようと繰り返しツイートして記事も小まめに更新して、ブースに足を運んで撮影してたのですが肩透かしにもほどがある。

→ 翌8月1日 15時時点でレース結果が載っていました

何より、更新しないサイトにユーザーを誘導してバカにしたいのかと。ネット事業者としてそういうのはどうなんですかね。バイク事業部の事業部長が参加してまでそれでええんですかね。

リアルブース出店やキャンギャルの登場など、面白い試みはあったのですがどうもイベント運営自体がグダグダしたところはあったので翌年も参加されるなら是非改善して欲しいな。

そらまぁ、勝手に寄生しているようなアフィサイトなんですけども、Amazonのプレスリリース見て期待してた部分やるせない気持ちになって仕方ないなぁ。

でも、チープな手作り感あるダンボーはスゴくよかった。ナイスAmazon。次回は是非ダンボー8耐モデルを売って欲しい。

180731a


180731