「優しいからさ」








そう言われれば、嬉しくないはずがない。
優しいという言葉は言われて一番嬉しい言葉だった。だから最高の褒め言葉だと思っていた。
反対に自己中という言葉は嫌いだった。自分のことしか考えない人は嫌な人だったし、身近にそういう人がいたから尚更だった。
そうならないために「他人には優しくしなさい」という、ずっと昔に言われた言葉を信じて、優しさを心がけてきた。常に人を気遣って、考えてやってきた。
優しさは他に褒められることのない自分にとって唯一褒められることになった。




でもそうしていれば、酷いことをされるようになった。嫌なことを押し付けられるようになった。でも「優しいから」と言われてしまえば何も言えなくなった。優しいと思われてると勘違いして嬉しくなってもいた。馬鹿な自分は何も気づかなかった。

友達と思ってた人には友達と思われていなかった。

馬鹿な自分は優しくすることをずっと続けていた。でもそう過ごしているうちに、なんで優しくする必要があるのか分からなくなった。優しくしても返ってくるのはこれっぽっちしか無かった。少ない何かのために優しくする必要はあるのだろうか。何も無いのに馬鹿だと思った。自分でも疲れたことを知っていた。
ある日を境に、優しくするのをやめていた。









そうしたら楽になった。ずっと神経を尖らせる必要はないし、周りを気遣うこともない。
でも気づいたら自分は自己中な人になっていた。一番嫌な人になった。人には良いように見せるけど、中身はクソ人間。外面だけは良い人になった。計算でしか動かない、自分のためになることでしか動けない人になった。本当に他人に優しくすることすらできなくなった。そうする人を見て馬鹿だとも思っていた。でも同時に嫌な自分が嫌いになった。
人との関わりもできるだけ減らした。そうすれば自分が嫌だと思うことも減るから。

なんだかんだで自分は空っぽだと気づいた。何もない。ただ単に嫌な奴。最低な人間。

でも今更引き返せなかった。優しくすることを忘れた自分に、素直な頃に戻るのは。でもいいやとも思った。無理して優しくなんてできない。だから自分はずっとこのままでいいやと。嫌な自分のまま。他人は外側しか見れないし、本当のことを知らない。

そう思っていた。本当の優しさに触れるまでは。









何も計算のない優しさ。それは、自分を溶かしてくれた。自分がそうだったから、嘘の優しさは大体見分けがついた。でも純粋な優しさは久しぶりだった。こんな優しい気持ちになったのも、嬉しくなったのも。
でも同時に惨めになった。こんな自分に優しくしてくれるなんて、いいのかなと。自分が汚してしまうのではないかと。
だから自分は優しくならなきゃと思った。昔に戻らなきゃ、と。自然にはできないけど、少しずつ。







MHjTphUkxw.jpg








今は優しくなろうとしてるから、優しい人ではない。まだ自己中心的だし、性格悪いし、最低な人だけど、そう自覚できる。だから優しいからと言われて、なんでも許すようなことはない。自分の言葉で、自分の意思で動ける。反論だってするようになった。自分は本当の意味で優しくはないけど、ずる賢く生きていく。それでいいと、今は思える。考えもまた変わるだろうけど、今はそう思える。










だから自分は優しくない。良い人でもない。