月別アーカイブ / 2019年11月









「優しいからさ」








そう言われれば、嬉しくないはずがない。
優しいという言葉は言われて一番嬉しい言葉だった。だから最高の褒め言葉だと思っていた。
反対に自己中という言葉は嫌いだった。自分のことしか考えない人は嫌な人だったし、身近にそういう人がいたから尚更だった。
そうならないために「他人には優しくしなさい」という、ずっと昔に言われた言葉を信じて、優しさを心がけてきた。常に人を気遣って、考えてやってきた。
優しさは他に褒められることのない自分にとって唯一褒められることになった。




でもそうしていれば、酷いことをされるようになった。嫌なことを押し付けられるようになった。でも「優しいから」と言われてしまえば何も言えなくなった。優しいと思われてると勘違いして嬉しくなってもいた。馬鹿な自分は何も気づかなかった。

友達と思ってた人には友達と思われていなかった。

馬鹿な自分は優しくすることをずっと続けていた。でもそう過ごしているうちに、なんで優しくする必要があるのか分からなくなった。優しくしても返ってくるのはこれっぽっちしか無かった。少ない何かのために優しくする必要はあるのだろうか。何も無いのに馬鹿だと思った。自分でも疲れたことを知っていた。
ある日を境に、優しくするのをやめていた。









そうしたら楽になった。ずっと神経を尖らせる必要はないし、周りを気遣うこともない。
でも気づいたら自分は自己中な人になっていた。一番嫌な人になった。人には良いように見せるけど、中身はクソ人間。外面だけは良い人になった。計算でしか動かない、自分のためになることでしか動けない人になった。本当に他人に優しくすることすらできなくなった。そうする人を見て馬鹿だとも思っていた。でも同時に嫌な自分が嫌いになった。
人との関わりもできるだけ減らした。そうすれば自分が嫌だと思うことも減るから。

なんだかんだで自分は空っぽだと気づいた。何もない。ただ単に嫌な奴。最低な人間。

でも今更引き返せなかった。優しくすることを忘れた自分に、素直な頃に戻るのは。でもいいやとも思った。無理して優しくなんてできない。だから自分はずっとこのままでいいやと。嫌な自分のまま。他人は外側しか見れないし、本当のことを知らない。

そう思っていた。本当の優しさに触れるまでは。









何も計算のない優しさ。それは、自分を溶かしてくれた。自分がそうだったから、嘘の優しさは大体見分けがついた。でも純粋な優しさは久しぶりだった。こんな優しい気持ちになったのも、嬉しくなったのも。
でも同時に惨めになった。こんな自分に優しくしてくれるなんて、いいのかなと。自分が汚してしまうのではないかと。
だから自分は優しくならなきゃと思った。昔に戻らなきゃ、と。自然にはできないけど、少しずつ。







MHjTphUkxw.jpg








今は優しくなろうとしてるから、優しい人ではない。まだ自己中心的だし、性格悪いし、最低な人だけど、そう自覚できる。だから優しいからと言われて、なんでも許すようなことはない。自分の言葉で、自分の意思で動ける。反論だってするようになった。自分は本当の意味で優しくはないけど、ずる賢く生きていく。それでいいと、今は思える。考えもまた変わるだろうけど、今はそう思える。










だから自分は優しくない。良い人でもない。



















またこの前の企画をやってみたいと思います!

この企画は皆さんにお題をもらって文章を書くというものです。

前回の企画のブログ↓


を参考にしていただいて、このブログのコメント欄に書いてください。
いつ公開するかわかりませんが、短い文章を書きたいと思います。
お題のワードを必ず使って文章を書きます。


例…

・お箸
・ラブレター
・表参道
・君と犬
・ありもしない夢の中で

お題は1人3つまででお願いします。

なんでも大丈夫です。設定などありましたら教えてください。(できれば、生徒とは関係ないことでお願いします)なかったら、自分が考えます。




たくさんのお題をお待ちしてます。



_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5364.JPG













目の前にあるのは大きなハンバーガー。顔よりも大きいのではないかと思うほど大きい。私が思い描いていたアメリカの中の場面のひとつ。
肉厚でチーズがとろけている丸い憧れ。口を大きく開けて頬張れば、ステーキを食べているような感覚になる。私が今まで食べていたハンバーガーは別物なのだと感じる。
私が普段触れているものは本物でも、それ以外の本物が存在する世界。そんなことがどうでもいいと思えるほど、大きく広がる大地。そんな大地は私を1人にはしない。薄汚れた空気よりも埃っぽい空気を肌に感じながら少し空を仰いでいた。








満腹感でいっぱいの私は、夜の街を少しドライブする。ネオンでいっぱいの道を背に営みを感じていた。私がいなくても広がる生活の輪。隣に乗せていた温もりを降ろして、新しい寒さを後ろに乗せていた。遮るものがない草むらで腰を下ろせば強い匂いに包まれる。人が詰まった嫌な匂いではなく、作られた匂いでもない。それは私を落ち着かせて、静かに染み込んでいく。頭上に広がる輝たちは、私に届いている。いつもは遮られているのに、ここでは見えているのだ。囲まれた灯火に意識を預けようとするが、ゆっくり眠る時間があるならと、また車を走らせた。






バスタブに張った水に手を伸ばす。すくってみると、湯気は出ていた。沸かした湯が冷たく感じるほど、身体は冷えたみたいだ。シャワーを頭からかけてゆっくりと温め始める。下に落ちる雫を見ながら、消えていく諦めたち。頭上から足元まで、水でいっぱいになっていく。息を止めなくても溺れそうだ。一緒にいても苦しくなるのは私だけなんだね。忘れようとしても私は息がつまっていく。流れていくものは私から離れていくのに、残っては消えない。







柔らかいタオルで体から水滴を拭いとって、ベットの上に倒れ込んでいく。もう何も考えずに眠りの世界に入っていけそう。人のことなんか考えなくとも、迷惑をかけずに済む。明日は満員電車には乗らずともいい。そう考えると、思いを告げずとも離れられる気がする。期待する必要も無い。
さて明日は何をしよう。
列車にも乗ってみたい。違う景色を流し見してみたい。最初の予定とは全く違って、計画性の無さに呆れるが、流れには逆らえないだろう。
一回でいいからティファニーで朝食を食べてみたかった。オシャレなカフェに入って、大きなサイズのコーヒーをテイクアウトしてみたかった。もちろんミルクと砂糖がたっぷりで。ビターな味は私の性に合わない。そして夜は、日が沈む水平線を見ながら、熱々のクラムチャウダーを飲んで、ロブスターを食べるんだ。
そんな妄想を頭の中で繰り広げれば、私の目的を明確にさせる。そして明確な意識は闇に馴染み始める。目を閉じて私は君に逢いに行くよ。私だけが知っている君に。逢えるといいな、私の知らないキミに。
私からゆっくりと微睡みの中に溶け込んでいく。









ngCpE1OS0z.jpg

↑このページのトップへ