人ってよく2回死ぬって言いますよね。1回は肉体的に死ぬ時。2回目は人の記憶から消えた時。

これって人の記憶から消えなければ半永久的に生き続けることができるってことですよね。
歴史上の人物だったり偉人は忘れ去られることはないから、今も生きているはず。
でも自分はそこまで生き続けたくないので、自分のことは忘れてほしいなと思います。すぐに記憶の中から去りたいです。
でも自分が生き続ける限りは覚えていたい人が沢山いるので覚えていたいなぁなんて。






お盆になれば人が帰ってくる。これも覚えてる人がいるからこそ戻ってこれますよね。覚えてる人がいなければ、帰ってくる場所もない。火をたかれることもなく、きゅうりかナスに乗ってくることもなく。ただ放浪するんですかね。自分の知らない世界を歩いてどんなことを思うんですかね。
まぁ忘れ去られてるんだから、その頃には消滅してるか。







なんでこんな話をしてるかっていうと、本当に会えるわけでもないのに、生きてるとか会えるとか哀しいなって。別に本物は存在してるわけではなく、とっくに消えているのに。

本物に会えればいいのに、生き返るとかそういうことじゃなくて、そのまま会いたい。
その記憶が止まる前に会いたい。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2982.JPG



と願ったところで会えることなんて不可能だから、生きるとか帰ってくるって考えるんでしょうね。

完全に忘れることなんて出来ないや。忘れてほしいって思ってるかもしれないけど。



















だから今日も忘れないで。