五劫の擦り切れって素敵な表現ですよね。
岩が擦り切れる程の長い時間。永遠に近い時間。周りとは進むスピードが違う。時間の狭間で生きてる。自分の一瞬は他人には長い時間で。瞬きの数は、消えるものより少ない。どんな気持ちで変わっていく周りを見ていたのか。どんなことを考えていたのか。潮の流れに飲み込まれそうになりながら。










なんていう想像。










ZWl6EJIiat.jpg



先日川谷ちゃんのチャレンジ企画がありました。3期生初ということでプレッシャーもあったと思います。しかも生徒全員の名前、生年月日、趣味を覚えなきゃいけないなんて相当大変だったと思います。そんな中でも頑張っていたし、林ちゃんによると泣きながら覚えようとしていたという話を聞いて、本当に偉いなぁと思いました。
杉山の寿限無のチャレンジも凄かった。時間がない中ですごい頑張ってました。落語は誰が話してるか違いを出さなければいけないし、早口とか長ゼリフとか本当に大変だったと思います。あんなに長い台本をよく覚えたなぁと尊敬してます。
二人ともすごいよかった。お疲れ様。



_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4271.HEIC




3期生は最近入ったばっかりで自分たちとは違います。普通に青春高校にいる期間も違うし、色々な経験もまだ少ないです。しかも部活とか入ってないから、見せ場も少ない。そんな中、全力でやっている姿が印象的です。自分たちの中では頑張ることが当たり前だけど、右も左も分からない状態なのにそれができてるのがすごいなって。それは2期生にも言えることで、いきなりウィンターライブが待っていたから大変だっただろうな。

まぁなんでこんなことを書いてるかというと、川谷ちゃんのスピーチに感動したからです。

「青春高校に入って毎日楽しい」って言ってくれたことが本当に嬉しかった。3期生にもそんな場所になってることが。最初は馴染めるかな?とかそんなふうに考えていたけど、楽しんでいるようでよかった。結局第一印象とかで判断するのはやっぱり良くないなと。知りもしないのに決めつけちゃうクセがあるから、そろそろね。

できあがった関係性の中に飛び込むことって難しいし、キツいと思います。だからこそこちら側が向かい入れなければ。といつも思ってます。これからどんな子が入ってくるかわからないけど、どんな子が入ってもその子が輝けるように頑張らなくては。みんなでまたロケとか合宿とか行きたいしなぁ。まだまだ楽しみはこれから。みんなで楽しんでいきたい。3期生や2期生のまだ知られてない一面を見ていきたい。今見えてる情報は一部でしかないから。




本当は1期とか2期とか3期とかで分けちゃいけないんだけど、今回は特別に。みんな変わらず青春高校の一員だから。向かう先は理想のクラスを作ること。これだけは変わりません。













それでは
wmfmSlXFRW.jpg
また





















変わらないことだってあるけど、変わることだってあるでしょ