月別アーカイブ / 2017年10月


昨日、曲出来ました↓

日曜日の夜、
ギタレレ弾きながら、
「コーヒー飲みたいなー」なんて考えてたら浮かんできたメロディー。

直感的にこれは良い曲になりそうと思い、詩を書く。
頭の中でストーリーを描けてるからスラスラと歌詞が浮かぶ。

ものの何分間で出来上がった。




でもさ…今更気がついたんだけど、

俺、ドリップコーヒーをドロップコーヒーって歌詞間違えてるやん!!!



ださ!

まぁ直感的に作るとよくあることなんだけどねw

デモ音源なんで、堪忍して。

そして、せっかくだから忘れないように録音セッティング
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5994.JPG
ボーカルはこれ!オーディオテクニカAT4050

そしてギタレレはこれ↓
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5993.JPG
定番のシュアSM57

マイク二本で簡単に録音。

使用したギタレレ↓
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5992.JPG
リサイクルショップで6千円くらいで売ってたやつ。
意外と良い音鳴るね。
素朴な感じがまた良い。

クリック(テンポ)を聴きながら歌とギタレレを弾き語り録音。

なんか寂しいので、
ここでシェイカーを使う。重ねて録音。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5995.JPG
ガイコツシェイカー!!
こう見ると見た目がちょっとインパクト強いけど、
良い音鳴るよ。シャカシャカ自分でシュアのsm57マイクで録音。



んー、まだ物足りないので、サビに自分の指パッチン!の音を入れた。

あとは簡単にミックスして、質感を出して出来上がり!


本当はもっとEQとか弄ろうかと思ったけども、まぁ、デモ音源だし、こんな感じで良いかなと。、

そんなことやってたらAM5:00!

朝じゃん!

でもみんなに聞いて貰いたくて、簡単に動画編集しました。

歌詞もすごく素直にかけたので、共感して貰えたら嬉しいです(^O^)/

自分で言うのもあれですが、
素朴なメロディは結構好きです。
(オシャレくさいコード使ってるけども)

最近はバンドサウンドばかり作ってたからこーゆーのが新鮮!!


良かったら皆さん聞いてみて下さいね!!


それでは寝ます!!


したっけまたね!!


------【Keyton オンラインショップ】------

僕のネットショップCD通販始めました!
是非覗いてみてくださいね☆

-オープン記念 期間限定送料無料中!-
Keyton online shop on the BASE
Keyton(木村慎吾)がプロデュースしている オリジナルCD、オリジナルグッズの限定販売!!北海道から全国へ発送致します✩
epirka.theshop.jp

------------------------------------------


カレンダーを見て思う。


もうそろそろ11月かぁ‥

ん?もうそろそろ誕生日じゃん!!
11月6日は僕の33歳の誕生日。
今まであまり気にして来なかったけど、、、

33歳って‥おっさんじゃん!!
(ジャニーズの嵐より若いけどな)

好きなことを追い続けてきた人生。
社会人になり、プロスノーボーダーを目指したが、怪我が多く挫折し。
その後音楽に目覚めてやるだけやってきて今がある。

好きなことを優先するために仕事も選んできた。


正直、僕は音楽で食えてるわけじゃない。

カラオケの印税とかCDの印税なんて微々たるもの。
プロと呼ぶには恐縮だ。


それでも好きでやってきた音楽人生。

出会った人も多いし、
感謝したい人もたくさんいる。
応援してくれるメーカーも人もできたことはとてもありがたいと思う。


今は2018年にCDリリースするために全力を尽くしてる。
これが最後かもしれない。

本気の本気で挑戦して答えを見極めたいとおもう。

2018年後の自分。

何をしているだろうか?
そのまま上昇気流に乗って音楽をつづけられたらいいな。

ダメだったら仕事も変えて人生やり直さないといけないな。


今は飲食店で割と長く働いている。
音楽活動も理解してくれてるから割と休みも融通が利く、ありがたいことだ。
そこに甘んじてそう5年くらいはいるかな。

もうそろそろ辞めてちゃんとした仕事をつかないといけない!っと考えたりする。

そんな時、自分の年齢を考えたら、、、


ヤバイじゃん。。。(°▽°)


将来の不安とはこのこと。

もう、間違った選択は出来ないのよね。
後がないからさ。


将来的にもうヤバイところまで来てるとは思う。
地獄に片足ついてる気はしてる。

それが腰ぐらいまで浸かったらもう後戻りは出来ない。

死ぬ気でやらないといけない気がする。
もう、プライドとかも捨てないとダメかも。

今、新しい仕事を探してる。

音楽をやりながら、働ける仕事。


ある意味覚悟が必要だ。


2018年は色々と挑戦、そして、自分の人生の転換を目指そうと思う。

そのために今はレコーディングに集中せねば!!

とりあえず、ギターレコーディング終えました!!
🎸
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5961.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5962.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5965.JPG

まぁ、こんなリアリティなことを書いてしまうミュージシャンもどうかと思うのですが、

割と僕は夢を見させるようなタイプではないのでw

雑草のように足掻いて足掻きまくってそこからなんか芽が出たら、皆さんが喜んでくれたらいいなって思います。

それが歌になって皆さんに届くとおもうのでー(^O^)/


不器用ですが、
貧乏臭いミュージシャン、キートンをどうぞよろしくお願い致します(^O^)/


ではまたしたっけね!、






------【Keyton オンラインショップ】------

僕のネットショップCD通販始めました!
是非覗いてみてくださいね☆

-オープン記念 期間限定送料無料中!-
Keyton online shop on the BASE
Keyton(木村慎吾)がプロデュースしている オリジナルCD、オリジナルグッズの限定販売!!北海道から全国へ発送致します✩
epirka.theshop.jp

------------------------------------------




皆さんの知り合いにいます?

左利きのB型。

そう、私がまさにそうです。


別に気にしてる訳じゃなかったんだけど。

最近、「自分は変人なのか?」と疑問に思い始めてさ。

良い言い方をすれば天才肌らしい。

【左利きの有名人】ネットから引用
○レオナルド・ダ・ビンチ
○ピカソ
○ミケランジェロ
○ベートーベン
○ナポレオン
○レーガン・ブッシュ・クリントン大統領 
○チャップリン
○ビルゲイツ
○王貞治
○松本人志
○朝青龍
○石原慎太郎
○野口宇宙飛行士
○坂本龍一




へぇ、そう言われたらちょっと嬉しいかも。
でも、不便なこと多いよ、左利きは。
僕はギターは右利き用の使ってるんだけど
(レフトハンドのギターは高くて買えなかった)
右手のピッキングが昔から下手でね、

右利きだったらもっと上手く弾けるのかな?
なんて思ったりもする。

楽器類は結構あるかな。


【左利きあるある】
・字を書くと左手が汚れる。
横文字で書くと汚れることもしばしば、
僕の場合は恥ずかしいほど字が下手。
(通販でCD買ってくれた方にはサインとあるので文字分かると思う)

・習字が書けない。
書けないこともないけど、基本的な書き方を無視する感じになる。

・スープバーのオタマが右利き用。
注ぐ口の形が右利き用になってるから使いづらい。

・ハサミが上手く使えない。
普通のハサミって基本右利き用に作られてて、左てだと全然上手く切れない。
エドウィンショップでジーンズの裾あげとかバイト仕事してた時は左利き用のハサミ使ってた。

・缶切りが使いづらい
そのままの通り、逆回転するように使ったりする。

・ギターは基本右利き用。
最初っからレフトギター使えば良かったと今更思ってるよ。

・ドラムが叩きずらい。
利き腕でハイハット叩くべきなんだろうな、
わざわざセット変えないと不便。

・食事の時、左に座られると手が当たる。
利き腕同士ぶつかります。



などなど、


不便なことはしばしば。

でも、子供の頃は左利きの自分は個性があってカッコいいと思ってたから問題なし!


次、

血液型


B型で嫌な思いを一度したことある。


高校生のとこに友達に紹介されて女の子デートしたんだけども、
B型ってだけで嫌われたことがあった。

うそーん!って思ったよ。

B型って自己中とかわがままとか良く言われてるので困る。

血液で人の性格を予測しようとする人も嫌だ。


たしかに自我は強いかもしれないから否定もできないけどね。



そんななのが組み合わせた結果!

左利きのB型誕生!!


それが私です(^^)



皆さんの周りにいますかー?


さてさて、明日は北海道にも台風が来るそうです。
台風被害の少ない北海道は本州より対策してる家庭は少ないです。

甘く見てます。

僕もまぁ大したことないないだろー?っとおもっちゃったりしてる。


明日になって考えよう!


したっけ!またね(^O^)/




↑このページのトップへ