本日は北海道新聞 地域版
から取材を受けました。
僕のもう一つの事業、スナフキン
写真事業部のことです。
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2350.HEIC
まだまだ、個人的な撮影を頼まれるぐらいの知名度ですが、
少しずつ、ネットで問い合わせなどもあります。

これから増えたらいいなとおもいます。


取材を丁寧にして頂いた。

僕が一番に皆さんに伝えたいことは、

好きなことを仕事にする
とゆうこと。
起業や開業って以外と簡単には出来ます。
そこから先はここの能力次第ですが、
そんなに敷居は高くないです。

今、令和時代、これから社会や会社が終身まで守ってくれなくなる時代が来る。
そんな時期だからこそ、
若者が新しいことを挑戦することがいいんじゃないかと。

もし、自分にアイディアや成功のイメージを持ち続けてるのであれば、大いに応援したいとおもいます。

もう一つ、


地方都市にチャンスがある

これが僕が地元苫小牧に拘る意味です。

インターネット今、住んでるところは関係なくなってきた、あとは文化的なことや古い常識的なことさえクリア出来れば、
その分野の先駆者(地方のね)になれる可能性があります。
もし、個性豊かな能力あるならば、

ねっ!





さてさて
午後から正光寺で打ち合わせでした。

納棺師の山田さん
住職の吉井さん

地元苫小牧のこと
それぞれの思いを話しました。
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2386.JPG
こんな志の若者がいるのなら、
みんなに知ってもらえる場が必要だよね。

僕はそう思いました。
なのでお声掛けして、はじめてのお話会。


じゃあこの時代でできることは何か?
色々と意見交換。


一つ、僕の根本的な考えが変わったのは、
吉井さんの言葉で、

変えるのではなく
一つの選択肢として作る

とゆうこと。

僕の場合、街を変えるのではなく、
一つの新しいカルチャーを作るとゆう発想。

じゃないと昔から頑張ってきた人、伝統を守ってきた人、そんな人達の心は動かせないだろう。
とゆう答え。



確かに。。、


反対する意見は、何かしら守りたいものある。
それを尊重しつつ、理解を深める

対話なり、文章なり、そこだけはしっかりと敬意を払っていくこと。


それを振り返ると僕自身、無礼な振る舞いはしてたと思う。
そこはしっかり反省して改善して、
先に進みます。


このお寺ミーティング、
もっと増えたらいいなと考えてます。

それが市長であったり、市議会議員であったり、
なんでもいいです。

それを動画で録画して公開したら面白いんじゃないか?

そう思います。

次はそんなことを、
企んでいます。笑

討論ニュース番組の出来上がり。



最近、応援してくれる人が増えてきました。

でも僕が思うこと。

応援する人にも色々ある。
・外から見ていたい人
・中で手伝いたい人

外から見ていたい人は、活動を見守って心で応援する人、
僕はそれでも嬉しいのです。
「何かしなきゃ!」なんて思わなくていいんです。
やるのは出来る人がやればいいんです。
色んな生活の上で見守る存在も強かったりします。

中で手伝いたい人
積極的に参加、行動、発信、仲間的なこと。
これも嬉しいです。
最近そこの部分が、増えてきて、
でもお願いすることが思い付かなかったりするので、どう扱っていいのか?。。、
素人の僕にはパッと思いつかないですが、それはの個々で対話して考えていこうと思います。

応援の形にも色々ある

そこも理解した上で活動したいと思います。


ただ、今色んな人が考えれるキッカケになってると思います。

そこはこのブログを読んでる人達伝わると嬉しいです。

あ、

やべ!


これからの仕事、

行ってきます!!


ではまた!したっけ!!




市から
「観光需要再獲得事業」推薦書を頂きました。
HCFbBYPuWn.jpg

これで胸張って色々取り組めそうです。

苫小牧民報新聞の取材を受けました。
明日は北海道新聞の取材を受けます。
他にも色々とあります。

今回の個人プロジェクト、
賛否両論あると思いますが、
僕なりに「良いこと」だと思って積極的にやろうとおもいます!!

今、調べて作ってる資料、
「苫小牧経済がどれくらい悪いのか?」を数値化、グラフ化して、説得力のある講演を目指してます。

苫小牧市統計書の商業分野の下降数字。
日本全体のJDP数値。
飲食店全体の数値化

色々と資料作りしてます。


この日本の20年間のデフレ、高齢化、少子化問題、消費税増加。経済成長停滞。
最近ではトヨタ社長の「終身雇用」保証できない宣言。
電気自動車が進むにつれて、エンジン、ミッションが必要なくなるので苫小牧工場も危機。
(個人的に予想ですのであしからず)

今、ネットで経済番組いっぱいあります。
今、危機感を持つことが必要なのかなと。
令和はやばい!

だから何かしよう!取り組もう!!

そんな人達が増えたらいいなーっておもいます。

仲間と取り組むことって楽しいことです。


また進展ありましたら報告します(^^)




不思議な現象が起きていて、

炎上したことで心配して
応援してくれる人が知らずに増えてきてる。

今、色々と沢山の意見が入り混じってる問題

これについて、
様々な意見を貰ったりしてる。
もちろん反対の声もあります。
凄い参考になる意見もある。
訳わかんないのもあるな。
もっとこうしたら良かったなとゆう反省もある。
謙虚に自分の悪いところは受け止めていきたい。

ただ、ちょっと困るのが、友人に
「大丈夫?」とか
「頑張ってね!」とか
「負けないで!」とか、
励まされる。。

たしかにSNSで叩かれてるけども。

本来
僕は最初から誰とも争ってるつもりはないんですが…大丈夫です。

第三者から見るとボコボコにされてる様に見てるらしい。
昔ネット上で炎上した経験があるからかな、
割と慣れてる。


そもそも個人のプロジェクトなのでね。
市や支援者達がご協力してくれて、
「良い街にしましょう!」って雰囲気になっているし。計画したことをあとはやるだけ。

ただ、現在支援者が増えて資金確保出来そうなので、クラウドファンディングはやらなくて良いかもしれない!!
もともと、支援者のリターンはお得に返礼品としてオリジナルTシャツを考えていたけども。。。
良い傾向だ。

過去に地元で震災復興クラウドファンディングが個人店舗であって
あまり良い評判じゃないことがあったらしい。
その影響かな?支援集めにイメージが悪い。

僕の振る舞いで、
失礼だと何かと勘違いされたこと。
あとあと、確かにと納得。
それはごめんなさい。


ただ、面白いのが、
僕の知らないところで盛り上がって討論もしてるみたい。

それって良い傾向なのかなって思う。

少なからず、考えるキッカケになっている。

今回の小さな炎上的なことで
「色々、考えるキッカケになったわ」とゆう声もある。

面白いなぁと思う。

僕には対して面白くないと感じる人も何かと刺激を受けてるはず、考えるキッカケを作れたとゆうことには意味がある。

実際、
もっともっともっともっと地域問題は討論は必要だ。
熱くなればいい!!

良い争いというべきか。


地元の色んな人が僕のブログや発言をチェックしてるようなので、
こりゃ良い傾向だ。

ある意味、
参加型プロジェクトになってるね。

書いたブログを写真で貼り付けたりして拡散してる人もいるので、
あえて
僕が書いた記事を消すをくりかえしたら、更に興味出るのかな?と実験中。

面白い心理だなーって見てる。

インターネットの力!

他の街飲食店ブログなどみてると
「嫌われる勇気」について前例が多い。
色んな事例も研究をしている。


今後も何かと様子見ていこうかと思います。(^^)
















↑このページのトップへ