こんにちは。今日は2018年2月7日ですね。

去年の今日は松野莉奈がこの世で過ごした最後の日ということでブログを書きます。

書いて良い事、悪い事を選んでいかないといけないですね。気をつけて自分なりに書いてみようと思います。


長文になりますので、下のまとめにスクロールしてもらっても構いません。


🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕


自分は週の半分以上はフリーランスのような仕事をしているのですが、あの日は数少ない日で、職場で仕事でした。
正午になって仕事を始める準備をしていたら普段そこまで連絡を取るわけではない人も含めて数人からラインが受信されていました。

文字の意味はわかるのですが、受けとめていませんでした。
"そんなわけはない"と信じて止みませんでした。

普通を装って仕事をするのですが、検索で使うyahoo!にはトップニュースになっていて、なんだかグサグサと胸に刺さる物があったのを未だに覚えています。


仲間を心配させてしまうから自分は大丈夫だと連絡をしたのですが、仕事では普段しない行動、ミスの連発で気が気じゃなかったと思われます。


結局仕事は代わってもらって、その日の夜はぼくにエビ中をお勧めしてくれたファミリーの方が心配して職場まで来てくれました🍜🐼
献杯をして、少し話をしますが、まだ全然受け入れていない状態です。しかし、しばらくすると急に入ってくるモノがあって涙が止まらなくなりました。

家に帰ればテレビはトップニュース扱いで、それを観ることはある種の地獄でした。
翌日、その翌日も心は上の空。
社会人としていかがなものかと言えばそれまでですが、それ程、推しメンの存在は自分と寄り添っていたという事に気付かされました。
彼女が好きだった『全力☆ランナー』を聴くとイントロで胸が苦しくなり、歌い出しで涙が出てしまう程。
逃げ道は2時間ほど世界に入り込める映画を観る事。

そんな日々が続いた頃、エビ中メンバーのみんながブログをUPしてくれました。
自分の捉え方ですが、悲しいけど前に進みます と読み取って、自分もちゃんとしようと思ったのを覚えています。

2月25日、パシフィコ横浜でお別れ会。
22歳の時、収入もちゃんとしていない中、なんとか買った10万越えの青いレザージャケットを迷わず選んで着て行きました。経年変化でもはや水色なんですけど。
駅に到着し、広がるのはやたら青い空で、イヤホンからは『フユコイ』が流れていました。大サビ前の『さよなら いつか話すよ その時まで』と言うパートを聴きながら見た青空は一生忘れないと思います。

パシフィコには待ち合わせていた2人と一緒に1時間ほど並んで献花台にガーベラの花を添えました。
その後、もう1人が到着し🐝🍯、元の2人は帰宅。
自分はもう1人と再度献花台へ。
りななんが「え、また来たの?」と思っていたら嬉しいです。

その夜、これからどういう応援をしていくかという事で、1人が仕事後に合流し、ファミリー2人と食事へ。
2回も見送ったし、これでモヤモヤを引っ張るのは絶対良くないし、現場に行ってどこか悲しい気持ちを抱えながらライブを観るのはりななんが悲しむだろうから、新たに推しメンを増やす事にしました。

メンバー1人1人をどういう性格だとか、推し甲斐があるかなどをメモして....今見返すとかなり失礼な事書いてました。見せられません....


結果、推しメンは
11番、小林歌穂 になったわけです。


そして、4月22日、春ツアー初日を迎えて7人で約3ヶ月ぶりに生のエビ中を観たのですが、メンバーは去年とは気合の入り方が全然違うと感じました。
自分は黄色いペンライトを振り、最初は慣れませんでしたが、何曲かするうちに馴染んでいく感じがありました。

春ツアーは関東の行ける公演は大体足を運び、
やってきた千秋楽の7月16日。

遡ると、りななんは1998年7月16日生まれで運命めいたきっかけもあって推す事になりました。
それは自分の誕生日が7月17日で1日違いだからということ。


2017年7月17日が自分の30歳の誕生日で、数年前は、30歳なんてきっとそんなモノは永遠に来ないなどと思っていたけど、だらだらと生きていたら実際はあっという間に訪れました。
そして、凄い光り輝いた18歳の女の子はこの世界で19歳を迎えられないという不平等さ。
現実は残酷だと思います。

「生きれなかった人の分まで生きる」コレはよく聞く言葉ではあると思います。しかし、本当に当たり前の事です。
これに尽きると思います。

7月16日の公演はエビ中に限らず、今まで見てきたどんなエンターテイメントの中でもぶっちぎりの1位です。
そして、松野莉奈は急逝後もエンターテイナーだったし、推しメンである事が誇らしかったです。

"感情電車"(松野ver.)は20代最後のプレゼントだったのかと思えます。



そんなスタンスでライブには度々足を運び、今日までエビ中ファミリーやってます!


🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕犬🐕


まとめると、1年、とんでもなく悲しい想いになったけど、松野莉奈は変わらず推しメンで、
小林歌穂を推し増ししてエビ中を応援してたら楽しかった。


という事。



自分はコレで楽しいし満足してます。


ただ、自分は仲間に恵まれていて、ラッキーだったとも思います。
同じ境遇で、あの日から時計が止まっている人がいるなら少しでも参考になればと思い、ブログを更新しました。



元々アイドルを目の敵にして、こんな長文さえも書くのを面倒に思っていた自分が、ネットとかでエビ中が叩かれてるようなら家族が責められてるのと同じで普通にイラつくし、そういう意味でもアイドルを推す事は成長に繋がっていると思います。

りななん推しで、この一件でエビ中から遠ざかったって人は是非帰ってきてもらいたいです。
本当に素晴らしいグループだと思うので!


りななんはふとした時にいます!

....前にブルーレイの動画をネットに載せるなとか言ってしまったから慎重になってますが、オフィシャルの動画じゃないけど、いいのかな?ぁぃぁぃのインスタだからいいね?

以上です。

長文、乱文 失礼しました。


それでは、ここらへんで!1年経つけど、りななんフォーエバー!

では🐕犬🐕