どーもードラムの森さんです(・∀・)ノ

最近ねー面白かった海外ドラマがあったので、友人に勧めたんですね。

全然伝わらなかったんですね。

なんかこう、物語をあらすじだけ伝えるのが物凄く苦手なんですけど、これ病ですかね。笑

僕はその昔、小説家を志していた時期があります。

小説を書いてどこかに応募するとき、あらすじも書かなければならないのですがね。

まああらすじは原稿用紙1~2枚の範囲くらいですかね。

気がつくと10枚くらいあらすじ書いてたことがあります。

もうこれもう一作です。笑

長めに説明するのはある程度大丈夫なつもりなんですが、要点だけとなると何故か難しいのよね。

なんかもうオチ言いたくなるんです。笑

んで、オチを言わないで面白いところを説明するんですよね?

無理じゃね?(・∀・)笑

タイトルも同じ理由でやはり難しいですね。

内容を総評して一言で表現する。

てことで、少し練習をしましょう。

何か簡単な物語を。

梅雨なので、雨に因んだやついきましょう。


↓↓

今日は残業ですっかり遅くなってしまった。

自宅までは駅から約15分。

電車を降りると、男性はポツポツと降る雨の中、傘を差して歩き始めました。

少し歩いたところで、男性は違和感を覚えます。

駅からでしょうか。背後2メートルほど離れた所に、ずっと人の気配を感じるのです。

後ろに自分と同じ方向に進む人がいる。それ自体は、そんなに不思議なことではありません。

妙なのが、

足並みが自分と全く同じなのです。

男性は怖くなって、距離を取ろうと早足で進みました。

すると、

後ろの人も、全く同じ歩調で、ピタリと間隔を維持します。

これは気のせいではない。何か危ない!

男性は、走り出しました。

すると、後ろの人も走り出しました。

「うわぁ!」

思わず声が上がる男性。全速力で走りました。

きっと同じスピードで付いてくる…そう思っていましたが、

後ろの人は、自分よりも速いスピードで走ってきます。

足でピチャピチャと弾く水の音が、どんどん近づいてきます。

ダメだ、捕まる!

男性は、意を決して後ろを振り返りました。

男性「…え、何してんの(;´・ω・`)ハァ、ハァ」

妻「いや、傘無いかと思って、迎えに行ったんだけど(´・ω・`)」

男性「走るの早いね(;´・ω・`)笑」

はい、これにタイトルを付けましょう。

うーん、そうね。

タイトル「雨」

ってなるやん?笑

難しいねー(*・∀・*)笑

物語が微妙だったのかもしれないな。笑

じゃ、またね(*・∀・*)ノ''