どーもードラムの森さんです(・∀・)ノ

僕は視力が低いので、わりとメガネを掛けております。

ある日起きたときに、手探りでメガネを探してたんです。


メガネメガネ(´-ω-)ノ''


?(´-ω-)つ''


いやどこやねん(´-ω-)ノ''


(´-ω-)ノ''バキッ!


…(´・ω-)ノ


……(´・△・)ノ


みたいな感じで、なんか触っただけで壊れたんですね。

これ超能力ですか?

何もしてないのにパソコンが壊れたー!(σ≧▽≦)

みたいなやつですか?笑

まあ寝ぼけて強めに叩いてしまったんでしょうかね。

で、似合うメガネが欲しいんですがねー僕ファッションセンスが変なので自分ではどれが似合うか全くわからないのです。

自分的にはバッチリだなーと思うのをね、

僕「どう?」

って見せると、

ふるっぺ「www」

みたいな感じで。逆にあーこれは無いかなーというやつだと、

僕「どう?」

ふるっぺ「あぁーええやん( ・∇・)」

となることが昔からよくあるんですね。

だから僕のセンスがズレているのか、

ふるっぺが僕を陥れようとしてるのかの2択ですね。笑

かと言って店員さんに聞くという作戦はあまり効果的ではない気もしますね。

僕「どうですか?」

店員さん「いやー微妙ですねぇ?( ・∇・)」

とはならないじゃないですか。

いや、意外となるんかな?

店員さんとしても、明らかに違うのに良いと言うのもちょっと心苦しいですよね。

あれか、ちょっとオブラートに包んで伝える感じですか。

お似合いだとは思いますが、もう少しお客様に合ったメガネがありそうですね!

みたいな。

しかし仮にそう言われたら、前半の「お似合いだとは思いますが」の部分から、へぇーこれは似合う部類に一応は入っているんだなーという誤解が生まれます。

頭の片隅にそれが残っているので、これからメガネを選ぶときに迷走します。

……な?

危ないっしょ?( ・∇・)

なんかスマホベタベタしてるぞ、拭こう。

まあ色々悩んだ結果、

家の中でしか掛けないし何でもいっか(*・∀・*)

てことで、明日メガネを買ってきます。

またね( ・∇・)ノ