月別アーカイブ / 2018年03月

2018.3.2@ Blitz, Akasaka, Tokyo “Punkrockers Bowl Vol.37...?” ライブ中の憩いのひと時。ステージ上でタバコを一服。この時間好きなんですよ。

最近ステージ上でタバコ吸うミュージシャンあまりみなくなったね。みんなタバコ止めてんのかなぁ?まぁどうでもいいんだけどね。

そもそも一服する時間なんかないほどの緊張感の中でやるのがバンドというものの美学というなんとなくの常識もありましょう。

だから珍しい写真だといえますよね。

でもオレは、そりゃ一服してる時は緊張感ないけど、終わったら……いや、ほぼいつもないね。

それには理由があるんです。緊張は本来の力を出させなくさせるから、悪なんです。オレにとってはね。他人様のことは知らんよ?オレにとっては必要以上の緊張感は悪なんずら。

誰もそんなこと教えてくれなかったけど、道(ストリート)が教えてくれたんずら。

#gretsch #gretschguitars #kennyfalcon #punkrockersbowl #pizzaofdeath #kenband #kenyokoyama #横山健 #道かっこストリート


2018.3.2@ Blitz, Akasaka, Tokyo
"Punkrockers Bowl Vol.37...?” 約半年振りのKen Bandのフルセットのライブであることがまずひとつ。
ハイスタのツアーを終えてずいぶん経つけど、一生引きづる余韻が体内にできあがってしまったという事実、それくらい強烈で楽しいツアーだったということもまたひとつある。
さてそうなると……ものの考え方として……これからのKen Bandはどうして行くのだろう?ハイスタがあれだけのツアーをした後でどうその存在意義をみせるのだろう?というところがこの日のライブに全て現れるのではなかろうかという予測といいますか、想いといいますか、そんなようなものがひとつある。

約2時間のライブを終え…やはりKen Bandは最高だったという側面、ハイスタが強烈に放った輝きとはまたひとつ違う色の輝きをKenBandも放ったということ、これが大きくひとつあるのではないだろうか?ということがひとつあると。

つまり、当然のことではありますが、Ken Band とハイスタのライブの空気感は違う、しかしながらそのどちらもが最高であると言わざるを得ない事実がこれまたひとつある。

結局、強烈なカラーを持ったバンドが2つ同時に存在する、というお手柄がひとつある。

写真の White Falcon のレオがゲロマブだったということがひとつある。ということですね。

Photo by teppei kishida ということもまたひとつありますね。

#gretsch #gretschguitars #whitefalcon #leo #pizzaofdeath #punkrockersbowl #kenband #kenyokoyama #横山健 #ひとつさん


↑このページのトップへ