月別アーカイブ / 2018年03月

渋谷で開催された、写真家の石井麻木さんの写真展【3.11からの手紙/音の声】に行ってきました。

被災地の光景は自分の目でも見てきましたが、時間が経った今あらためて写真を観ると、思い出すことがいっぱいあります......つまりもう忘れてるんです。
写真の中の光景はずっと変わらない。

被災地の写真は「忘れるなって押し付けてくる気がして苦手」という方もいるとは思うんです。
しかし麻木さんの写真は「忘れないで」とは押し付けてこない。
「ああ、忘れてたな」「忘れたくないな」と自発的に思わせてくれる。
そして「じゃあどうしよっか」を同時に与えてくれる、とボクは感じるんです。
それはたぶん、麻木さんが怒りや苛立ちでシャッターを押してないからだと思うんです。 「主眼は『忘れないで欲しい』ということなのだろう」と推測しがちが、受け取れるものはどうやらそれだけではない。

何度も観た麻木さんの写真集に掲載されている写真も、大きなパネルで観るとまた感じることも変わったり......しばらく写真の前から動けなくなったりもしましたし、苦しい気持ちにもなりました。
でもボクは「時には忘れて前に進むことも大事」を受け取りました。
どういう神経してんだと思われてもいいです、素直な気持ちです。

忘れて進むことも大事、忘れずにいることも大事。
生きていく上ではどっちも同じくらい大事なことです。
矛盾はないです。 (この写真も)Photo by Maki Ishii (ずら)

#石井麻木 #石井麻木写真展 #kenyokoyama #横山健


2018.3.2@ Blitz, Akasaka, Tokyo “Punkrockers Bowl Vol.37...?” 「へー、オレってステージ上でこんな笑顔をみせる瞬間があるんずらね……」って思った写真。
今まで自分のステージ上での写真は何万枚、何百万枚も見てきたので、ほぼ自分の表情なんてもんは把握していたつもりです。笑ってる写真だっていっぱい見てきました。でもなんでかこの写真には自分的には新発見感があるんです。

撮ってくれたのは写真家の石井麻木さん。きっと麻木さんの優しさなんでしょう。

麻木さんは今でも被災した土地に想いを寄せて、頻繁に自分の足でその土地に赴く優しい人。でも殺気立った、ささくれ立った、クールな写真を撮ることだって多いわけで……でも他方、風景の写真などはとても優しい。その感じに興味があったので(興味という表現が適当かどうかはわかりませんが)、麻木さんに直談判して撮ってもらったんです。

こういう柔和な表情の自分を発見して……ボクだって、優しくしたい人には優しくありたいと思いますが、憎むべき相手はいずれ殺ると心底思ってる自分をも再発見しましたずら。
言葉は刺激的ですが、悪いことじゃないと思ってます。

一枚の写真でそんなややこしいとこも感じてしまうんずら。
ということがひとつ。

Photo by Maki Ishii

#kenband #kenyokoyama #横山健 #pizzaofdeath #ひとつさん


2018.3.2@ Blitz, Akasaka, Tokyo “Punkrockers Bowl Vol.37...?” ステージ上で談笑するオレとミナミちゃん。
ライブにいらっしゃった方々にはお伝えしましたが、この3月でミナミちゃんが Ken Band に加入して初ライブをしてからちょうど10年なんです。

10年だからって何かお祝いとかするわけでもなく、いつもとちょっとだけ違った気持ちで「Ten Years From Now」を演りました。

10年一緒にいて、一緒にいろんな曲を作って、一緒にいろんな土地へ行って、一緒にいろんな気持ち……悔しい気持ちもあったり、嬉しい気持ちもあったり、とにかく一番近い仲間としていろんな経験してきたずらね。

ミナミちゃんはオレの家族ずら。バンドがなくても家族ずら。バンドの中ではオレの一番の良き理解者ずら。

10年、数字だけみたり、振り返ったりすると「もんげー!」って思うけど、20年、30年とまだまだやってくずらよー!
道(ストリート)は、オレ達が強く望めばずーっと果てしなく延びているんずらぁ!わかったずらかーミナミちゃん!

Photo by Maki Ishii

#kenband #南英紀 #ミナミちゃん #kenyokoyama #横山健 #pizzaofdeath #道かっこストリート


↑このページのトップへ