リボステ前編・後編共に東京での公演が全て終了致しました。

ご来場頂いた皆様、配信でご覧頂いた皆様、

沢山の応援、ご声援、そして、見守り待っていて下さってありがとうございました。

皆様1人1人の想いが、こうして東京千秋楽までこの作品を紡ぎ抜いてくれました。

この日を迎えられたことを、心から嬉しく思っています。

改めて本当にありがとうございました。

千秋楽から一夜明け、今日はどんな風に過ごしていましたか?

僕は、

日ごとに作品や役についての想いが益々溢れ続けていて、今すぐにでもその全てを此処に書き記したい!

…でもやっぱり全部が終わってから、ゆっくりと心の内を書きたいからこの気持ちはもう少しだけ先にとっておいて、

今は少しの休憩と、その分次の大阪へ向けた気持ちの準備。

というそんな時間を過ごしていました。

因みに、、

僕大好きなんですよね、大阪。

…あ、もしかして、

「めっちゃ好きやねん!」

って言うところだったかな?

😏

いやでも本当に楽しみで、コロナによっていくつもの地方公演がなくなったここ2年くらいを過ごして、ようやく地方に作品を持っていける喜びと、

いつも地方から来て下さる方へ、少しでもこちらから逢いに行けることが本当に嬉しいのです。

そして、また前編をやれることも。

万華鏡のように見る角度によって、見方によって表情を変える雲雀恭弥の多面性と絶対的な魅力の多さを、

前編・後編と行ったり来たりすることによって再確認させられるのは稽古中からで、

特に前編はてんこ盛りなので演じていてとても楽しいのです。

10歳の年齢をこんなにも行ったり来たりすることもそうそうないだろうしね。

きっと、また始まる前編へ想いを馳せている今の僕は、

「久しぶりに血を見たくなるほどの獲物に出逢えて嬉しいんだ」

あの時の状態ときっと同じです。

それくらいわくわくしています。


東京全"18"公演分の想いと、皆様との思い出を胸に、大阪へ向かいます。

必ず最後までこの作品を、雲雀恭弥をお届け出来るように。









まだまだ僕は、雲雀恭弥でいたいよ。



大阪で待っていてね。

そして東京。本当にありがとう。


北村健人