2月28日のイケ家!ラストイベントをもちまして、イケ家!は解散いたしました。

約4年半イケ家!として活動できて本当に良かったです。
楽しいことも辛いこともたくさんありました。
全てがいい思い出であり、いい経験です。

キャプテンとして何も出来ず終わってしまったことは本当に申し訳なく思っています。
正直途中何度もキャプテンを辞めた方がいいんじゃないか、他の人の方がいいんじゃないかと思うこともありましたし、相談もしていました。

ただ周りのスタッフさんやメンバー、そしてファンの皆様に支えられたおかげでこれまでやってこれました。
本当に皆さんのおかげです。

ありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9326.JPG

そして同時に芸能活動を終了する決断をいたしました。

昔から人見知りで赤面症で人前に立つことをなるべく避けてきた自分が、これまで俳優として約6年間やってこれたのは正直自分でもびっくりしています。

たまに昔からの友達に会っても、まさかあの健斗が俳優やるとは思わなかったと言う人がほとんどでした。

そんな自分でもこれまでやってこれたのは、これもまた応援して下さった皆様のおかげです。
自分の為ではなく応援して下さる皆様のために続けていました。
でも続けたおかげで自分の成長にも繋がりましたし、たくさんの人と出会えて、なかなか経験できないことを経験することができました。

人は変われます。
でも変えてはいけない部分もあると思います。
自分の大事な個性を無理に変える必要は無いと思っています。

自分の性格や個性をしっかりと自分自身で理解して、これからやりたい事、やるべき事、向いている事は何かと考えました。

そうした時に自分よりも人の為に何かをして、その人が楽しんだり喜んだりするのが自分にとっての楽しさだったり喜びになるなと思いました。

そして芸能活動を頑張る人、夢を持って頑張る人を支えるお仕事をしたいと思うようになりました。


自分の勝手で今まで応援して下さった皆様の期待を裏切ってしまう形になるのは本当に申し訳ございません。

ただこれが今やりたいことです。


今まで応援して下さって、本当にありがとうございました!!
 
僕は新たな道を進みます!

皆さんもお幸せに過ごしてください!

お互いのこれからにキラキラ輝くものがたくさんあることを願って。


楽しかったー!




狩野健斗







P.S.
5月7日に映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』が公開となります。
船木和喜役で出演させて頂いております。
大学生の頃TOHOシネマズでアルバイトをしていていつかその劇場で自分の出演作を観るのが1つの夢でした。
最後の出演作となりますのでぜひご覧下さい。
感想SNSで書いてくれたらこっそり見ますので。笑


またね!


GgulSHiNlj.jpg



この物語はフィクションです。

ずっと小説を書いてみたいと思っていたのですが、自粛期間で時間ができたのをきっかけに短編ではありますが書いてみました。


ほとんど難しい言葉や表現を使っていないので、読書が得意ではない方にも読みやすいと思います。


昨今のコロナ禍だったり様々なニュースが飛び交う中で、悩み事や不安、大変なことを抱えている人も多いかもしれません。

どうか一度きりの人生後悔しないように生きましょう。
言いたい事、やりたい事、後悔しないようにしましょう。


人生何が起こるか分からないからこそ。


その瞬間を大切に。


そんな思いを込めて。



拙い文章を読んで頂きありがとうございました。



                狩野健斗



XgheJU0J3Q.jpg





キーン、コーン、カーン、コーン。


目が覚めるとそこは教室だった。

「え?教室?高校?」

日は暮れていて綺麗なオレンジ色の夕日が差していた。


「あ、起きた」

窓の方を見ていた僕の隣から突如聞き覚えのある声がして急いで振り向く。

「驚かせてごめんね。
私いつも放課後に本を読んでから帰るのが日課なの」

小説の最後のページを閉じながら彼女は言った。

そして彼女は恥ずかしそうに頬を拭いた。



「夏奈、、、結婚して下さい」

やっと言えた。


「え?」


彼女の戸惑う気持ちをよそに、僕は涙を流しながら、握られた手にチャームの温かさを確かに感じていた。

↑このページのトップへ