友人が、手相の当たる所があると言ってきた。
手相か、、そう言えばあんまり見てもらった事がない。
こんなに占い好きなのにねー。
あたしはすぐに電話をした。
口コミだけなのに、予約が詰まっているらしく、
平日なら、もう少し早くいけますよ、っと
それでも1ヶ月後、やっと見てもらえた。

その男の方はあたしの手相を見て
「あなた、霊感あるんですね」っと言った。
ないです、っと言おうとした瞬間、
「あ、霊感て、お化け見れるとか、そんなんじゃ
ないですよ、人の気、見れるでしょ、
この人はやばいな、っというか、
近づかない方がいいとか、
そういうの、すぐ分かる、3つも目があるから
そういうの、強い筈です。これ、無い人は全く
分からないんですよ。」
あたしが、見れるというとおこがましいですが、
っと言うと、感じる、ですね、っと言い変えた。
感じる、そうですね、感じます、っと答えた。
黒くね、うわーってしょってるとかね、っと言われて
あたしは鳥肌が立った。

「それに、運が強い、すごく守られてる、
これだけ守られてたら、悪い心は近寄れないね、
すごく周りの人に守られてる。」

  親しい人達の顔が浮かんで、なんだか胸が
  いっぱいになる。

「美しいものが好きですね、美しい音楽、絵画、
美に関する事、すごく好き」

  マヤ暦と同じ事を言われた。

「金運、、、散財してる。(笑) まあ、でも苦労は
しないけどね、貯めることに興味が無い」

  その通りです。(笑)

「大きな事にはならないと思うけど、婦人科系の
病気と、あと事故にも気をつけて、気をつけたら
大丈夫だから、あと循環器系、内脂肪、、歩いたり
お水飲んだりしてね。」

  分かりました、(手相で言ってるよね?(笑))

「思いたったらすぐ行動、すぐ確かめたい、
すぐ実行しますね、わりとサバサバしてる、
しつこくないね、男っぽいというか、、」

  男をサバサバ、女をしつこいというのは
  今では問題になるかも、ですよ。(笑)

「全体的にいい手相してますよ」

  ありがとうございます。

帰りながら、手相も統計学なんだろうな、
四柱推命みたいな感じかな、っと思いながら
コンビニで甘いものを買って1時間半の
道中を食べながら帰った。

夜、お風呂の中でマジマジと手を見ながら
この手のひらの中にあたしを守ってくれている
何かが存在している気がして
感謝の気持ちを込めて手を握りしめた。


ありがとうね、いつも。


     手相もわりとおもしろかったです。








それをあたしは初めて見た。
いや、噂には聞いていたのだ、
ただ、あたしが見た事が無かっただけだ。
そして、それを持っている人は
あなたが思っているほど珍しくは無いと
何人かにも言われた。

あっ、そう、、
あたしは自分だけが
持っていない、見た事がない事が
理不尽だと感じた。

一体あたしが何をしたというの?

そんな矢先、あたしの元に初めて
例のそれをあなたにもあげましょう、っという
ハガキが届いた。

本当に存在していたのだ!
夢では無かったのだ!
やったー、あたしは少し興奮して
それを何度も見返した。

そうです!
初めて免許証がゴールドになるんです!


    し、知らんがな。(笑)





今日、職場でA子に
知らなくていいコトって、ドラマ見てる?
っと聞くと、見てると。
「この間のラストのキスシーン見た?
あれ、良かったよね」 っと言うと、
「ふふ、良かったよね、強引にね〜、そんなに
あの俳優さん、好きって訳でもなかったけど
あれはめっちゃ良かった」っと、2人で
キャーキャー言いながら盛り上がった。

「あの、男の人のドラマの中の普段の言い方とかも
すごい好き、落ち着いてる、みたいな」
っと言うと、A子も
「わかる、わかる、カッコいいよねー」っと。


あたしは誰かとテレビを見るのが好きではない。
家族でも友人でも嫌だ。
特にドラマとか、絶対ありえない。
誰かと一緒に見るぐらいなら
いつも見てるものでも
見なくてもいいぐらい嫌だ。
共有できない、
感情に蓋をしてしまう、
だから、あたしは自分の部屋でだけ
撮りためた録画を見る。


あー、なんだか久しぶりに
キュンとしたなー。
録画枠もう無いのに、消去できない。


あの芝居、難しくなかったのかなー、
A子が左手でマネをする。
両手じゃなかった?っとあたしが言う。
両手じゃない、っとA子が言う。
そこから2人であーでもない、こーでもない、と
喋って、記憶ってすぐ曖昧になるねー、
で、終わった。


胸キュンって、年齢制限ありましたっけ?(笑)




























↑このページのトップへ