ども、キタノです。
ジョイントケアトレーナーです。
ジョイントケアとは関節の可動域を広げてカラダを柔らかくするメソッドです。

さて、世の中にはたくさん体幹トレーニングが
紹介されていますが、
僕が考える一番簡単な体幹トレーニングは
これを履いてたくさん歩くことです。
9i1wkeBxvb.jpg
ちなみに写真のビーチサンダルは
ダイソーで売っている108円の物です。
その他で購入する場合は
できるだけソールが薄いのを買ってくださいね。

で、なぜビーチサンダルを履いて歩くのが
いいのかというと、


裸足で歩く感覚に近いから。


ということなんです。

現代の靴は歩く衝撃から足を守るため、
かなりクッションが効いていたり、
足のアーチを守るため、
インソールに工夫がしてあったりしますが、
その過保護により、
足にかかる衝撃を全身で吸収するという
人間本来の機能を忘れかけているのです。

その本来の機能を取り戻す方法は
できる限り
クッション無しの状態で歩くのがベスト。
靴にクッションが無ければ、
全身で吸収するしか無くなりますから、
自然とカラダの使い方が変わり、
体幹も鍛えられます。

本当は裸足で歩くのがオススメなのですが、
アスファルトの上を歩くのは痛いですし、
ガラスなども落ちているかもしれません。

また、
ビブラム ファイブフィンガーズという
裸足ランニング用のシューズがありますが、
これが意外と高価。
なので、100均で構わないので、
ビーチサンダルを買って、
それで歩いてください。
走れる方は走っても構わないですよ^ ^

そしてビーチサンダルには鼻緒があります。
これを挟んで歩く事によって、
運動能力アップにも繋がります。

ビーチサンダル、侮れません。
体幹を鍛えたい方、
足のアーチを復活させたい方、
etc・・・
ぜひお試しを。

ただし、ビーチサンダルなど
ソールが薄い靴であまり歩いたことがない方は
1日15分以上は歩かないほうがいいかも。
普段全く使っていない筋肉を使うので、
筋肉痛になったり、痛めたりする可能性が
あります。

くれぐれもやりすぎにはご注意ください。

それではまた。

ども、キタノです。
ジョイントケアトレーナーです。
ジョイントケアとは、関節の可動域を広げてカラダを柔らかくするメソッドです。

さて、いよいよ1ヵ月後です。
野辺山高原ウルトラマラソン100km。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0214.PNG
5/19(土)、
12:00ちょうどの新宿発専用バスに乗り、
八ヶ岳の麓の野辺山高原へ。
レースは5/20(日)5:00amスタート。
制限時間は14時間です。

レース翌日は5/21(月)は幕張BASEにいる予定。
行けるんですかね(笑)

話は戻りまして、
ウルトラマラソン挑戦に関しては
いくつか記事ししています。

ギアに関してはシューズと
ドロップバックに入れるものを用意するのみ。

あっ、ドロップバックというのは
指定されたエイドにおけるバックのこと。
着替えとか補給食とか入れておけます。


準備をしている時間は楽しい。
久々にワクワクしています。

でも、
なぜ100kmのレースを走ろうと思ったのか?

エントリーした時は
よくわからないけど呼ばれた気がして
ポチッとエントリーボタンを
押してしまいましたが、
やっぱり心の奥底でココに行きたいと
思っているんです。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1756.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1755.JPG
写真はフランス・シャモニーという街を
スタート・ゴールにする世界的なトレイルレース。
ウルトラトレイル・デュ・モンブラン、
通称UTMB。
モンブランをグルッと一周する
約165kmのレース。

このレースに出るための試金石として
舗装路とはいえ、
山道である野辺山に出走を決めました。
この100kmを走り切れたら、
2019年はトレイルレースを中心に
走ろうと思っています。

ただ、野辺山高原ウルトラマラソンは
昨年2017年大会の完走率は49%。 

気合いで走り切ります!
とは約束はできないレースです。
時によってはリタイアも考えなければならない
レースです。
国内屈指の難コースですので。

だからレース中に数回、
心身ともに潰れると思います。

でも確かめたいのです。
心身ともにボロボロになって、
何にすがればいいのかも
わからない状態になって
僕は何を思うのか?
それを確かめたい。

進み続けるのか、
進むのをやめるのか、
動けなくなって立ち尽くすだけなのか、

正直どうなるかはわかりません。
でも進み続ける選択ができれば、
僕はまた一皮向けると思うのです。
公私ともに。
自宅療養していた時の悪夢も
払拭できるでしょう。 

やれるだけトレーニングして、
当日を迎えたいと思います。

それではまた。

ども、キタノです。
ジョイントケアトレーナーです。
ジョイントケアとは、関節の可動域を広げてカラダを柔らかくするメソッドです。

さて、段々と暖かくなってきました。
すぐに暑い季節がやってきます。
そうなると重要なのは

水分補給

ということになります。


人間のカラダの約60%は水でできています。
更にいうと血液の90%は水でできています。
となると、カラダの水分不足という事態は
避けなければなりません。

僕としては喉が乾く前にこまめに水分補給をし、
1日2Lを目標に摂取をお願いしています。
特に起床時、食事の前、入浴前後、就寝時は
忘れずに水分補給をしていただきたいですね。

水分不足は疲労、代謝の低下、便秘、痙攣などの
トラブルを招きます。

水分はカラダに与える影響が大きいです。
一定の体温を保つ働きがありますし、
細胞は一つ一つに水分を行き渡らせることで
老化防止にもなります。
尿などで体内に溜まった老廃物を
体外へ排出する働きもあります。
血液サラサラ、血液の濃度を下げて
流れをスムーズにして動脈硬化や
脳卒中予防にもなります。

そして、胃に水分が入ることで空腹感を抑え、
満腹感を得ることも。
つまりダイエット効果もあるんです。

ダイエットまで水分補給に期待するのであれば、
まずは1日に2Lの水分補給が目標です。
そして食前の水分補給で食べ過ぎ防止。
そうそう、空腹感の緩和も期待できますね。
更に新陳代謝があがります。
カロリー燃焼が3%増と言われていますよ^ ^

これからの季節も健やかに生活するためにも
早め、こまめ、定期的に水分補給を
していきましょう!

それではまた。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0989.JPG
ダイエットを考えているけど
なかなか痩せられない方。
僕が痩せた方法をためすのもいいかも。
こんな感じで痩せられますよ。
僕がマンツーマンでサポートします^ ^
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1427.PNG

↑このページのトップへ