おはようございます☀ひらの@育休中です‼️

昨日の「しめ飾り編」に続き、「鏡餅編」を記事にしてみました✨

(しめ飾り編はこちら)

今年は、東京で正月を過ごすので、鏡餅を用意してみました✨

しかし、「鏡餅」の風習って、東京で伝えるの難しいですね💦

実家では手作りで用意するものが、都会では「親子でもちつき」も「裏山でウラジロ採集」も難しいので、何か「買って済ませる」イベント感があって寂しいです😢
鏡餅は作るまでが楽しいのに‼️

gVQ1Ulh3ur.jpg
橙(だいだい)が大きいのしか売ってなかった💦

「(長男くん)これなに?」
「(私)鏡餅って言って、家にいらっしゃった神様が宿る所だよ」
「(長男くん)??」
(私)(やばい、宿るってどう伝えればいいんだ💦)
「(私)ん、、神様が座るためのソファー見たいなものだよ😅。神様は、さっきつけたしめ飾りが飾ってある家に、お正月にやってきてくれるんだ。だから、神様が座るソファーを作っておかないとね」
「(長男くん)ふーん。」


◆作成風景

●半紙(120円で20枚入り 文房具屋で入手)
w83x6bV7JZ.jpg

「四方紅(しほうべに)」という、四隅が赤く塗られたものが正式なもののようですが、我が家では、「半紙を正方形に切り取り、少しずらして半分に折る」で、鏡餅に敷く紙を作っています。


●橙 (一個99円 スーパーで入手)
G5nvLgJbHW.jpg

我が家が代々(だいだい)栄えるように、橙を飾るようになったそうで。
橙は、前の世代の橙の実が落ちずに次の世代の橙の実がなるので、代々栄えて縁起が良いと言われています。
みかん🍊は、見た目が似てるってだけなんです💦


●鏡餅 (320円 近所の和菓子屋で購入)
qdH4m52bvT.jpg
神様は鏡に宿るので、鏡に似せた餅を用意します。
実家では、「石臼で搗く」→「家庭用もちつき機」と変わってきましたが、今回は和菓子屋さんで購入。

実家の地元の和菓子屋さんでは、お餅を買うと、「ウラジロ」や「橙」をおまけしてくれたのですが、そういうサービスって東京だと無くて寂しいです😢


●御幣(ごへい)、紙垂(しで)  (折り紙で手作り)
UXRLAGCQxP.jpg
MBO3ZR5eX_.jpg

御幣・紙垂も神様が宿るものとされています。
こちらは、折り紙で簡単に作ることができます✨


●裏白(うらじろ) (近所の花屋さん 100円)
d02FXC5Md5.jpg

裏白が一番探し回りました💦最終的に花屋さんでGET‼️
裏が白いので「後ろ暗いことがない(潔白)」とか、古い葉と新しい葉が一緒に伸びるので繁栄の象徴だとか、二股に伸びるので家庭・夫婦円満などの意味があるようです。


◆飾り付け
床の間や神棚、、なんてあるわけないので、リビングに飾ることにしました😊
お札などを飾る用に簡易的な神棚としている棚があるので、そちらに置きました。

本当は神様の上に人がいてはいけないので、マンションの我が家は神様を置けないのですが💦お札を立てかけた壁のお札よりちょっと上に「天」の文字を書いておく事で許されるようです✨


みなさまも、良い正月をお迎えください✨

ではでは




【happy子育て習慣:始まりの記事】


【復職後も続けたいhappy子育て習慣シリーズ】