「保育園のらくがき🖍や工作
「ハッピーセットやお店でもらったおまけおもちゃ🤖」などなど
子供のおもちゃって、放っておくとどんどん増えていきますよね💦

そんなゴチャゴチしたおもちゃ箱を子供と一緒に断捨離してスッキリさせた話を、4回に分けてご紹介しています✨

(これまでのお話)

今回は3回目になります。


◆2つのステップで、おもちゃの「仕分け」をする

前回の記事で、おもちゃを減らしたい気持ち」を持てた長男くん。

いよいよ、断捨離当日です‼️

断捨離の仕方は、「丁寧な暮らしのルール」mayukoさんのこちらの記事に乗っている方法を、真似させて頂きました✨
こちらの記事の方が素敵にまとまっていてみなさんの参考になっちゃうのですが、折角なので私のブログも引き続き読んで頂けたらと😅笑


4歳児の誕生日を迎えた子供バージョンにアレンジして、
今あるおもちゃを
「使う」↔︎「使わない」軸
「お兄ちゃん」になっても使い続けるモノ↔︎「赤ちゃん」っぽくてそろそろ卒業するモノ(次男くんにあげるモノ)軸
の二軸に仕分けして、下図の右上に残ったおもちゃだけをおもちゃ箱に残す事にします‼️

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1453.JPG


参考記事にある通り、子供は一度に二軸では考えられないそうなので、まずは
「使う」↔︎「使わない」軸
の仕分けを行います😊

ゲーム感覚で楽しく、分かりやすく進めるために、2つのルールを決めました。

1.全てのおもちゃを「使う」か「使わない」のどちらかのゾーンに置く
2.お互いのゾーンのおもちゃの量が、半々になるようにする

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1706.JPG

まずはあまり口出しせず、長男くんの作業を30分間見守りました。(おもちゃで遊び始めた時は口出ししました笑)

すると結果はこちら‼️
2Cgdv6vwAB.jpg
「あれれぇ〜?」と困った様子の長男くん。
かわいい(断言)


「思ったよりは減らせたな」というのが、私の率直な感想でした✨。けれど、ここで終わる訳にはいきません笑

そこで、長男くんにダメ出しの質問
「(私)新しいプレゼントで遊ぶのと、このおもちゃを残すのと、どっちか好きな方選んでいいよ」
「(長男くん)新しいおもちゃで遊びたい‼️でも、半分に出来ないの😢」

さて、ここからさらに1時間、長男くんの葛藤だらけの仕分け作業が続きます。

長文で恐縮ですが、もう少しお付き合い頂けたらと✨✨
ではでは、次回もお楽しみに

(12/28 22時追記)
続きの記事書きました‼️