vyyqFBPOLI.jpg
こんにちは。ひらの@育児中です。

以前、子供と一緒に始められるスポーツとして、「ランニング」を始めた記事を書かせていただいたのですが🏃💨

今回は「ランフェスタ」に参加して得られた「子供の成長」について、ブログで紹介しますね😄


◆ファミリーラン2キロに参加しました
今回参加したのは、地元のふれあいランフェスタになります。

保育園にエントリーシートが配られるなど、
かなり地元に密着した大会でした。

今回エントリーしたのは
「ファミリーラン2キロ🏃💨」

「2キロ」といえば、4歳の子にとってはかなり長い距離です。

長男くんも、普段は500メートルも走れば
「疲れた〜、もう走れない〜」
とギブアップしてしまいます😅

長男くんにとっては、かなり「無理」な挑戦にはなるのですが、、、


◆「限界を超えた」体験は、親からの贈り物

なぜ挑戦したのか?

それは、「やり抜く力」を身につけてもらうためです😊

「やり抜く力」の大切さは、以下の本が大変参考になります✨

2キロ完走は、長男くんにとって高い目標になりますが、

・出来ないと思う事に挑戦するチャンスは、親から贈らないと生まれないだろう

・出来ないと思った事を達成した経験は、きっと自信に繋がるだろう

と思い、「親子で一緒に挑戦」することにしました😊

3weOix5_5O.jpgスタート前にやる気満々の長男くん笑


◆泣きながら、走りきりました😭
8QvLyiOsdf.jpg
最初は調子のよかった長男くんも、1キロの折り返し地点ですでに限界を訴え、
1.5キロ地点ではしゃがみこみそうになりました。

すでに、目に涙を浮かべていました。

しかし、最初に約束した
「ゴールするまでは、絶対に手を離さない」
というルールを守って、最後まで歩くこともなく、パパと一緒に走りきってくれました😭


◆18分27秒の大健闘:走りきった証✨
qnuUlM84wG.jpg

今回、4歳の参加はほぼ最年少のようでしたが、リタイヤしなかっただけでなく、順位も4分の3くらいで大健闘でした😊

最後に「記録証」を渡されたのですが、
さっきまで泣いていたこともあり、係のお兄さんから恥ずかしそうに受け取っていました☺️

でも、どこか誇らしげ笑


◆まとめ

2キロ走りきった経験は、長男くんにとって「やり抜いた」という自信になったようです。

また、何か新しいことに挑戦する時に、
長男くんから「マラソンよりかは出来そう」という言葉が出るようになりました。

「無理かも」と思うような挑戦も、あきらめずに最後までやり切ることで、

・困難もやり抜けるという自信

・困難に挑戦する勇気

を得ることが出来たようです😊


子供の「やりたい」に任せるだけでは、「限界に挑戦」する経験はなかなか積めないと思いますので、

「限界を超えるチャンスを、親が贈る」

事も時には必要だと、改めて感じました😊

ご参考までに✨

ではでは
-----