CyyF5gIezh.jpg
こんにちは。ひらの@育児中です。

ご存知かとは思いますが、
「端午の節句」と「こどもの日」は、どちらも「5月5日」ですが、由来はまったく違います。

私は、あんまり分かっていませんでした笑

ちなみに、こどもの日って「ママに感謝する日」でもあるんですね😊

そこで、長男くんに説明がてら、整理してみました👍


◆男の子の成長を祝う日:端午の節句
・誰のため?
男の子

・何のため?
現在の「端午の節句」は、江戸時代の武家文化がベースになっています。
男の子の厄除けと健康祈願、立身出世を願うお祝いです。

・何をする?
鯉のぼりを上げる →立身出世を「鯉の滝登り」になぞらえて🎏

ちまきを食べる
→大昔の中国の詩人「屈原」の悲しい物語が由来と言われています

柏餅を食べる →「柏」は新芽が出ないと古い葉が落ちないので、「後継が絶えない」という縁起ものとして

・なぜ、5月5日なの?
もともとは、牛の月(5月)の端(最初)の牛の日(5日とは限らない)を祝う日でした。
そのうち、牛(ご)の音を、5(ご)と読み替えて、「5月5日」を祝う日となりました。


◆こどもの幸福と、母に感謝する日:こどもの日

・誰のため?
こども

・何のため?
祝日法によると、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
ことが趣旨なんだそうです。

パパだけ対象外なんですね💦

・何をする?
趣旨はありますが、やる事は明確には決まっていないようです。

こどもの言葉に耳を傾ける
母に感謝する
事を、それぞれに心がけてみるようですね!

・なぜ5月5日なの?
1948年に、国会で制定されました。
もともと、大正時代に5月5日「児童愛護デー」として活動を行なっていたイチ団体が存在していたそうです。
国会に「こどもの日」を祝日として請願が寄せられた際にも、5月5日を希望するものが多かったため、5月5日に決まったそうです。

参考:


◆まとめ
「端午の節句」の由来については知っていましたが、
「こどもの日」の由来については知りませんでした💦

5月5日は、男の子に限らず、女の子やママも主役のイベントなんですね😊

みなさんもいつもよりたくさん「こどもの声」に耳を傾けてみてください✨

お子さんやパパは、ママへの感謝も忘れずに👍

ではでは

◆追記:リブログしていただきました😊

nozomittさん✨


ありがとうございます🙇

-----