月別アーカイブ / 2017年02月

こんにちは。ひらの@育児中です。

先週の金曜は、初のプレミアムフライデーでしたが、
「早帰り対応企業はたった120社」
と、各社様子見のようですね😊💦
私の勤める会社は、特にアナウンスも無かったです笑

特にホワイトワーカーの方は、仕事量が減るわけではないので、
早帰りした分、月曜に早朝出社となっては本末転倒だと思いますので、
各社慎重に検討されるのももっともだと思います😅


◆リブログして頂きました✨
さて、 本題です!
という記事を書いたところ、
なんと、働く子育てパパブロガーの代表とも言える「モグさん」と「有馬正人」さんから
光栄にもリブログ頂きました✨
嬉しいです🙌

お二人とも、それぞれの「プレフラ論」を発信されていて
非常に参考になりもーす😆


お子様との大切な時間を過ごされたモグさん😊
そのブレない姿勢が素敵です✨

有馬さんからは、パパだけでなくママも嬉しいプレフラの過ごし方のご提案が😆
家族みんなを幸せにする素敵な過ごし方を紹介して頂きました✨


◆まとめ
多様性の時代になり
「プレミアムフライデー」の過ごし方も
人それぞれあるんだなぁと改めて感じました👍

政府は「消費喚起」を目的としているようですが、
過ごし方は「自由」であるべきだと思います。

そして、こんな制度なんてなくても、
有給を取りたい時に取れる企業や仕事が増えていく事を願います✨

ではでは

元記事はこちら
--------

こんにちは。ひらの@育児中です。

今日は、「プレミアムフライデー」だそうです。
CGRsJXgycF.jpg

"政府と経済界は24日から「プレミアムフライデー」を始めます。企業に対して月末の金曜日に従業員が午後3時をめどに退社できるよう呼びかけ、買い物や食事、旅行などを楽しんでもらい、停滞する消費を盛り上げようという全国的なキャンペーンです。"
以下から引用させて頂きました

◆プレミアムフライデー(以下プレフラ)は、誰が対象なの?
会社毎に推奨するしないかを検討しているそうです。
まだまだ、ごく一部の企業でしか採用されないと思いますし、今後広まるかは疑問ですね😊💦


◆運良く「プレフラ」が取れたパパへ
会社で飲みに行くのもいいですが、せっかくなら早帰りして、
子供との時間にして見ませんか✨

子供を迎えに行って、そのまま遊びに行ってもいいし、
家で一緒にお風呂に入って、ご飯を食べて、家族団欒の時間にしても素敵ですね😊


◆ほんとは「プレフラ」なんか無くても、、、
何ヶ月に一回は、有給で自主的に早帰りして、
家族との時間を作れると素敵ですよね✨

「プレフラ」という流れにうまく便乗して、
有給を使って、勝手に「プレミアムファミリーデー」を始めてみてはいかがでしょうか?

「そんな余裕はない」とおっしゃらずに、検討してみてください🙇


◆何をしよう?
なんでもOKです✨

子供と一緒に髪を切りに行くの、楽しいですよ👍

イクメンパパと子供達が集まって、未来を語るのも素敵ですね✨

近所の博物館だったら、2時間もあれば十分楽しめます🚞

お風呂で「世界地図」の勉強なんかもオススメです😊


◆まとめ
自主的に「プレミアムファミリーデー」を始めて見ませんか?

社内調整を頑張ったぶん以上に、楽しめると思いますよ( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺


ではでは
--------



_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3395.JPG

こんにちは。ひらの@育児中です。

突然ですが、金澤翔子さんをご存知でしょうか?

ダウン症の書家として、テレビなどでよく特集されておりますが、
"建仁寺に「風神雷神」を奉納。この作品は同寺蔵の国宝「風神雷神図」の隣に展示され大きな反響を呼んだ"
"2012年のNHK大河ドラマである平清盛の題字を担当"
(Wikipediaより)
など、数々の素晴らしい偉業を成し遂げられていらっしゃいます。

実は土曜日に、静岡県の島田市にて
金澤翔子さんの「席上揮毫(書の実演)」があり、
長男くんと東京から行ってまいりました。

1C0HtiazZs.jpg
金澤翔子さんの実演と、お母様である金澤泰子さんの公演をお聞きして、、、、、
非常に衝撃を受けまして、
気持ちの整理に時間がかかり、この記事を書くだけでも4日かかってしまいました。

正直、今もうまく言葉にする事ができません。。

しかし、翔子さんの素晴らしさを皆様にも伝えたいという気持ちが強く、
ゆっくりと、咀嚼しながら言葉にしていこうと思います。


また、公演の後にサイン会がありまして、
翔子さんに「翔子」という文字を書いて頂きました。
私の受け取る手は震えておりました。
4ruLTdXx6C.jpg

さらに特典として、何枚かあるポストカードから一枚を選んでプレゼントしてもらえたのですが、
長男くんに選んでもらおうとした所
翔子さんを目の前にして、長男くんが人見知りモードで萎縮してしまい、なかなか選べない状態になってしまいました。。

そんな様子を見た翔子さんが、
長男くんに「これ」と選んで下さったのがこの一枚
RFqM5vLa2x.jpg
長男くんの不安な気持ちを、翔子さんが大らかな愛で包み込んで下さったようで、
思わず目頭が熱くなりました。


たった2時間の出来事ではありましたが、
「生きるとは何か」という事を見つめ直す
良いきっかけを与えて下さいました。

少しずつではありますが、この感動を言葉にして、みなさんとも共有できたらと思います。

ではでは
--------

↑このページのトップへ