_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0173.JPG
ノアプロジェクトサポート事務局から案内がありましたので転載いたします。

お世話になっております。
ノアプロジェクトサポート事務局です。

昨今、日本国内のみならず、世界各国で、法令の整備や施行を含め、仮想通貨をめぐる状況が急速に変化していることは、新聞やテレビの報道等で皆さんもご存知のことと存じます。

ノアコインも第1期プレセール開始からもうすぐ約1年を迎える中、既報のとおり、NIPPON PAYとの業務提携、SCIとの業務提携、ノアシティの契約、ノアリゾートの契約、オーガニックオスメニアとの業務提携など、
次々と契約締結を完了させ、プロジェクト自体は非常に順調に進行しておりますが、今回NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.においてコンプライアンスの強化が実施されたことに伴い、第3期プレセール以降の販売方法を見直すことと致しました。

みなさま、第3期の販売を心待ちにしてくださっており、早く3期販売を始めて欲しいとのご意見を多数承っておりますが、コンプライアンスの強化はプロジェクトの成功のために不可欠なことでありますので、何卒ご理解をいただいた上で、第3期プレセール開始まで今しばらくお待ちいただければと思います。

第3期プレセール開始日程が確定次第すぐにご連絡させていただきます。なお、第3期プレセールのスタートが遅れておりますが、2018年6月12日の上場日程に影響はありませんのでご安心ください。

ノアプロジェクトの成功に向けて、これからもより一層のご協力をお願いいたします。

関連記事
カリブ海の新聞の2017年12月29日発売号 デジタルマネーの進化革命に参加せよ! - 吉田 啓太
『Via Via』というカリブ海の新聞の2017年12月29日発売号に「デジタルマネーの進化革命に参加せよ!」という記事が掲載されているのですが、その記事の中で泉忠司さんのことが言及されています。 泉さんの名前が言及されている部分を和訳して抜き出してみます。 世界には様々な偉人がいます。リチャード・ブランソン氏やビル・ゲイツ氏のような精力的な実業家は瞬く間に世界にその名を轟かせました。 しかし、真のリーダーたちはおそらく大衆にまださほど認知されていません。 イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏、そして「暗号通貨王」として知られ、アジ…
keitayoshidasurf.hatenablog.com
Forbes Asia December 2017 掲載記事全文 21世紀の「ノアの箱舟」がフィリピンに到来 - 吉田 啓太
21世紀の「ノアの箱舟」がフィリピンに到来 Forbus記事 (日本語訳) フィリピンのドゥテルテ大統領の故郷であるミンダナオ島で、世界的に非常に画期的な試みがなされようとしている。 ミンダナオ島北西部のザンボアンガ・デル・ノルテ州セルジオ・オスメニアで「オーガニック・オスメニア2020」というイベントが2017年8月22日に開催された。 「オーガニック・オスメニア2020」とは、この地域の農業を2020年までにすべて有機栽培にするという目標を掲げたスタートアップイベントである。 農業食料委員会上院議長のシンシア・ヴィラー上院議員、ザンボアンガ・デル・ノルテ州選出のセス・フレデリック・ハラショ…
keitayoshidasurf.hatenablog.com
新たな仮想通貨が日本とフィリピンの経済的結びつきを強固にする - 吉田 啓太
新たな仮想通貨が日本とフィリピンの経済的結びつきを強固にする The Economist記事 (日本語訳) ノアアークコイン (Noah Ark Coin (NAC)) はそもそも、日本人が成長著しいNACのサービス網をフィリピンをはじめ世界中で利用し、また日本をはじめ海外で働くフィリピン人 (OFW) が自国へ便利で安全な送金をするために作られた仮想通貨である。 2009年、世界金融危機が最悪の時期を迎えるさなか、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の個人またはグループが、世界で最初の分散管理型の暗号通貨 (最新の暗号化技術を用いて作られたデジタル通貨) であるビットコインのもととなる、オープン…
keitayoshidasurf.hatenablog.com