_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2212.JPG

彩り鮮やかなで、見た目も美しいお野菜を育てる技術を持っている「あんがとう農園」さんのバーニャカウダセットです。

こんなに鮮やかなバーニャカウダなら、見るだけでも楽しめます。
 
勿論、あんがとう農園さんのお野菜は、全て無農薬で育てついるので、生食で食べるバーニャカウダに最適です。
大地の味を楽しんで下さい。

バーニャ・カウダとは

イタリア・ピエモンテ州を代表する冬のシャレオツな鍋料理です。

ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味します。 

テーブルの上にテラコッタ製の鍋を置き、アンチョビ、火を通して柔らかくしたニンニク、オリーブオイルを混ぜ合わせたディップソースを温め、野菜を浸して食べるフォンデュに類似した料理です。

使われる野菜は、カブ、セロリ、ペペローニ(パプリカ)、ニンジン、キャベツ、ラディッキオ、カーボルフィオーレ(カリフラワー)、トピナンブール(キクイモ)などの生野菜や、下茹でしたジャガイモ、カルド(野生のアーティチョーク)、カボチャ、ビーツなどです。

通常は野菜につけて食べますが、焼いた肉、魚、茹でた肉などにもつけます。ソースが残り少なくなると、最後に卵を割りいれてスクランブルエッグにして食べます。

あんがとう農園バーニャカウダセット