月別アーカイブ / 2018年01月

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0444.JPG
普段は、中身のわからない得体の知れない怪しいオプトインアフィリエイトはやらないんだけど、なんかワクワクするんで動画を紹介します。

最終的にはバックエンド商品が控えていますが、投機は自己判断でお願いします。苫米地さんが開発した暗号通貨が、世界の経済を動かすなんらかのキーになるんじゃないかと考えています。

この夏、暗号通貨は本物とニセモノが明確に二極化するといわれています。その時にどのコインが生き残る通貨となるのか、僕は知りたくて仕方がありません。

今のところ明らかになっているのは、リップル。

そして今上がっている通貨が果たして本物なのか幻想なのか、はたまた暗号通貨自体が仕掛けられた罠なのか。神のみぞ知るセカイ。

もしかしてハッキングも仕掛けられた罠なのか。苫米地さんは、なにかを僕らに伝えようとしているのか、ただ単に暗号通貨を売りたいだけなのか!?

ティザー

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0443.PNG
商品の発送が完了したので、届きしだいウォレットの使い方の動画を作成します。

正規サイトからの情報です。封印シールは、もともと貼られていないということです。理由は封印シールは偽装が容易で無意味だからです。

急激に時代は進化します。みんなにわかりやすく使い方を解説できるように使い方をマスターしたいと思います。
H2sszkn6k5.jpg
W771zZatVd.jpg
A8ネットで自己アフィリで購入すれば、購入額の30パーセントが、報酬として支払われます。

海外から正規品を輸入するのと同じ価格で購入できます。

A8ネットの登録はこちらからできます
Ledger Nano S(レジャー・ナノS)安心な日本正規代理店サイトで安く購入する方法 | CREATION
コインチェックのハッキングを受けて今一度、大事な資産は自分で守らなければいけないことを身を持って実感いたしました。 本当に辛い出来事ですが、ここで止まっていても何も始まりません。未来に向けて対策をしていく必要があります。 そこで、今回のコインチェックGOXの原因となったホットウォレットを使用するのではなく、コールドウォレットに入れる対策をしていきたいと思います。 コールドウォレットで使っていただきたいのがLeder Nano Sです。 下記のバナーはASPで有名なA8ネットです。 仏Ledger社認定日本正規代理店とA8ネットが提携しているので安心です。 スポンサードリンク 日本正規代理店Amazonのページから購入 現在正規代理店では「Ledger Nano S」が品薄状態となっております。 すぐにでも入手したい場合は、Amazonの正規代理店サイトに在庫がある場合があります。下記のリンクは正規代理店Amazonのリンクですので、安心してご購入してください。 特に、Amazonやメルカリなどで転売されているLedger Nano Sは不正をさせている可能性が高いので、正規代理店からの購入をお願いいたします。 Amazonで検索をかけると正規代理店ではない販売者からの商品が多数あります。見分ける方法として、値段が違うもの。個人が販売しているものは注意が必要です。 Ledger Nano S正規代理店Amazon Ledger Nano Sについて Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、 イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、 数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。 堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。 Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。 有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、 暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。 株式会社Earthshipは仏Ledger社と正規代理店契約を結んでいます。 広告主からのメッセージ
keitayoshida.com
関連記事


IgaexemPQK.jpg
というわけで、マーケティングは今月末で終了して、2月初旬から第3期プレセールが始まります。

↑このページのトップへ