_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1183.JPG
こんにちは、今回はネム破綻という衝撃のニュースがコインデスクから配信されたので、翻訳します。

昨日から、噂があったのですが、またネムの価格を暴落させようというヘッジファンドのデマだろうと思っていたら、どうやら本当のようです。

眠れないアル…

NEM財団は、NEMブロックチェーンを推進するために設立されたコミュニティ出資の非営利団体であり、厳しい予算削減と差し迫ったリストラを前にして、150人のスタッフ全員にわたるレイオフを計画しているとCoinDeskは学びました。

新たに選出されたNEM財団の会長Alex Tinsmanは、水曜日にシンガポールを拠点とするNEM財団がNEMコミュニティ基金に1億6000万トークン(約750万ドル相当)の資金要求を提出する予定であると語った。組織を救う。

NEMトークンはによると、90億の循環供給にXEMティッカーの下に表示されCoinMarketCapプレス時には、XEMは時価総額で世界で18番目に大きい暗号通貨です。

1月に非営利団体を引き継いだTinsman氏は、インタビューの中で、「基本的に、前回のガバナンス評議会の管理ミスにより、運営に1か月かかることに気付いた」と述べた。

その結果、財団の202人の会員 - 身分証明を受けて年間50ドルの会費を支払う人 - が、木曜日に発表された後、2月の資金要求に投票するよう求められます。レイオフの数は、コミュニティがどれだけの資金を承認したかによって決定される、とTinsmanは述べた。

NEMのXEMトークンは、元財団長のLon Wongの指導の下、2015年に発売されました。暗号通貨は、主にNEMブロックチェーンのトランザクションおよびサービス料に使用されます。Catapultと呼ばれるプラットフォームのネイティブエンジンソフトウェアの完全な発売は今年後半に予定されています。それまでの間、NEMパイロットプロジェクトでは、投票などのユースケースに焦点が当てられていました

実際、Tinsman自身は、NEMのプラットフォームを使用したプロセスで選出されました。

Tinsmanは、財団は2017年12月から2019年1月までの間に、主にマーケティングに8000万XEMを費やしたと述べた。(ウォンは財団の支出についてのコメントの要請には応じなかった。)

「まだ出ていない製品[Catapult]を販売するのは意味がないので、マーケティング活動を減らしました」とTinsmanは言いました。

NEMの長年のユーザー、離職した指導者と直接仕事をして匿名を希望する開発者によると、WongはEcobitやProximaXのような「大ざっぱな」初期コイン製品を宣伝するために財団での視認性を悪用しました。

ProximaXトークンの売却は2018年に3300万ドル以上を調達したと伝えられており、同社のウェブサイトはCEOとしてWongを挙げています。匿名の開発者は、「コミュニティはこれが信頼の侵害であると感じた」と述べ、自分自身のような開発者が実際にブロックチェーンを使用することを奨励するためにやらなければならない作業がまだたくさんあると付け加えました。

「このプラットフォームに取り組んでいる人はそれほど多くはありません。たとえそれが簡単であっても、あなたが日本に行かない限り、コミュニティは本当にそこにはありません」と、開発者は言いました。「このプラットフォームには、開発者のさらなる注目が必要です。」

148人の登録メンバーが非営利団体を率いることを彼女に選んだ前に、財団の元コミュニケーション担当エグゼクティブであったTinsmanは、2019年のためのもっと規律のあるロードマップに着手しています。

彼女は、チームには特定の予算が与えられ、NEMエコシステムのためのツールを作る彼らの進歩のよりオープンソースのドキュメンテーションを実行することを要求されると言いました。

「コミュニティはまた、これらの[資金提供の要求]と、どの要求を先に進めるべきかについても投票する予定です」と彼女は述べました。

Tinsmanはさらに、非営利団体によるコミュニティ補助金への依存を減らすために、2019年に企業研修やアフィリエイトマーケティングを含む財団の活動を収益化することを計画しています。

同氏は、リストラを「前向きな一歩」として説明し、次のように付け加えた。

「NEMが強力なツール群と未来を変えるために前進しているコミュニティを持っていることは私にとって本当に興奮しています。そして今、私たちはそれらを有意義な方法で支援することができます。」

NEM基金によるNEMカンファレンスブースの画像。

アップデート(31、January 15:00 UTC):この記事の見出しは、NEM Foundationの財務状況をより正確に説明するために更新されました。現金が不足していますが、それは必ずしも債権者からの破産保護を求めるという意味ではありません。


ブロックチェーンニュースのリーダーであるCoinDeskは、最高のジャーナリズム標準を目指し、厳格な編集方針を遵守するメディアアウトレットですCoinDeskはデジタル通貨グループの独立した運営子会社で、暗号通貨とブロックチェーンのスタートアップに投資しています。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1112.PNG

【XEX】
CROSS exchangeの収益を分配するためのトークン

取引所の収益の、20%から最大80%が保有数に応じて、BTC.ETH等主要通貨で還元される。還元率と配当は、プランによって選べます。

【XCR】(VXCRと同数分付与)
CROSSの基軸通貨(VXCRと同数分付与)

CROSSのプラットフォーム上で生まれる今後のプロジェクトのエアドロップをもらう権利。

今後連携する予定のCROSS関連のサービスやアプリケーションの手数料割引、お支払や、XCR保有者だけの特権をご提供します。

今後CROSSexchangにプロジェクトが上場する際には、プロジェクト側には、一定数のXCRを購入する必要があり、その分は、一定期間ロックされるので、価値の向上が期待されている。

CROSS(XCR)は、CROSS value toolsで生まれるトランザクションで消費されていくことにより、更に価値が高まるビジョンがあります。

CROSS exchangeという取引所はCROSS value toolsの1つのアプリケーションであり、全てではありません。

XEXとの違いは、XEXはマイニングコインであり、証券的な役割りなのでCROSS exchange以外での使用用途は予定しておりません。

XCRはCROSS value tools内全てで使われる、通貨としての機能と技術を持ち合わせています。

Rippleに例えると、RippleネットワークがCROSS value toolsとなります。

XRC(Ripple)がXCR(CROSS)となります。

CROSSでは現在、CROSSネットワークという全く新しい分散型P to Pネットワークの構築を進めています。

XCR(CROSS)はCROSSネットワーク内もちろんCROSS exchange内でも幅広い活用用途があります。今後XCRの用途、価値向上に是非ご期待ください。

CROSSexchangeは11月25日に正式スタートし、まず世界中のユーザーにCROSSexchangeを知らせ利用していただきユーザーを増やすことが先決です。

そのためにもCROSS exchange先進的な技術、収益を還元する取引マイニングという仕組みを取り入れています。

そして、多くのユーザに利用していただける満足のいく環境を用意し提供していきます。また、取引所としての処理能力についても技術革新により当初より各段に上がりより快適なストレスのない取引をご提供できる開発ができました。

上場がゴールというような、上場しても売り圧が多く価値が下がるトークンを数多くみてきました。XCRは上場がゴールではありません。

CROSSexchangeは、取引所なので上場はいつでもできる環境ではありますが、私たちはXCR保有者のこと、その価値を高めていくことを念頭においております。

リスティングのタイミングはそこまで先の話ではないです。

XCRの保有者のご意見はもちろんのこと、CROSS exchangeの状況、仮想通貨全体の市況等を総合的に考慮していきますのでご期待ください。

XCRは、CROSSexchangの基軸通貨になり、XCRをもっている方のメリットを今後沢山提供していく予定です。

今回のプレマイングも一番のメリットを享受したのはXCRの保有者です。今後もご期待ください。

XEXや、CROSSexchangのが注目さることがXCRの期待だと考えていただいて大丈夫です!

VXCRを保有されている方には、今後CROSSに関わるプロジェクトのトークンがエアドロップされる等の特権がありますのでご期待ください。

また、CROSS exchangeへのリスティングに関してもVXCRのホルダーの声を優先して考慮します。

VXCRを保有していただいてる皆様には、KYCを完了すると、同枚数のXCRがCROSSexchangのウォレットにてご確認できます(^^)/!

XCRの保有者にとってもっとも良い取引所を展開していきます。今後ともCROSSをよろしくお願い致します。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1130.JPG
アゼルバイジャンから正式認可を受けている仮想通貨取引所の「クロスエクスチェンジ」が総額500万円分の仮想通貨プレゼントキャンペーンを行ってます。

一等はなんと100万円相当の仮想通貨´д` ;
凄いー´д` ;

応募条件は、クロスエクスチェンジのアカウントをフォローして、下記のツイートをリツイートするだけです。

当選者はDMに連絡がくるようです。

今年はZOZOの前澤社長を筆頭にツイッターでのプレゼントキャンペーンがマーケティングの主流になりそうな感じですね。
ちなみに僕も前澤社長に感化されて、総額1,000,000奏コインプレゼント企画をやります٩( 'ω' )و

条件は下記のサイトからクロスエクスチェンジに登録していただければ完了です。

僕のツイッターのDMに完了報告をしていただけたら、10,000KNDC(奏コイン)を送ります。

奏コインは、日本人が運営しています。クリエイターを応援するトークンです。

期間は1月31日まで🚀
奮ってご参加お願いしますー
クロスエクスチェンジの登録は下記のサイトからお願いします。

↑このページのトップへ