_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9321.JPG

 

たった三時間、男児四人(双子つき)を公園に連れていくくらいで大袈裟な!と思われるかもしない。確かに大袈裟かもしれないが、一事が万事にならないためには、あと3年くらい必要だろう。


前回の通り、やはり"トイレにひとりで、確実に行ける"は、ワンオペ公園では必須事項だ。トイレ!の掛け声に「行ってこい!」と信頼と確信をもって送り出せるそのときまでは・・・

 

【前作】

男児四人ワンオペ公園戦記「アンコントローラブル」ぼくらの三時間戦争 

 

すったもんだの末にトイレ戦争がひと段落ついた。この時点で経過した時間は30分程度。まだまだ先は長い。

 

持ってきた公園玩具はいろいろあるが、長男(5)と次男(4)が向かったのはお砂場。公園という戦場からすれば、かなりの難局だ。まったく砂が服や身体につかないことは想定し得ない。しかも、自宅を出るとき次男から再確認を受けている

 

「袋持ってきてね!(はーと)」

 

いや、(はーと)をつけていただいても、僕の頭の中は不安と絶望でいっぱいだ。安心させるため目の前で袋をバッグに詰める。そして着替えフルセット。四人分・・・

 

長男と次男が鉄棒やジャングルジム、滑り台などを足早に経由して砂場に到着する。その間、後ろをついていく三男(1)、四男(1)は当然遅い。鉄棒の時点で上の二人は全然別の場所に走っていく。もう少し後ろを振り返ってくれてもいいと願うが、彼らは振り返らない。振り返ってしまえば後ろ髪を引かれる(僕が困っている)のがわかっているのだろう。

 

いや、少しはこっちの事情も見てくれよ・・・

 

届かない鉄棒、三段目に行こうとするジャングルジムでは止められ、滑り台は予想外に高かったのか上で固まる。二人とも。仕方がないので階段を上り、右手にひとり、左手にひとり、手をつないで滑る。

 

「あっ!」

 

右手の三男(か四男)が、自分の右手を手すりにしっかり引っ掛けている。バランスが崩れる。左サイドが下、右サイドが上。アンバランスなまま下に滑り落ちた僕らは、傍からどう見えるのだろうか。

 

僕は必死に左手を引き、四男(か三男)が滑り落ちて怪我をしないよう。そして右手を

強く引き、三男(か四男)の腕が伸びきらないよう引き離す。そして下っていく。傾斜がある滑り台から飛び出すように地面に落ちた僕たち三人。

 

このスリリングな展開が気に入ったのか。「もう一回」とトコトコ二人で滑り台の階段を登っていく双子。四回やったところで、さすがに疲れたので砂場に行こうと提案を試みるも、拒否。

 

「長男と次男がいるよ!」

 

拒否。

 

「お砂場楽しいよ!!」

 

拒否。

 

「あっ、三男が袋の水を入れてジャーしているよ!」

 

えっ、あっ、もう始めていたのか・・・既に濡れた服に砂と泥が付いている次男の、変わり果てた洋服が遠くに見えて凹む。

 

お砂場行くー!!

 

「・・・じゃあ、行こうか」

 

掘り起こされる砂たち。お山ができ、大きなクレーターができ、水の通り道ができ、そこにじゃぶじゃぶ水が溜まっている。砂の吸収力もむなしく、大きな池。そしてそのためだけに準備された車たちが沈められている。僕がこの車たちであったら、自分はなぜ製造され、この世に生まれ落ちたのか考えるだろう。

 

砂場に作られた池に沈められるためだけの車たち。製造技術者の夢はきっとこれじゃなかったはず。教えてトミカの中のひと!!

 

袋を持った長男が水道と砂場を往復する。さすが慎重派!水はこぼさない。多少濡れたり汚れたりしているが、許容範囲だ。

 

三男、四男は袋がないため、バケツやスコップを片手に水道へ。力強い流水がスコップにあたり、洋服はずぶぬれ。かろうじて残った水も歩いている間に全部なくなる。本人はご満悦で「じゃー」とやっても、2,3の水滴が落ちるだけだ。それでも満足そう。

 

「まぁ、洋服は仕方がない。着替えもあるし」

 

と思っていた矢先に三男の右足が池に着いたが早いか、ズボッ・・・。靴下と靴は持ってきてない・・・と思ったが早いか、満面の笑みで左足もランディング。はぁと溜息をつこうとしたところ、「じゃぶじゃぶ」というご発声とともに足踏み。もうどうでもよくなる。幸いなことに四男は洋服がずぶぬれで留まる。

 

いいこともあれば、つらいこともある。きっと人生をトータルで見ればバランスが取れているはずさ。

 

ファンタジスタ次男は大丈夫。問題ない。なぜなら、自宅を出るときからあきらめている。袋いっぱいの水は水面張力がはたらく水準を大きく越え、歩きながらも服が全滅。砂場では彼ができるもっとも高いところから滝のように水を走らせ、勢いを持って泥水に着地。大量に跳ねた泥で、すでに真っ黒の洋服がさらに黒や茶色で彩られる。

 

そうはいっても、フルセットの着替えは持ってきている。洋服を脱がせて、水で簡単に泥を流して、洋服を着れば、なんてことでしょう、いままさに自宅を出ようとしているいでたちにさまがわり!のはずさ。そうさ、僕らはいつだって仮説を立て、リスクに備えた準備を整え、公園という戦場に向かってきたじゃないか。

 

次男から笑顔で「パパ、見てー」の声。

 

 

水たまりにお尻を全部つけ、「おふろだよー(はーと)」

 

 

現場からは以上です。

 

 

三時間戦争、約二時間を終える。

 

続く(かもしれない)。

 

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9008.JPG


 

日曜日、人間目覚まし長男(5)が推定550の安定起床。次男(4)を起こして仲良くリビングへ。遅れること1間、双子も起床。まだちょっと眠かったけれど、双子が笑顔で壁をガンガン鳴らすので起床。

 

朝だけに許されている録画したアニメでも見ているのかを思ったら、今朝はLEGO祭り。みんな大好き「ロイドのエレメント・ドラゴン」創っている。長男は妻のDNAを完全に実装しているようで、7歳とか8歳からと書いてあるLEGOも作ったりする。僕はそれを見て、彼の"好きなものへの集中力と真面目さ」を感じざるを得ない。

 

 

対象年齢が合わないところをスイスイ作れるわけではない。当然苦戦する。ただ、彼は真面目に基本を守る。説明書にはパーツの個数が記載され、それらをどう組み上げるかが書いてある。彼はちゃんとパーツを色分けし、必要なパーツと個数を別の場所に寄せて、確認してから組み上げる。

 

基本の「キ」だが、意外とできない子どももいる(例えば、ファンタジスタ次男)。そこを真面目にやるので、うまくいかないときや説明書の見方が難しくても、パーツと個数が合っていれば間違っているのは接地の場所や方法というのがわかるらしい。

 

僕もガンプラやミニ四駆をかなりやったと思うのだが、ファンタジスタ次男と同じく、いきなり組み上げようとして、うまくいかないときい、戻る場所がない。どこまでが合っていて、どこから間違っている可能性があるのかが見つけられない。長男は完成させてから遊ぶ。次男は、ウィング部分のパーツができたら、すでにそれが宙を舞う(長男が怒る)。

 

そんな感じで午前中を終えてもいいのだが、外に生きたがっている視線を感じる。殺気にも近い。最近、歩くこと走ること、登ること、降りること、跳ねることなど、身体性と精神性がシンクロし始めた双子(1)だ。見てる。じーっと見てる。そして笑顔で「おそと!」とか言ってる。

 

午前中に身体を動かしておくと、その後は「シャワー」「お昼ご飯」「お昼寝」「おやつ」、少し遊んで「夕食」からの20:00消灯(工藤家は20:00ベッドインという鉄の掟が)という勝ちパターンに入ることができる。いわゆる「ゾーン」状態だ(違。

 

ダブルバギーに長男次男が歩きやキックボードだと行ける範囲は限られる。近くの公園も楽しいが、3間くらい潰すにはややコンテンツ不足。3間にこだわりはないが、ワンオペで男児四人を連れだせる、日常レベルの子育ては3間がひとつの目安。パートナーが「休む」「ひとりだからできることをする」「ちょっとでかける」、そのうえで必要であれば食事の準備もしておける、くらいの時間だ。二時間だとちょっと物足りない。

 

ということで、近場だけれども、ひとりで持ちえる移動手段では行けない中距離の公園へ。

 

【前編】

 

駐車場に車を止めて、着替えやお茶、遊び道具を一通り持つ。分担パターンもあるが、長男と三男(または四男)、次男と四男(または三男)がそれぞれ手をつなぎながら歩かせるパターンが確立されてきたので、完全なるパターンにするため、今日は僕が荷物を持つ。ボール、縄跳び、お砂場セット、水を大量に運ぶための大型ビニール袋、真っ二つに割れたフリスビー、砂場に作られる池に沈められるためだけに存在する車たち。

 

比較的大きな公園なので駐車場から公園までの道がちょっと長い。しかし、まだ元気な四人は手をつなぎながら陽気に歩く。僕はウキウキもワクワクもなく、「どうか無事に三時間が終わりますよーに」と考えながら後ろを歩く。

 

四男がコケて泣く。

 

オーケー、オーケー。想定内だ。

 

四男を起こして、また次男に手をつながせて行こうかと顔をあげると、次男は遠く公園に向かってダッシュしてる。

 

それも想定内だ。だって、ファンタジスタだもの。

 

長男にも手を放していいと伝え、双子とだらだら公園に。長男と次男は入口に到着して、そわそわしながら、彼らに比べたら亀のスピードである僕らを待ってい、待ってない。どっか公園ないに行ってしまっている。入口で待つように言ったのに。

 

もう、男児四人生活もそろそろ2年、こんなのは当然想定内だ。

 

やっと公園内に到着する。右手にトイレ、左手に鉄棒。目の前には大きな広場があり、奥の方にはブランコ、滑り台、ジャングルジムなど定番の遊具が並ぶ。砂場は一番奥だ。

 

砂場に行きたいというので、砂場の方に向かっていく。長男や次男にとっては走ればすぐの距離だが、双子にとっては結構な距離だ。でも、元気にテトテト走る。サッカーボールを出して、蹴らせながら走らせる。順調だ。

 

「トイレ!」

 

長男が言う。うんちがしたいと。そうか。でも長男は自分でトイレに行けるので、問題はない。行ってこい。場所はスタート地点だ。嫌な予感がする。これは双子のどちらかがおむつ交換のパターンだ。

 

ただ、それくらいは想定内でなければワンオペ男児四人で行けることろは広がらない。鞄の中にはおむつ、おしりふきシート、ビニール袋など万全だ。

 

「うんち!トイレ!!」

 

ほらね。想定内だ。

 

 

次男が言う・・・

 

ギリ想定内だ。いや、すいません。想定外です。

 

[1]トイレはスタート地点

[2] 次男は完全にひとりでトイレができない(できなくもないがリスクがある)

[3] 長男は遥かかなた

[4] 双子はやっと遊べるよ!くらいでいまからエンジンかけようとしている

[5] 次男は「出る・・・」とか言ってる。

 

頭のなかで状態を整理し、次のアクションを考える。着替えや玩具の入ったバック類は捨てよう。迷惑がかからないよう、付近に放置。何がリスクかを考える。双子が視野から外れるのは怖い。何かあったら絶対に後悔する。ここは両手に抱えよう。まだイナバウアーされても、パワーで抑えられる。

 

次男と一緒に走る。リスクはトイレにたどり着けないで事故が起こることだ。「出る・・・」。二度目の独白。しかし、僕には勝算があった。次男の着替えをフルセット持ってきていることだ。最悪の事態が起こっても、そこは対処可能だ。

 

「行こう」。覚悟を持って次男に伝える。

 

僕の覚悟が伝わったのか、口元を引き締めた次男が一歩踏み出す(我慢しているだけ)。

 

トイレまで順調だ。「ふりだしにもどる」という言葉が頭に浮かぶ。

 

長男がトイレに座っている。なぜか次男は傍で見守っている。何してるの?と一応聞く。待っているという。なんで他のとこでしないの?と言う。怖いという。

 

長男にひとりでできることを確認する。もちろん彼はできる。

 

次男を別のトイレに誘いたいが、双子を手放さないといけない。何が起こるかわからない。でも仕方がない。双子の手を放す。トイレの外に笑いながら出てってしまう。どうするか。意思決定しなければならない。意思決定者は孤独だ。先のことはわからない。わからないなかでの決定により起こったことの責任はすべて自分だ。どれだけ相談しても、どれだけ資料を読んでも、意思決定できるのは自分だけ。「経営者は孤独だ」というやつか。

 

5秒。5秒で何とかしよう。できる。自分を信じろ。

 

で、ズボンとパンツを脱がせて次男をトイレへ。和式だったので少し本人は躊躇。それでもしっかりと座れたようだ。

 

すかさずトイレの外に出ると、目の前でさわやかに双語を駆使して遊んでいる双子たち。なごむ。残すは次男がトイレを終えた後のお尻を拭くタスクだけだ。クロージングへの道筋は見えている。最後の最後に大どんでん返しが起こるのは映画やドラマだけさ。

 

長男が出てくる。次男から終わったという声が飛ぶ。予想通りだ。すべて順調だ。長男に双子を見てもらい、その間に次男のトイレを終わらせる。二人でトイレから出てきたとき、そこにはまさに兄弟らしい雰囲気の長男と双子。

 

これからまさに遊ぼうとしたときに起こったちょっとした出来事。ワンオペ男児四人であればすべて、すべて想定内だ。むしろ、誰も怪我することなく、取り返しのつかないことが起こるわけでもなく、ただ、バタバタしただけ。前半戦の出来事としては、順調といっていい。

 

現場からは以上です。

 

※【前編】以降は書くかどうかはわかりませんが、そろそろ双子がお昼寝から起きるので気が向いたときにでも。

 

 

 

 

 



_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9216.JPG

 



先週、突然、双子の片方が発熱。週末を含むスケジュールが飛んだ工藤家。熱が理由なのか、寝ていても断続的なうめきに対応する妻が疲弊し、その余波の一部が僕の方にも。それでも他の三名が顕在だったので、普段の生活と変わらないと思っていたところで次男が体調を崩すという何とも言えない週末です。

 

長男(5)、次男(3)、双子(1)の男児四人の平均体調が一定の基準を越えたものの、公園などに連れて行けば全力で遊び、少しだけ溜まった体力を早々の使い切り、だめだっていっているのに界王拳10倍とか使って、チャクラも念も使い切り、また体調不良者が出る。過去、何度も繰り返された歴史。歴史から学ばない人間だけにはなりたくない。さて、どうしよう。この微妙に元気なリスク有るひとたち・・・

 

・それなり時間が潰せること(妻を休ませる)

・それなりに動きがあること(まったく動かないと遊びたいとか言い始める)

・ひとりで見られる安全な場所(ワンオペだとまだまだ不安要素が大きい)

 

そうだ、そろそろ長男と次男の誕生日が射程圏内だ、ということで何を希望するのかを聞きに行くという目的で「トイザらス」へ。

 

 

・自宅からほどよい距離にあり、それなりに時間が潰せる。

・走ることはなくとも、ずっと座っているだけということもない。

・店舗内なので安全度は高い。

 

 

ということで、トイザらスへGO!!

 

 

【駐車場編】

 

いきなり鬼門である。できることなら入口近くに駐車して、長男次男に手をつながせ、注意喚起しながら"ちょっとだけ"歩かせて、双子を両脇に抱えて駆け込みたかった。しかし混雑。入口から結構距離のあるところにしか止められない。

 

面倒なことに、隣に駐車している親子が車中でソフトクリームを食している。これは面倒なことになるので見せないようにしなければと思うが早いか「見て、あの白いのなに?きっと冷たいよ」という子どもたちの声。できることは一つしかない。無視。

 

車を止めて、二列目の双子に靴下と靴を履かせる。三列目から長男次男を二列目に召喚し、降ろす。二列目奥に座る三男のベルトを外し、二列目通路で自由にさせている間に、手前にいる四男のベルトを外す。双子それぞれと手をつなぎ、長男次男に手をつながせもう一方の手を(横断歩道を渡るときのように)手を上げさせる。

 

なぜ手を上げるのかに対しての執拗な質問は、無視。なんてすることはなく、運転手から見たとき、まだ小さい子どもたちのことが見えないことがあるので上げた方が安全なんだと説明。「ふーん」と納得してくれた模様。そこで長男から「でも、パパと一緒に歩いているから大丈夫じゃない?」とか「車もいろいろな高さがあるから見えないひとばっかりじゃないよね」と言うので、無視。

 

駐車場からトイザらス入口までの半分くらいのところで、見てはいけないものを見てしまう。左手側で歩く四男の右足に靴。左足は靴下。振り返れば奴がいるかなと思ってみたけど、ない。男児四人を引き連れ車に戻る。あぁ・・・まだ隣の車中ではソフトクリーム。なかったことにして、車を見ると二列目に靴を発見。三男を二列目にあげ、続いて四男を上げたところで靴を履かせ、四男と三男を降ろす。そしてさっき半分まで行って帰ってきた道を改めて進む。やっと入口に。

 

【店内編】

 

店内に入るか入らないかというところで次男が興奮とともにダッシュ。それに気が付いた長男がロケットダッシュ。両手をそれぞれ双子とつないでいる僕は、「あっ、来る場所ミスったかもしれない」と不安になる。ひとりは左側、もうひとりは右側。左側の行った方が、「あっ、あっちは右側に行ったのか!じゃあ、俺も!!」という脳内で響く言葉が見えるかの如く走っていく。

 

しかし、せっかくここまで来たのだから、"ワンオペトイザらス"、やってみようじゃありませんか。勇気を持って両手を双子から話してみる。四男は長男次男を追いかけダッシュ。そして三男は。

 

見つけてしまったアンパンマン。でも、そこは結構遠い。というかむしろ最後にたどり着く場所。完全にあっちの世界に目が釘付け、足も向かおうとするかというところで抱えて三人を追う。三男がイナバウるかと思いきや、ニコニコしているので、キャッチ&リリースしてみると三人を追う。

 

通路中央には、サンプルで遊べる玩具。そこに群がる子どもたち。よく見てみると、工藤家長男、工藤家次男、工藤家三男・四男(双子)が占拠。他の子どもを寄せ付けないほど、サンプルの玩具に子どもたちが群がっているように見える。ひそひそ何か聞こえてくる。いつものことだが、「双子ちゃん?」「四人?」「全部男の子?」といったもので、全部当たり。

 

次男が何かに気が付く。恐竜シリーズ。恐竜になるために日々修行している次男が群れから離れる。彼は群れの意味、群れから離れることの危険を知らない。知らないからこそリスクを冒せる。リスクを冒したものだけが見られる景色があるのかもしれない。これで他の三人が付いて行ってくれるといいのだけれど、残念ながら四男だけが付いていく。長男は(たぶん)エグゼイド、キューレンジャー関連商品を探しているに違いない。三男はよくわからない。

 

困ったことに、次男と四男を見られる場所からは、長男と三男が死角になってしまう。トイザらスは、通路を形成する玩具置き場の目線が高いため、鳥の目が効かず、虫の目で子どもたちを見ないといけない。周辺視野が効かない。ので、時折、通路から通路を移動するウチの子どもたちを周辺視野で捉えるも、それだけでは負えないので焦点追尾が発動する。視点が取られた隙に他の子どもが動くため、いくら首を振って、子どもたちがもっとも視野に入るポジションを取っても限界がある。

 

双子は小さ過ぎてまだ言葉を理解し、自らの行動に反映させることが難しい。。次男はファンタジスタ過ぎる。受け取った言葉をファンタジスティックに解釈されるので予想がつかない。やはり、真面目くん長男からだ。長男に声をかける。

 

この時、かけるべき内容は重要だ。単純に来いというものや、みんながバラバラだから集まれでは駄目だ。そう、いつものアレだ。「お前が最初に行動をするとみんなついてくる。申し訳ないが長男であるお前の力を貸してくれないか」。

 

 

長男が仲間になった。

 

 

双子のひとりがボールコーナーにハマっている。長男にいてもらう。それだけで十分だ。僕はもうひとりの双子を探す。探すといってもだいたいあたりはついている。いた!なんかキラキラしたものを眺めている。知らないひとが見たら30代か40代くらいで170から180cmくらいの男性が後ろから急に子どもを抱えて逃走したと勘違いするかもしれない。背後から一瞬で。

 

抱えた三男、長男に手を引かれた四男、このパーティーでファンタジスタを探す旅に出る。ここらへんじゃないかと言ってみるといない。すぐ隣の通路も確認したいが、双子は急に動けない。玩具に囲まれ、玩具が魅力的にプロデュースされた場所で、ストイックに動いてくれる子どもはどれくらいいるだろうか。一事が万事。四人のパーティーが一糸乱れぬよう配慮、気遣い、声掛けを繰り返しながら移動する。

 

「いた!」長男の声。

 

続いて四男も「いた!」と叫ぶ。

 

なぜか何も見えていない僕の腕に抱えられた三男も「いた!」。いや、そこからは見えねーし、とか思いつつ長男の視線の先。

 

「いた!」

 

ファンタジスタ次男、さすがにファンタジスタだ。ファンタジスタらいし場所に、ファンタジスタっぽくいるのかと予想していたら、しっかりそれを裏切り、第一目標であったLEGOシリーズのところで、自らの誕生日プレゼントにふさわしい商品を選んでいる。さすがファンタジスタ。目標への最短距離を歩むことすら、ファンタジスタとしての行動になってします。凡人にはわからない世界だ。

 

こんなことを繰り返しながら、ワンオペトイザらスは終わりを迎える。長男は誕生日にほしいものにブレがないことを確認。次男はブレブレのあげく、どう見ても長男がほしいものを言いくるめられて買うことになっている。三男もたくさんの玩具、特にアンパンマンと触れ合えたようだ。そして、最後に四男。その手に持っている知育玩具?の一片は、いつどこから持ってきたのだろうか・・・聞いても答えてくれな。取り上げるとイナバウアー。

 

現場からは以上です。

 

 

 

追記:ワンオペトイザらス後に帰宅する予定も、夕飯を買っていくことになり、ここからスーパーへ。ワンオペスーパーが始まる(こっちの方が大変だった噂も・・・)

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップへ