200124.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

山羊座TGC期には、山羊座の支配パーツである、「皮膚」「歯」「骨」「関節」のケアが有効となりますが、

 

中でも皮膚のお手入れとは、五感のうち、「触覚(しょっかく)」の研磨につながると言えそうです

 

 

“スキン・シップ”という言葉がある通り、わたし達は、特に赤ちゃん~幼少期にかけて、

 

両親や身近な人からやさしく触れられることは、心身の健全な発達には欠かせません

 

 

赤ちゃんは、「自分自身がここに存在している」という感覚を、日々、触覚より得ていると言っても、過言ではないはずです

 

 

我らがkeikoさんの著書にも、

『カラダを可愛がることは、恋人を引き寄せる近道』との名言がございますが、

 

 

“皮膚感覚”とは、すなわち、

 

 

どれだけ、両親や身内をはじめとする、“人から愛を与えられたか”

 

自分自身に、どれ程、“他人からの愛を受け容れるだけの度量があるか”

 

 

などを示す、「自己認識」につながり、

 

 

ボディーマッサージなどで日々、みずからの心身をいたわることで、

 

自己認識の度合いを引き上げ、

「受け取り許可」「自己受容」の容量をもUPさせることができるのではないでしょうか

 

 

まさに、「肉体ありき」である、我らが人生。

 

どんなに崇高な魂であっても、容れ物である肉体が正常に働いてくれないことには、正常に機能させることはできません

 

 

改めまして、肉体からのどんなメッセージも逃さぬよう、

注意深く、丁寧に毎日を過ごしてゆきたいですね

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお届けして参ります

 

 

1月24日 22:20 月は山羊座から水瓶座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「専門店ならではのクオリティを味わいたい」とありますが、

 

これは、「プロフェッショナル」を意味する山羊座にふさわしいアドバイスです。

 

 

Q、keikoさんの著書にはよく、「たんぽぽティー」の記載が見られますが、

 

keikoさんは、コーヒーは飲まれないのでしょうか

教えてください

 

 

『飲むことは飲むのですが、実は、ストレートでいただくことがあまり得意ではなく…。

なので、カフェ・オ・レや、カプチーノ、ウィンナ・コーヒーのいづれかにしていただくことがほとんどなのデス

 

たんぽぽティーは、体を芯から温めてくれる陽性のお茶なので、

山羊座TGC期にはもちろん、いつの時期にもオススメですよん

 

 

なるほどっ。

 

 

心安らぐティータイムへと、

是非ともたんぽぽティーという習慣を取り入れたい、山羊座木星期でございます

 

 

この時期には、ホッとひと息つける時間を確保し、

 

心身を癒してまいりましょう