200118.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

1月18日は、「土用(どよう)入り」ですね

 

 

土用とは、「土旺用事(どおうようじ)」の略で、

 

文字通り、「土の気が旺盛になる作用を用いる」べき、期間のこと

 

 

中国で考案された陰陽五行説において、

春夏秋冬をそれぞれ、木気・火気・金気・水気に当てはめ、

 

残る土気を、四立(しりゅう)である立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間としました

 

 

よって、ウナギを堂々といただける夏土用以外にも、各季節ごとに土用は存在し、

 

そんな、「次の季節までの移行期間」を、土気が担ってくれています

 

 

土気に期待される何よりの働きとは、「季節のスムーズな循環」。

 

万物を生み出し、また、万物が還る場所である大地の作用、そのままに、

 

衰えゆくエネルギーと盛んになるエネルギー両方の動きを助け、

その相互作用をすみやかに吸収・沈静化させること

 

 

これは、「万物は絶えず流転する」=「変わりゆくことこそが正常」とされる、五行の真髄とも云える概念であります。

 

どんなに春の桜が美しくとも、桜が延々と咲き続けることは、

“変化すること”が常である地球にとっては、“不自然なこと”、なのですよね

 

 

冬土用は、2月3日の月曜・「節分」に土用明けとなり、その翌日、立春を迎えます

 

晩冬の期間も、残すところ、あと、わずか。

 

早くも初春と呼ばれる時節が近付いてきております

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお届けして参ります

 

 

1月18日 3:20 月は天秤座から蠍座へ移動

 

 

ダイアリーには、

「身近な人からのアドバイスは耳を傾ける価値あり」とありますが、

 

これは、「人との調和」を司る天秤座にも、「物事の“裏側まで見る”」ことがラッキーである蠍座にも相当するアドバイスです。

 

 

Q、人からの言葉が宇宙メッセージである場合と、気にしない方がよい場合との見分け方のポイントの違いを、

 

keikoさん、教えてください

 

 

『宇宙メッセージの場合、“ハッとする”“腑に落ちる”感覚があること。

+α、同じことを繰り返し目にする・耳にする場合も、そうですね

 

気にしなくてよいのは、誰かを批判・攻撃するような内容

愚痴や悪口・噂話など。

口にする言葉も、波動の高いものを選び取っていきましょうネ

 

 

なるほどっ。

 

 

耳が痛いと感じる忠告は真摯に受け止めながらも、

みずからが発する言葉へは、より慎重になる必要があるのですね

 

 

この時期には、人と対話する姿勢を大切に、

 

言霊の作用を軽んじることなく、まいりましょう