200116.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

陰暦1月には「子日月(ねのひづき)」との異称があるのだそうですが、

 

“子(ね)”と言えば、本年2020年の干支(えと)である、“ネズミ”であります

 

 

ちなみに、本来の干支とは、

古代中国で考案された、「十干十二支(じっかんじゅうにし)」という、「60」をワン・サイクルとする数の数え方のこと

 

よって、十干十二支で2020年を正式に言い表せば、「庚子(かのえね」の年、となり、

 

現代の日本では、「十干(じっかん)」は省略され、十二支の名称のみが使用されています。

 

 

さて、日本において、ネズミと言えば

 

神道においては、出雲大社などの祭神で知られる、「大国主命(おおくにぬしのみこと)」、

 

仏教においては、「大黒天(だいこくてん)」と関わりの深い神獣として知られておりますよね

 

 

大国主命の危機を助け、大黒様が鎮座される“米俵”との関連性などから、

 

ネズミのスピリチュアル的なキーワードとは、「子孫繁栄(=子宝)」「勤勉さ」「賢さ」「豊穣」など

 

 

また、上記以外でも、「子」が指し示すキーワードには、

 

 

時間では、「23時~1時」の「夜半」

 

方角では、「北」

 

陰陽では、「陽」

 

五行では、「水気」

 

など

 

 

そして、「子」は「孳(じ)」という字に通じ

 

「産み出す」「茂(しげ)る」「量が増える」「こまめに働く」などの意味があるのだそうで、

 

「孳(じ)」の本義とは、「陽気が活発に動き出そうとする」はたらきのこと

 

 

このMに唯一ありました知識はと言えば、ネズミは、十二支の「いちばん」であること

 

ともあれ、2020年は山羊座TGC期ともあいまって、

何やらとても賑やかで楽しい運気となりそうですね

 

 

新しい動きや気運に満ち溢れた本年、

 

改めまして、ネズミちゃんのように、“忠実忠実(まめまめ)しく”、まいりましょう

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお届けして参ります

 

 

1月16日 0:43 月は乙女座から天秤座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「クローゼットの点検を。2年間着ていないものは迷わず処分」とありますが、

 

これは、「整理・整頓」を得意とする乙女座にも、「お洒落」が要である天秤座にも相当するアドバイスです。

 

 

Q、keikoさんが衣服を購入する際のスタンスやポイントを、教えてください

 

 

『実は、何が欲しいなどと、あらかじめ考えてから物を買うことはあまりナイのです

見かけて、ピンときた物は、たいてい買ってしまいます(笑)

行き当たりばったりです、ハイ

 

 

なるほどっ。そうなのですねっ。

 

 

タイミング力がきっと抜群であろうkeikoさん

 

+α、物を選ばれる際の基準が、「五感に心地よいもの」などと決めておられること。

 

および、「ピンとくるアクションを起こす」までのサイクルが短く速いことも、

きっと強運であることの要因かと存じます

 

 

この時期には、断捨離にて、“スペース作り”に励みながら、

 

目の前の物事に丁寧に向き合ってまいりましょう