200102.png


2020年、明けましておめでとうございます

 

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

新年、最初の本ブログでは、12星座のトップバッターである牡羊座への月移動をお伝えいたします。

 

年末年始、このように首尾よく月サイクルが進んでおりますこと、

 

まさに山羊座木星期の山羊座月間のなせるワザ、といったところでしょうか

 

 

改めまして、本年のメインイベントである山羊座TGC期の概要をおさらいしておきますと、

 

昨年12月3日、天空一のラッキースター・木星が山羊座へと移動したことで、

 

お先に山羊座入りしていた土星・冥王星とコンジャンクション。

 

 

我らがkeiko的Lunalogyにおいて開運の基本である“木星のサイン移動”のみならず、

 

土星・冥王星という2大巨頭までもが山羊座というひとつのサインに集うことから、

 

 

「山羊座木星期」あらため、「山羊座トリプル・グレート・コンジャンクション期」と銘打ち、

 

現代を生きる誰もにとってターニングポイントとなるであろう、この時の把握に努めようとしております

 

 

ちなみに、土星がホームである山羊座へと帰還したのは、2017年12月20日より。

 

「天空の覇者」・冥王星の山羊座入りは、2008年11月27日から。

 

 

そして、ひとつのサインに約2年半滞在する土星は、早くも本年の12月17日には水瓶座へ移動。

 

一方、ひとつのサインに約12年~32年滞在する冥王星の次のサイン移動は、2023年。

 

 

約1年ごとにサイン移動を繰り返す木星の移動も本年12月19日ということで、

 

今年の12月とは、月星座・水瓶座の皆さまにとっての大きなターニングポイントも巡ってくると見え、

 

今後も天空の惑星たちの動きからは目が離せませんっ。

 

 

ともあれ、keiko的Lunalogyにおいて最も基本中の基本となるのは、やはり、月。

 

自分自身の月星座と共に、日々の月が滞在するサインの特徴とを交えた開運行動をとること。

 

 

『月はツキ』。

 

こちらの概念こそを土台とし、本年もkeikoさん直伝による開運アドバイスを元気にお伝えして参ります

 

 

それではさっそく、“初訊き”へとまいりましょう

 

 

1月2日 13:00 月は魚座から牡羊座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「この日、早朝の初詣は究極の引き寄せに」とありますが、

 

これは、「いちばん」「早朝」を司る牡羊座×「神社参拝」がラッキーである山羊座に根差したアドバイスです。

 

 

Q、2020年、最初のアドバイスとなりますが、

 

ズバリ・今年もっとも念頭に置いておきたい開運ワードを一語、

我らがkeikoさん、お願いいたします―

 

 

『“土台作り”。この一語に尽きます

牡羊座が担う自分軸×山羊座が築き上げる社会生活、どちらが欠けても、強固な土台は作れない。

 

山羊座が作り上げる土台とは、実は単なる個人的な願望達成を支えるものではなく、

あなたを支えてきてくれた家族や友人、そして、まだ見ぬもっと広い範囲の人々をも幸せへと導くようなこと

 

もちろん、そのためには、まずはあなた自身が自分を大切にするところから始めること。

=あなたの本質である月星座力を磨き、究めることがスタートであり、人生のゴールでもあるはず

 

 

なるほどっ。

 

 

「One for all、all for One」

 

山羊座が掲げ、捧げた信念や努力が、

次なるサインである水瓶座のネットワーク・コミュニティー作りへと繋がってゆきます

 

 

本年も、ひとえに読者の皆さま方の山羊座TGC期の成功と躍進を願いながら、

 

keiko的Lunalogy運営スタッフ一同、子年にかけまして、“チュ~義”(=「忠義」)を尽くしてまいります

 

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。