191231.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

本年、最後となる記事を締めくくってくれる月星座は、

 

「結び」にふさわしい、魚座となりました

 

 

わずか4週間前に幕を開けたばかりという山羊座TGC期ですが、

 

いやはや、既にすさまじい山羊座的・空気感がひしひしと感じられ、

 

まるで、歴史ある古い廊下のきしむ音が静けさの中、ハッキリと聴こえてくるかのような、

 

物々しくも、何やらムクムクと嬉しい野心が目覚めてくるような雰囲気が、辺りに立ち込めておりますよねっ。

 

 

「拡大と発展」がキーワードであったジュピターイヤーに続く山羊座木星期とは、

 

今後30年の土台となる貴重な1年間。

 

例えるならば、「格上げと決断」の1年であると、言えないでしょうか

 

 

決断の「断」には、このような意味合いがあるのだそうです。

 

 

きっぱりと決める

 

ことわる

 

やめる

 

切り分ける

 

思いきる

 

 

まさに、山羊座にふさわしい語が並んでおり、身の引き締まる思いがいたします

 

 

また、我らがkeikoさんの名言にも、このようなものがございました。

 

 

『変化したいなら、手放すこと』

 

 

要らないものを明確にし、身軽になって、次のステージへと進むこと。

 

より良いものを受け取り続けるために、スペースを作り続けること。

 

 

すなわち、これこそが、「変化し続ける」ということであり、

 

いつ、どんな方向に変化を起こしてゆけばよいのかを示す指針こそが、

 

我らが、keiko的Lunalogy”―

 

 

2日半ごとに軽やかに歩みを進めてゆく月と、歩調を合わすこと。

 

その他、9天体と月が織りなす宇宙メッセージをひも解きながら、ツキのありかを明確にすること。

 

 

そして、太陽系最大のラッキースター・木星の追い風を巧みに利用し、

 

木星的・大らかさと強運を当たり前としながら、

 

有限である人生を、限りなく自由に謳歌してまいりましょう

 

 

それでは、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお伝えして参ります

 

 

12月31日 0:41 月は水瓶座から魚座へ移動

 

 

ダイアリーには、

「バスソルトをたっぷり入れて、極上のバスタイムを満喫」とありますが、

 

まさに、大みそかに最適なアドバイスです

 

 

Q、keikoさんお気に入りのバスタイムの過ごし方を教えてください

 

 

『キャンドルをたーくさん灯して入浴するのが大好きです

火と水という正反対の性質の融合がまた、なんとも言えず幻想的で…。

 

冷え込みもいっそう厳しくなってきたので、

温かくして年末年始をお過ごしくださいネ

 

 

皆さま、本年も本ブログをご愛読くださり、誠にありがとうございました

 

 

2020年も、ひとえに皆さまのご開運と発展を願いながら、

 

月星座と歩みを共にしてまいります。

 

 

 

凛とした山羊座月間ながら、

 

どうぞ穏やかな新年をお迎えください