191203.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

12月2日~6日は、二十四節気・小雪(しょうせつ)の末候に当たる、

 

「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」の時節となりますね

 

 

文字通り、「タチバナの実が黄色く色づく」頃。

 

タチバナは日本原産の野生みかんなのだそうで、

 

静岡県は沼津市を北限とした、本州・四国・九州地方のおもに海岸沿いに自生します

 

 

日本の冬を彩る“みかん文化”ですが、残念ながら、タチバナの実はとても酸っぱく、

 

そのため、実はジャムや果実酒などに加工されることがほとんど。

 

 

それよりも、タチバナの木は「常緑」=「永遠を象徴させる」ことから、古くより縁起の良い木として尊ばれ、

 

よって、タチバナの葉と実をモチーフとした橘紋(たちばなもん)は日本を代表する10大家紋として数えられているほど、

武家をはじめとする多くの家々で使用が好まれました

 

 

また、家紋以外でも、タチバナは歴史的に著名である4家の姓としても名高く、

 

源(みなもと)・平(たいら)・藤原(ふじわら)・橘(たちばな)という「四姓(しせい)」は、とても有名ですよね

 

 

確かに、多くの木々が紅葉した後、枯れ果て、散ってゆく…という折、

 

寒気の中、青々とした葉を保ち、しかも結実まで成し遂げてしまうタチバナの木。

 

古代の人々が恐れをなし、神聖視したことも、うなづけますよね

 

 

タチバナの花言葉は、「追憶」。

 

悠久の昔より変わらぬ海風にさらされながらも希少な種を守り続けるタチバナの木々たちは、

 

移ろいゆく日本の風景をどう見ているのでしょうか

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

12月3日 16:10 月は水瓶座から魚座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「水瓶座の月のもと迎えるTGC期は、新たな時代の幕開け」とありますが、

 

ついにこの日より、山羊座木星期が始まります

 

 

Q、ズバリ、山羊座TGC期の特徴を、

 

keikoさん、一言で言い表してください

 

 

『マクロレベルでは、“常識が変わる”。

そしてミクロレベルでは、“人生の基盤が出来上がる”年。

 

2020年の1年間で築き上げたものが、今後30年間、あなたを支えるベースになるということ

だからこそ、しっかりとした信念に基づいた、頑丈な土台を作り上げないとっ。

 

1年ごとに滞在するサインを変える木星の大いなる追い風は利用しながらも、

2020年に計画・継続・蓄積したものが、あなたの未来を大きく変える可能性をはらんでいるということを忘れずに

 

 

なるほどっ。

 

 

「常識」「ルール」「しきたり」を重んじる山羊座上で大きな動きが起こる時。

 

わたし達もまた、宇宙に合わせ、固定概念を柔軟に変えてゆかねばなりません

 

 

この時期には、時運の変わり目を意識しながら、

 

思い込みや恐怖をどんどんと手放してまいりましょう

 

 

TGCがついに到来!

待ちに待った天体の特大イベントがついにやって来ました!

とてつもない宇宙パワーがふり注ぐ、この世界的なスペシャルアスペクトは、あなた個人に多大なる影響を与えます。

あなたの生活を180度変えてしまうような大きな金脈を引き寄せたり、一生の人脈を引き寄せたり、ソウルメイトと出会ったり。
さあ、TGC期にあなたが何を引き寄せるのかを詳しくお伝え出来る時がやってきました。

具体的には次の2つ!

・あなたのリッチマインドを最大化させるTGC専用金脈引き寄せ17項目
・あなたの月星座と共鳴し、TGCのパワーを最大化させる3つのアクション

今すぐ私からのメッセージをお受け取りくださいね。