191201.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

新しい月へと入りますね

 

 

今月のメインイベントは何と言っても、3日・木星の山羊座入り

 

 

太陽系最大のラッキースターである木星がサイン移動をし、

 

ひと足先に山羊座入りしていた土星&冥王星とコンジャンクションいたします

 

 

よって、2020年は単なる「山羊座木星期」というだけではない、「トリプル・グレート・コンジャンクション」が起こることで、

 

木星的・「世のトレンド」×土星的・「時代をつくる」×冥王星的・「破壊と再生」という、

それぞれのエネルギーがかけ合わさることにより、

 

 

起こりうることとして、

 

 

社会構造の大きな変化・大胆な改革

 

日本の伝統的なしきたりや文化が世界から注目を浴びる

 

 

ことなどが予想され、

 

そして何より、わたし達個人ひとり一人が担うべき課題として、

 

 

※※今後30年間にわたる、自分自身の人生の土台づくり※※

 

 

が、挙げられるのですっ。

 

 

=自分自身の人生を根底から支える「基礎」「いしずえ」を築く年になるということで、

 

これまでの射手座木星期のような、『ヒャッホウ』『レッツゴー』というような軽快なイメージとはかなり異なり、

 

お気楽者であるこのMですら、若干の緊張感をともなっております

 

 

しかしながら、我らがkeiko的Lunalogyにおける、

 

 

毎月の新月・満月のテーマを“あらかじめ”知っておく

 

日々の月星座にならった開運行動をとる

 

 

ことで、時運を先取りしながら、

 

 

山羊座の性質を活かした“幸運予約”を“習慣化”し、

 

「ステイタス」「社会的最終目標」「ライフワーク」を司る山羊座木星期に、

最上の結果を遺してまいりましょう

 

 

それでは本月も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝による開運アクションを元気にお伝えして参ります

 

 

12月1日 5:13 月は山羊座から水瓶座へ移動

 

 

ダイアリーには、

「夜空を見上げ、宇宙を感じてみる」とありますが、

 

これはまさしく、宇宙ともっとも繋がりの深い水瓶座に根差したアドバイスです。

 

 

Q、射手座新月の後、すぐに始まる山羊座TGC期ですが、

 

この時期にいちばん心がけるべき開運アクションやスタンスを、

 keikoさん、教えてください

 

 

『惑星がサインを変える瞬間のエネルギーって、実にキョーレツ

今ならば、やはり射手座で新月を迎えた27日~木星が移動する3日までの6日間が、最もその恩恵にあずかれる

 

この間に何かしら、種蒔きをしておくこと。

そうすれば、山羊座TGC期中に花は咲き、結実させることができるから

 

もちろんこの間、最後のちからを振り絞ろうとする射手座木星に便乗して、大きな賭けに出ることもGOODよ

 

 

なるほどっ。

 

 

ジュピターイヤーと山羊座TGC期の橋渡し役である射手座新月は、まさに、「スムーズな引継ぎ」が叶うという、

 

太っ腹な射手座らしい、とても理想的な新月図でした

 

 

 

この時期には、ホームである射手座から旅立つ木星と歩調を合わせながら、

 

新たな目的地・山羊座の大地へと思いを馳せましょう