月別アーカイブ / 2019年07月

190731.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

早くも、今月のラストを告げる本ブログ更新となりましたが、

 

皆さまにとって、この蟹座月間は、どのような月となりましたでしょうか

 

 

本来であれば、まったり・ゆったりとした雰囲気が特徴である、とても家庭的で和やかな蟹座月間ながら、

 

衝撃的な日食&月食の流れがあったりなど、

宇宙からの強制終了や大変容を受け入れざるを得なかった皆さまもおられるかと存じます

 

 

また、この7月より、いよいよ2019年も後半へと突入いたしましたが、

 

皆さまのジュピターイヤーの進み具合は、いかがなものでしょうか

 

 

わたくし事ながら、このMにおいては、

 

ジュピターイヤーにおけるラッキースタンスであります、

 

「未知の物事」に焦点を絞り、

なるたけ、どんなちいさな物事に対しても、「より新しい方」「未経験の方」を選択するように心掛けております

 

他にも、「ランクUP」「レベルUP」の言葉を胸に、「より値段の高い方」「より努力のしがいがありそうな方」を見極め、挑戦いたしております

 

 

すると、keikoさんがおっしゃられておりますように、

 

確かに、「視野の拡大」「可動域の拡大」が起こっており、

 

その上、棚ぼたイヤーの名にふさわしいラッキーにもよく恵まれるようになり、

 

本当に、人生に対し感じる幸福度がバージョンUPしたように思われます

 

 

時おり、新月・満月のパワーウィッシュを書き逃してしまうわたくしでもこうなのですから、

 

真摯なパワーウィッシャーであられる皆さま方は、さらなる飛躍に恵まれておられるのではないかと、心躍らせている次第であります

 

 

夏休みシーズン真っ只中である現在、

 

来月からは、まさに、「生きる歓び」「楽しみ」、そして、燃える太陽をルーラーに持つ、華やかな獅子座月間が始まります

 

 

月星座がもたらしてくれるツキのパワーを存分に利用しつつ、

 

やはり、太陽の季節、陽気も全身に浴びながら、

 

来たる新たな月も謳歌してまいりましょう

 

keiko的Lunalogy運営スタッフ一同、皆さま方のますますのご発展・ご活躍を、心よりお祈りいたしております

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

7月31日 22:18 月は蟹座から獅子座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「ミルク色のニットで心穏やかに過ごしたい」とありますが、

 

これは、やさしく女性らしい魅力にあふれた蟹座に根差したアドバイスです。

 

 

Q、月星座・蟹座さんや、蟹座デーにふさわしい夏ファッションを、

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

 

『この時期にピッタリなものということで、マキシ丈のふんわりとしたシルエットのスカートなんて、どうかしら

涼し気だし、夏ならではなファッションなので

季節感を存分に味わうことも、月星座力を強化できる重要アクションのひとつなのよ

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

また、蟹座デーには、お家時間を充実させることや、お料理に精を出すことも、ラッキーアクションでしたね

 

まさに体調を整えるべく、じっくりと休養をとられることも良いかと存じます

 

 

この時期には、新たな月へと備えながら、

 

心安らぐひとときを確保してまいりましょう

190729.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

7月28日~8月1日は、二十四節気・大暑(たいしょ)の次候に当たる、

 

「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」の時節となりますね

 

 

これは、「夏の熱気が身体にまとわりつく」頃のこと。

 

湿気が多く蒸し暑いことを「溽暑(じょくしょ)」と言うのだそうで、

 この溽暑とは、陰暦6月の異称でもあるのだそう

 

 陰暦の6月を今現在の新暦に換算してみますと、ちょうど、7月3日~7月いっぱい頃に当たるため、

まさに、今、この時にふさわしい時節であります

 

 

夏になると、一斉に生えてくる夏草や、時々降る夕立などで、

 

土や草木の緑のムッとする匂いが辺りに立ち込め、これぞ、夏の香りだと実感いたしますよね

 

 

そんな、夏草の茂みから生じるムッとした熱気のことを、「草熱れ(くさいきれ)」と言うのだそうで、

 

俳句の世界では、草いきれは夏の季語となっています

 

 

夏草ほか、真夏に生きる植物たちは、強い直射日光で温められた自分自身の温度を下げるため、

 

自らの水分を蒸発させる、「蒸散(じょうさん)」という活動を積極的に行います

 

 

蒸散は主に、地上に出ている葉の裏側で行う植物が多いため、行う程に、からだ上部の水分が不足してしまいます

 

すると今度は、土の中の根より水分を引き上げてからだ全体に行き渡らせ、全体の水分量のバランスをとろうとします。

 

この蒸散の結果、土表面に集まった水分により土が潤い、植物の周りの湿度が高くなるために、人が夏草に近付くと、あの独特なムッとした湿気を感じるのだそうです

 

あの湿気とは、植物の生命力、そのものだったのですね

何だか、とても感動してしまいます

また、あの匂いとは、特に幼い頃の夏の記憶のイメージ、そのものではないでしょうか

 

 

万物が暑さのもと、懸命にいのちを燃やす夏。

 

湧き上がる熱気を、どこへどう費やし、わたしたちは今夏、何を築いてゆけるでしょうか

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

7月29日 20:31 月は双子座から蟹座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「今日はまず、TO DOリストを作ることから」とありますが、

 

これは、「テンポ良く」進んでゆきたい双子座デーに根差したアドバイスです。

 

 

Q、keikoさんが心掛けておられる、双子座デーの過ごし方とは、何かありますか

 

どうぞ教えてください

 

 

『月が双子座にある日には、歩くことを心掛けています

歩いていると、眺める景色や流れてくる音楽、聞こえてくる会話などから、けっこう情報が入って来やすいの

また、歩くことは単純に脳への刺激にもなるから、あらゆる方面から物事を総合的に活性化できる、簡単おすすめアクションよ

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

こういった単純な物事の中に、重要なヒントや真実が隠されているのですね

 

いつも本当に、勉強になります

 

 

この時期には、フットワーク良く動きながら、

 

身の回りの景色に注意深くありましょう

 

 


190727.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

食養生の世界には、「夏は酸味(さんみ)」という言葉がありますね

 

これは文字通り、「暑い夏には、酸っぱい食べ物を摂ろう」という意味です

 

 

五感のひとつである味覚は、基本的には、「五味(ごみ)」と呼ばれる五つに分類されるのだそうで、

 

その五つが、「酸味・苦味・甘味・辛味・塩味」。

 

 

そして、五味はそれぞれ、五つの臓器に相対しているのだそうで、

 

夏に摂るべきと推奨される酸味は、「肝臓」を癒やす効果があるのだそうです

 

 

肝臓は、人体でもっとも大きく、重く、高温な臓器なのだそうで、 

その働きも、判明しているものだけでもゆうに500は越えるというので、驚きです

 

主なものとは、以下の2つ。

 

 

食べ物から採った栄養分を効率的に使えるように体の各部分へ貯蔵・供給する

 

脂肪分や老廃物ほか、アルコールや薬の成分を無毒化し、体の外へと排出する

 

 

これら、わたしたちの体の「代謝」と「解毒」の働きを担ってくれています

 

 

そんな肝臓を助ける酸っぱいものには、内臓の熱を鎮め、脱水や下痢の症状を緩和させる作用があり、

 

また、酸味は塩味とともに、体を潤す効果もあるため、夏の身体の火照りや水分不足を予防できます

 

 

そして、「夏バテ」とひと口に言えども、その症状は人により様々ながら、

 

これも主には、以下の3つが原因と言われています。

 

 

冷たい食べ物の摂り過ぎによる内臓機能の低下

 

屋外と屋内の気温差による自律神経の乱れ

 

暑気による疲労からくる食欲不振・体力や気力の低下

 

 

 上記のような症状に見舞われた際でも、あまり冷やし過ぎない酸っぱい食べ物を適度に摂ることで、

 

体に溜まった疲労物質を排出し、水分やエネルギー代謝を良くすることで体の機能を高められ、

 

結果、へは、かなりの対策になるのではないかと存じます

 

 

そんな酸味をよく含んだ代表的な食品がこちら

 

酢・みかんやレモンなどの柑橘類・梅・すもも・桃・ビワ・林檎・ブリなど。

 

 

中でも酢は、その優れた殺菌作用から食材の傷みや食中毒を防ぎ、胃酸の分泌を助けるほか、身体全体の疲労回復効果も期待できます

 

 

ちなみに、夏以外の季節への言葉は、こちら。

 

「春は苦味・秋は辛味・冬は油と合点して食え。」

 

 

そして、冷たい食べ物と同様、甘い物の採り過ぎは、腎臓の働きを阻害し、身体の冷えとむくみに繋がります

 

また、陰気が強まり、気力が衰退してしまう要因とも

 

 

せっかくの、楽しい夏休みシーズン。

 

身体の欲求にばかり応えるのではなく、心の欲求に振り回されるのでもなく、

 

心身が互いに上手く機能し合えるよう調整をし、バランスをとってゆきたいですね

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

7月27日 15:29 月は牡牛座から双子座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「週末、以前読んだ本をもう一度ひもといてみる」とありますが、

 

これは、月が「勉強好き」である双子座に移るタイミングであり、

 

そんな双子座のルーラーである水星が逆行しているという現在にふさわしいアドバイスです。

 

 

Q、keikoさんが最近気になっているジャンルの本とは、一体どういったものですか(Q1)

 

多くのファンの皆様に向け、どうぞ教えてください

 

 

『最近気になっている本と言えば、ミッシェル・オバマの著書。

すごく読んでみたいわ

ただ、残念ながら、じっくりと読書にいそしめる時間があまりないのだけれどもね

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

読書というよりも、本の執筆の方にお忙しいkeikoさんっ。

是非とも、夏休みを取られたならば、ゆっくりと読書を満喫されてくださいね

 

 

それにしても、今現在、keikoさんがもっとも読みたい本というのが、

前アメリカ大統領夫人であるミッシェル・オバマさんの本だとは

 

ミッシェル・オバマさんと言えば、アメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人のファーストレディであり、

かなりの家族愛(特に娘さん方への愛情深さ)の人としても有名ですよね

 

 

今年はジュピターイヤーとあって、海外にまつわる本を読むことは大ラッキーですし、

keikoさんがもっとも読みたい本を読んでみるということも、とても楽しそうです

 

 

この時期には、学びに対し、積極的に心を開きながら、

 

日々の生活習慣も見直してまいりましょう

 

 



↑このページのトップへ