月別アーカイブ / 2019年02月

190228.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

この週末・日曜日は、桃の節句である「ひな祭り」ですね

3月3日に「女の子の健やかな成長を願う日」として定着しているこのひな祭り。

起源は、古代中国の「上巳節(じょうしせつ)」にあるのだそうで

上巳とは、3月最初の「巳(み)の日」のこと。


「節」とは中国の暦法で定められた季節上の節目のことで、

古代中国ではこの日、川で禊(みそぎ)をして心身を清めた後に宴会を催す習わしがあったのだそう

これが平安時代に日本へと伝わり、その当時、宮中にて流行していた「ひいな遊び」(=紙製の人形を使ってするままごと遊び)と結びつき、「流し雛」へと発展

やがて、人形作りの技術が発達すると、雛人形は流すものから飾るものへと変化し、上流階級の間では嫁入り道具に豪華な雛人形を持たせるまでに流行しました

 

そして江戸時代に入り、幕府によって上巳の節句が正式な五節句のひとつとして定められると、江戸の武家社会にもこの文化が浸透し、

徐々に庶民の間にも定着していったとされています


また、ひな祭りに欠かせない桃には、他の節句の時と同様、「旬の植物から生命力をいただく」という概念があり、

季節の変わり目に生じる「邪気(=邪鬼)」を祓うため、その時に一番パワーのある=花盛りである植物が選ばれているからなのだとか

 

また、数ある雛祭りの時に食する定番メニューには散らし寿司やひなあられ等、たくさんございますが、

なかでも「蛤(ハマグリ)のお吸い物」でお馴染みであるハマグリは、「同じ貝殻としか大きさが合わない」ということから女性の「貞節」を表し、

さらには、器に盛り付ける際、「両貝殻のなかにひとつずつ身を入れる」=「ひとつの貝に対し二つ分の身を入れる」ことで、

その家の女の子の「良縁祈願」とすることが良いのだとか


祖母よ、母よ、なぜにその習慣を授けてはくれなかったのかと、

今さらながら、色々な意味において日本文化&縁起担ぎには度肝を抜かれたという、このMです


また、桃は中国でもとてもおめでたい植物とされているのだそうで、

あの「桃太郎伝説」よろしく、確かに強力な邪気祓い効果は間違いなさそうですよね


改めまして、日本の女性が伝統文化を守りながら元気に健やかに輝くことで、

ジュピターイヤー中の要となる「行動力」や「発信力」へも著しく繋がってゆくことを、

桃の花ことばである、「気立ての良さ」「天下無敵」に祈念いたしたいと思います


それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

2月28日 15:48 月は射手座から山羊座へ移動

 

ダイアリーには、

「カンペキじゃなくても、9割できれば十分」とありますが、

これはまさしく、山羊座のプロ意識に対し穏便さをもたらすアドバイスです。

山羊座といえば「秘めたる野心」であると、山羊座日食の際のパワーウィッシュ・リチュアルにて教えていただきました。

改めまして、keikoさんが感じる、山羊座ならではな魅力や秀でた能力とは何でしょうか


keikoさん、どうぞ教えてください

 

『山羊座といえば、やはり仕事仕事を持つ人にとっては、もはや必要不可欠なエネルギー

&山羊座は年長者と特に相性が良いサイン

なので、山羊座デーを狙って上司に意見を仰いだり相談を持ちかけたりすれば、組織内での上下関係が格段に良くなるわよ

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

また、山羊座は「和文化」とも非常に縁深いサインでもありました

この時期には、季節行事を生活に取り入れ、楽しみながら、

父や祖父、親戚縁者の年上男性に敬意を払いながら参りましょう

【無料】Keikoの特別鑑定を受ける


190226.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです


ジュピターイヤーでは「海外」や「異文化」に触れ合うことが最大の開運アクションということで、

「海外旅行」を計画しておられるor既に実行された皆さまも多いことかと存じます

それと同様に、「海外への移住」、もしくは、国内でも「長距離の移動や引っ越し」等もまた大ラッキーということで、

そちらに関しましても、計画しておられる皆さまも多いかと存じます


中でも「引っ越し」業界は、まさにこれから繁忙期を迎えますね

新卒生の進学や就職による移動や、春の人事異動にともない、

引っ越し産業はちょうど3月~特に4月の上旬にかけて大忙しとなります

よって、この3月~4月という時期には、閑散期に比べ、料金を1.5倍~2倍以上に設定されている業者さんもあるとのこと

また他では、お子様の夏休みや冬休み・年末などに合わせて引っ越しをされる人が多いことから、

この時期にも同じくやや繁忙期となり、料金が高くなる場合もあるとのこと


その他でも、第二の異動シーズンである秋口や、

さらに細かいところでは、週末&月末に依頼が集中する傾向にあるのだそう

また、不動産屋さんには「水曜日」をお休みとされているところが多いですが、

つい先日、このM、機会があり、実際の不動産屋さんにわけを伺って参りました

 

そのわけとは、

水曜日はということで、契約が「水に流れる」ことや「水害」を連想させるから

とのことでした

また他にも、同じく火曜日が「火事」を連想させるということで、火曜日をお休みとしておられる業者さんもあるとのこと。

やはり、こんなところにも、物事の「縁起担ぎ」がしっかりと行われていたのでした


是非とも、これからジュピターイヤーを過ごされてゆくなかで、これらの豆知識が読者の皆さま方の何らかのお役に立ちましたらば幸いでございます

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

2月26日 6:19 月は蠍座から射手座へ移動

 

ダイアリーには、

「とりあえず、外に出る。歩きながら考える」とありますが、

これはまさに射手座的・「楽観性」「行動力」を表すアドバイスです。

ジュピターデイにはとにかく「行動」「チャレンジ」とのアドバイスをいただいておりますが、

その逆に、何か射手座に対する注意点などはございますか

 

keikoさん、どうぞ教えてください


『ジュピターデーは今年、最大のチャレンジデーにふさわしい日である一方で、

どうしてもこの日には、ついつい大風呂敷を広げてしまいがち

それがもしも仕事上の約束だったりすれば、後々大変なことになっちゃう

なので、特に仕事に関する事柄へは、細やかな注意が必要となるわね

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

ジュピターイヤーならではな「引き寄せ格差」や「太りやすい注意報」同様、

精神的にもまた、「気持ちが大きく緩んでしまいがちになる」という盲点が、今年にはあるのですね


この時期には、積極的に広い世界へと意識を向けつつ、

物事の細部にまでフォローと確認を怠らずに参りましょう

【無料】Keikoの特別鑑定を受ける



190224.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

二十四節気・「雨水(うすい)」の次候(じこう)にあたる2月24日~28日までの期間は、「霞始(かすみはじめてたなびく)」にあたりますね

霞(かすみ)とは、春になると野山をおおうように現れ出る霧(きり)のこと

たなびくの漢字には中国語の「靆(ダイ)」が当てられておりますが、日本語では「棚引く」と書き、

その意味は、「雲や霞などが横に長く引くような形で空に漂う」様子のこと

 

この霞という言葉は春の季語なのだそうで、

それに対し、一見よく似ている「霧」の方は実は秋の季語として、日本文化ではこの微妙なニュアンスの違いでさえも明確に使い分けがなされているとのこと


それでは、そんな霞と霧との意味合いの違いとは一体何なのかというと、

秋の霧は同じく「靄(モヤ)」とともに、気象を表す用語として使われているのに対し、春の霞は気象用語としては使われていないのだとか


霧やモヤには発生条件などの明確な定義があり、=霧やモヤは空気中の「水蒸気の量」が多い際に発生が見られますが、

しかしながら、春の霞は空気中の水蒸気以外でも、例えば単なる黄砂や煙にて視界が遮られているというような場合でも、霞と表現してしまえるのだそう

これは、春にはまだ地面上に生えている植物がそこまで多くはないため、空気中には発生した水蒸気に加え、地面の砂やホコリなども舞い上がりやすく、

そのため、秋の霧ほどではないにしろ、見える景色や視界がより白くぼんやりと見えやすいことにあるのだとか


ごくごく簡単に申し上げれば、薄く、のどかで暖かに棚引くという印象がある春の霞に対し、秋の霧はどこまでも濃く、冷やかに立ち込めているというような感じでしょうか

そんな春の霞も、夜ともなればまたその名が変わり、こちらは「朧(おぼろ)」と表現されます


ほかにも、朝焼けに霞が棚引けば朝霞、夕焼け時なれば夕霞となり、

同様に、こんもりと群がり立つような霞を叢霞(むらがすみ)、遠くの山にかかる霞を遠霞(とおがすみ)など、

発生時間や印象の違いによって、日本人はこれほどまでに一つの言葉から連鎖的に幾つもの美しい言葉を紡ぎ出してきました


今年はジュピターイヤーということで、国内よりも「海外」や「異文化」にラッキー要素がございますが、

やはり、どんな物事を体験する際にも、この「日本人的・感性」を通じて物事の咀嚼・吸収がなされるのだと思えば、

何だかとても誇らしく、また、新たな自信も生まれてくるというような、そんな清々しい心持ちになれる気がいたします

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお伝えして参ります

 

2月24日 0:56 月は天秤座から蠍座へ移動


ダイアリーには、

「人は人、余計なお世話にならないよう」とありますが、

これは蠍座の「他と同化する」「入れ込み過ぎる」エネルギーに注意を促すものです。


前回には、「蠍座の集中力×射手座の拡大力にて鬼に金棒」とのアドバイスをいただきましたが、

他にも、蠍座ならではな強みや長所を、

keikoさん、どうぞ教えてください


『蠍座デーには、やはり普段以上の集中力が出てくる

なので、急ぎの仕事や用事なんかは、この日に集中することで一気に終わらせてしまえる

他にも、速めに習得したいスキルや試験勉強なんかも、この日にやるとはかどるわ

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

蠍座はまた、「おひとりさま時間の確保」や「秘境への旅」など、

自分自身の内面と静かに向き合いたい時にもピッタリなサインなのでした


この時期には、深く自分自身へと集中しながら、

同じく他をも尊重する精神にて参りましょう

【無料】Keikoの特別鑑定を受ける


↑このページのトップへ