月別アーカイブ / 2018年12月

181231.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

2018年のラストを締めくくる本ブログ更新となりました

読者の皆さま方にとりまして、今年はどのような一年間だったでしょうか

本年も、まずは「春分の日」=「宇宙元旦」より向こう一年間へのスタートを切り、

5月には、天王星の84年ぶりの牡牛座移動により、「収入革命」時代元年を迎えました

 

夏には、奇跡の「六芒星日食」を含む「トリプル食」にて自己改革を迫られ、

秋には、毎年の恒例であります、木星がサイン移動=射手座入りを果たし、12年に一度の大幸運期である「ジュピターイヤー」が幕を開けました

 

また、それらの合間・合間には水星をはじめ、各惑星が逆行しておりましたが、

惑星の逆行時にはkeikoさんからのラッキーアクションを実行し、その都度、宇宙から投げかけられる課題に真摯に取り組みました

また、何より、本ブログにてお伝えしております、「日々の月星座&月々の新月と満月に沿った行動をとる」ことを開運の基本とし、

12星座と各惑星が織りなすメッセージに耳を傾け、月光が導くツキの在りかを真っ先に歩いて参りました

 

特に、新月と満月のパワーウィッシュでは、

『意図し、手に入れ、感謝し、手放す―

このサイクルを心身に刻みながら、ムーンウォーター作りやムーンコラージュ作成にて、宇宙とのコミュニケーション術を深めて参りました。

そして、来年2019年も、ひたすら、これらの作業を続けていくのみです

なぜなら、「月星座」=「既に自分自身に与えられている天賦(てんぷ)の才」を活かすこと

+その時々の宇宙の動きと同じ行動をとること=「時流を読む」ことこそ、最も自然で速やかなる開運方法であるからです

 

読者の皆さま方の2018年がこの上なく素晴らしいものとなったことを、

そして、来たる2019年も、さらに思い出深き良い年となりますことを、

keiko的Lunalogy運営スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

今年、最後となる、keikoさん直伝によるハッピーアドバイスをお伝えして参ります

 

12月31日 10:23 月は天秤座から蠍座へ移動

 

ダイアリーには、

「そろそろ一線を越えるタイミング」とありますが、

これは、蠍座的・セクシーな意味合いという理解でよろしいのでしょうか

 

まさに、これから新年に向け、日付が変わる=一線を越えるタイミングでもありますが、

蠍座と言えば、「ソウルメイト」。

改めまして、ジュピターイヤーにソウルメイトを引き寄せるための秘訣を、

keikoさん,どうぞ教えてください

 

『ジュピターイヤーでは、フランクな友達付き合いから恋が始まることが多いので、まずは何より、異性の友人を増やすこと

それ以降は、ご縁がある人とは自然な形で進展していくでしょうから

 

なのだそうですっ。


年末年始を受け持ってくれるのは、「蠍座の月」となりましたね

この月に、蠍座的・「大変容」と、自分自身の月星座を「極めること」を誓いながら、

2019年度ジュピターイヤーにて、“人生まるごとランクアップ”を叶えて参りましょう

 

皆さま、どうぞ温かな年越しをお過ごしください

181229.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

冬至の次候に当たる12月27日~31日とは、「麋角解(さわしかつのおつる)」の時節ですが、

そのひとつ前の初候に当たる22日~26日は、「乃東生(なつかれくさしょうず)」でした

「乃東(だいとう)」とは「夏枯草(かごそう)=靫草(ウツボグサ)」の古名なのだそうで、

ウツボグサは日当たりの良い山野の草地に群生し、可憐で小さな紫色の花を咲かせます

 

このウツボグサ、何と、周囲の草花が枯れゆくこの冬至の時期に芽を出し、

そして、日が一番長くなる夏至の時期に枯れるのだそうで、

この候自体が、夏至(6/21~7/6頃)の初候である「乃東枯(なつかれくさかるる)」に相対する候となっています

 

また、和名にある“靫(ウツボ)”とは、弓矢を入れる道具のことなのだそうで、

花の形がこのウツボに似ていたことから名付けられたのだそう。

弓矢といえば

射手座のシンボルであるケンタウルスも弓矢を持っておりますが、ケンタウルス様にも、是非ともこのウツボをご紹介して差し上げたいところですっ

 

そんなウツボグサの英名とは、「heal-all(すべてを癒す)」。

これは、ウツボグサの優れた薬効作用から来ているのだそうで、

ウツボグサは喉の痛みや腫れもの、またはねんざした際や利尿を促したい時など、古来よりアジア各国~西洋諸国に至るまで、広く漢方薬として利用されていたのだそう

 

ともあれ、他の仲間の植物が枯れゆく凍てつく大地の上、ひっそりと芽を出す花の存在もあるという事実に、既に大きな癒しをいただけますよね

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

12月29日 5:23 月は乙女座から天秤座へ移動

 

ダイアリーには、

「多数決で決めた方がよさそう」とありますが、

これはまさしく、人間関係の「バランスをとる」天秤座を表すアドバイスです。

ジュピターイヤーにおきましても、天秤座的・「誰と組むのか」という要素はかなり重要になってくるとkeikoさんはおっしゃっておりましたが、

改めまして、ジュピターイヤーにおける、月が天秤座にある時に心掛けたい開運アクションを教えてください

 

『ジュピターイヤー×月が天秤座にある時には、とにもかくにも、多くの人とコミュニケーションをとること

そして、そこで得られた情報の“インプット”と“アウトプット”のバランスをとること。

天秤座では、偏らない・一方にだけ肩入れしないことが、何より重要なのよ

 

なのだそうですっ。

 

なるほど◎

12星座の「スタート」「自分自身」を司る「牡羊座」の対極に位置する天秤座とは、

常に「周囲の人々」のなかに在る「自分自身」を意識し、皆や雰囲気をより善くまとめあげることを使命とするサインでした

 

この時期には、良好な人間関係を意識しながら、

和やかな年末年始を創造して参りましょう

181227.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

街の雰囲気が、一気に新年モードへと移り変わりつつありますが、

皆さま、お正月を迎える準備の具合はいかがでしょうか


お正月とは、もともと、「年神様(としがみさま)」や「歳徳神(としとくじん)」とも呼ばれる、 

元旦になると各家々に「新年の幸をもたらすために高い山から降りてくる」とされる神様を迎え入れるための行事でした

 

その年神様のため、年末大掃除をしては自宅に蓄積した一年間の汚れを祓い、

しめ縄を飾っては神聖な空間を造り、

門松を立てては神様が迷わぬように目印を示し、

鏡餅を一段高い場所へと設置しては、そこを神様が宿られる「よりしろ」としました

 

また、この鏡餅、大小のお餅を2つ重ねているのは、それぞれ月と太陽を表しており、

「太陰(月)+太陽」=「陰陽合一(ごういつ)」ということで、大変縁起が良いとされたためなのだそう

やはり、ここでも

月の神聖なパワーをしっかりと取り込もうとしているところが、とても興味深いですよね


どうしても、新年には「初日の出」に注目が集まりがちですが、 

陰あってこその陽

陽が極まれば、必ずまた陰も極まる時がくる

…と、

例年のことながら、今年も大慌てで年の瀬の瀬に大掃除ならぬ“最低限掃除”をこなすという、このMなのですが

 

読者の皆さまのご自宅におかれましては、我らがkeikoさん的「ムーン・クリアリング」も随所に取り入れていただきながら、

年神様だけでなく、木星様の偉大なエネルギーをも、存分に取り込んでいただければと存じます

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお伝えして参ります

 

12月27日 2:50 月は獅子座から乙女座へ移動

 

ダイアリーには、

「奥ゆかしい振る舞いに男性の視線集中」とありますが、

これはまさしく、男性からの人気度もバツグンに高い乙女座を表すアドバイスです。


しかしながら、その逆に、月が乙女座にある時に気を付けたい“恋愛面における注意事項”などはあるのでしょうか…

もしも何かございましたら、keikoさん、どうぞ教えてください

 

『月が乙女座にある時には、どうしても“ネガティブチェック”になりがち

なので、なるたけ意識的に、相手の良い点・素敵な点にフォーカスするよう心掛けてほしいわ

 

なのだそうですっ。


なるほど◎ 

どうしても完璧主義でデキる乙女座さんならではなアドバイスでしたが、

乙女座は12星座一、キレイ好きで清潔を好むサインでもありました

まさに、お正月の準備すべてをお任せしたいところですっ

 

この時期には、乙女座的・「サクサク」とやるべき物事をこなしつつ、

環境面および心理面を清浄に整えながら参りましょう

↑このページのトップへ