月別アーカイブ / 2018年11月

181129.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

早くも、今年・2018年も、残すところあと1カ月と少し―

読者の皆さま方と、ついこの間に「宇宙元旦」(3月)を迎えたような気がするMなのですが

季節はもうすぐ、「師走(しわす)」と呼ばれる、最も慌ただしい時節を迎えるのですね

 

まさしく今年は春分の日である「宇宙元旦」を3月に迎えてすぐに、

5月には「天空一の暴れん坊」・天王星の大移動とともに「収入革命」時代に突入

そして今月の8日、ついに「天空のサンタクロース」・木星が蠍座を後にし、

12年に一度のスーパー・スペシャル・ラッキー・イヤーであるジュピターイヤーの幕開けとなりました―

特に今月の木星の大移動にともなう大きなエネルギーシフトは、

日ごとに厳しくなる寒さとあいまって、皆さま、心身にこたえてはいないでしょうか


「行動すること」が何よりのラッキーアクションとなるジュピターイヤーですが、 

時にはごゆっくりと「寛ぐ」「体を休める」ことも、

木星本来の「自由さ」「ナチュラルさ」を大いに発揮させてあげられる開運アクションと見なし、

心身を労わるひと時をお持ちになってくださいね

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

今月ラストとなりますkeikoさん直伝によるハッピーアクションを届けして参ります

 

11月29日 20:08 月は獅子座から乙女座へ移動

 

書籍には、

「事を起こすのに理由は要らない」とありますが、

これは、「無駄」を嫌い、何事もスケジュール通りにこなそうとする乙女座の“お尻を叩く”アドバイスと理解してよろしいのでしょうか・・・。


keikoさん、どうぞ教えてください

 

『ハイ、その通り

月が乙女座にあると、どうしても「それをやる意味」「大義名分」を求めてしまいがち。

でも、そればっかりだと、せっかくのジュピターイヤーが台無しになってしまう

ジュピターイヤーにはむしろ、“動きながら考える”“理由は後付け”くらいのスタンスで丁度いいわ

 

なのだそうです

 

なるほど◎

「完璧主義」な側面のある乙女座さんには、やや耳の痛いメッセージだったかもしれませんが、

誰もにとって、とても重要なアドバイス内容でした

 

また乙女座さんは、何よりお掃除・整理整頓が得意なサインとあり、

この週末にかけては射手座が支配する「ベランダ」「ガレージ」「靴箱」のクリアリング等も、とても良い開運アクションとなりそうです

 

皆さま、今月も本当にお疲れさまでございました

また来月にかけましても、木星の追い風と月からの加護を全身に受けながら、

ジュピターイヤーへの速やかなるスタートダッシュを仕掛けて参りましょう

181127.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

二十四節気をさらに細かく分けた七十二候では、

11月27日~12月1日頃までの期間は、「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」の頃に当たりますね

 

文字通り、「北風が木の葉を吹き払う」頃という意味で、「朔風(さくふう)」とは北風のこと。

いよいよ、ビュービューと木枯らしが吹き荒れる、本格的な冬の到来ですね

 

食養生の世界では、『冬は油』という言葉があり、

冬には良質な油=脂肪分を摂ることで、外的な寒さに備えましょうという教えがあるのだそうです

良質な油とは、体内で作りだすことが不可能である亜麻仁油やえごま油、お魚に含まれる油など、いわゆるオメガ3系に属する油分のこと。

 

また、冬は太陽光がどうしても弱まること+身体が冷える影響で、「鬱」にもっとも陥りやすい季節だと言われています

 

しかしながら―

今月とはせっかくの、「ジュピターイヤー」のスタート月

冬の寒さにも負けず

冷えにも負けずの精神にて、

心にしっかりと灯をともしつつ、参りましょう

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝による開運アクションを伝えして参ります

 

11月27日 17:35 月は蟹座から獅子座へ移動

 

書籍には、

「相手のプライドを傷つけないことが大事」とありますが、

これは、何か天空図的に表れているのでしょうか・・・。

それとも、獅子座的・「気高さ」を大事にするというアドバイスでしょうか

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『月が獅子座にある時には、自分自身が自信に満ちた態度で居ることが大切

それと同時に、人様へも自信を持たせてあげるような行動・・・・。例えば素直に「褒める」などをとることがラッキーアクション

逆に言えば、他人様の自信やプライドを損なわせてしまうような言動をとってはいけないということね

 

なのだそうです

なるほど◎


さっすが関わる人への気配りと思いやり、=愛に溢れた、実にkeikoさんらしいアドバイスです

何より、その日の月星座とのバランスが絶妙ですね

 

獅子座は、太陽をルーラーに持つ、「自分自身で自らを輝かせることができる」稀有なサイン。

この時期には、獅子座的・太陽のエネルギーを大いに意識しながら、

周りの人々へも愛の光を振りまきながら参りましょう

181125.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

皆さま、先日の双子座満月のパワーウィッシュは無事書かれましたでしょうか

 

さて、今年の6月20日より永らく逆行に転じていた海王星がこの25日、ようやく順行に戻りますね

海王星は魚座の支配星であり、まさしく魚座に象徴されるような、「イメージ」「無条件の愛」「海洋関係の物事」などを司ることでお馴染みですね

 

また、海王星とはkeikoさん曰く、

「木星の“ハイアーオクターボ”」。

=木星よりもさらに次元の高い、とてもスピリチュアルなパワーに満ち充ちた惑星

そして木星・海王星とは両者ともに「寛大」「寛容」のエネルギーに溢れ、性質的にかなり似通っているとのこと

 

そんな海王星が「順行に戻る時」=「惑星のエネルギーが最大限発揮される」瞬間の恩恵を、

みすみす逃すわけには参りません

 

というわけで

海王星パワーをより引き寄せられるラッキーアクションのおさらいです

 

●募金・寄付・ボランティア活動

●写真を撮る・写真展に行く

●作詞作曲・絵を描く等、あらゆる芸術活動(右脳的なもの)

●ダンスをする等、身体を動かす芸術表現

●占い等、スピリチュアルな物事に触れる

●海辺散策・シーフードや海藻を食べる

 

海王星が順行に戻ったことにより、今現在逆行を続けている惑星は、「水星」&「天王星」の2天体のみとなりました

何より「スタートダッシュ」が要となるこのジュピターイヤー、木星の追い風と共に、ますます軽やかに駆け抜けたいですね

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるラッキーアクションを伝えして参ります

 

11月25日 15:38 月は双子座から蟹座へ移動

 

書籍には、

「気持ちを切り替えるだけでリセットは可能」とありますが、

これは、何か天空図的に表れているのでしょうか・・・。

または、海王星がこの日に逆行を終えることが関係しているのですか


keikoさん、どうぞ教えてください

 

『月が蟹座にある日には、人はどうしても「過去」に意識を向けてしまいがちになる

+海王星逆行時も同様で、「あ~何であの時こうしちゃったんだろ・・・」みたいにウジウジしてしまいがち

でも、せっかくのジュピターイヤーのスタート月ここは海王星順行のタイミングで、気持ちを明るく切り替えたい

 

なのだそうです

 

なるほど◎

ちょうど、先日の満月による「手放す」作用ともあいまって、このタイミングでの切り替えは万事、上手くいきそうです

 

この時期には、海王星的・「感謝」と共に過去を手放しながら、

蟹座的・「ほっこり」「安らぎ」オーラにて心身を温めつつ参りましょう

↑このページのトップへ