月別アーカイブ / 2018年10月

181031.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

早くも、10月を締めくくる本ブログ更新となりました

 

まるで、死者の「復活」「再生」の意味を持つ「ハロウィン」祭をそのまま象徴するかのような「蠍座木星期」も本当の終わりに近付き、

来月の8日には、ついにあのラッキースター・木星がサイン移動―

実に12年ぶりに、「ホーム」である「射手座」へと帰還し、

ありとあらゆる物事に「跳躍」「大発展」をもたらす「ジュピターイヤー」が、名実ともにスタートしてゆきます

 

keikoさんが常々おっしゃられているように、

強運の基本とは、「宇宙と同じ動きをとる」こと―。

本ブログでは、幸運への「引力」となる月が、今現在、どの星座に位置するのかを正確にお伝えしながら、

各星座ごとの得意分野・支配分野をkeikoさんに伺いつつ、

日々の生活の中で無理なく実践できる開運アクションをお届けして参ります

 

エネルギーが大きく変化する来月以降にももちろん、

月と動きを連動させることにより、まさに「リズミカルに」「サクサクと」、

強運で在ることが「当たり前」の人生として参りましょう


今後とも、keiko的Lunalogy運営スタッフ一同、

より一丸となって、読者の皆さま方の強運をサポートさせていただきます

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお届けして参ります

 

10月31日 11:42 月は蟹座から獅子座へ移動

 

書籍には、

「野心に火がついたら、流れに乗ってる証拠」とありますが、

上記アドバイスとは、何か天空図的に表れているのでしょうか…。

それとも、獅子座的・「情熱」を表すものなのでしょうか

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『そろそろジュピターイヤーに入るので、月が獅子座にある日にはいつも以上にやる気が出るハズ

モチベーションが高まるようならば、既に木星からパワーを貰えている証拠よ

 

なのだそうですっ。

 

そうなのですね

そうとわかれば、俄然、パッションが湧き上がって参りました

 

皆さま、今月も本当にお疲れさまでございました

 

来月も、どうぞこのまま、燃える野心を胸に、

「天空のサンタクロース」の異名を持つ木星と足並みをそろえながら、来たる大発展期を参りましょう

181029.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

10月30日・火曜日は、「香りの記念日」なのだそうですね

 

香りの記念日とは、石川県は七尾市が制定。

1992年の同日、文化庁が主催する「国民文化祭」=「様々な文化活動を通して市民が交流する場」というイベントにて、

「世界の香りフェアIN能登」が開催されたことに由来するのだそうです

 

「香り」と云えば

間近に迫った「ジュピターイヤー」の開運アイテム…。

いいえ、「MUSTアイテム」として、keikoさんも度々ブログ等でもおっしゃられていますよね

 

来たるジュピターイヤーでは、

天空図的に、宇宙を構成する4元素である火・土・水・風のうちの「風」の要素がどうしても弱くなってしまうとのこと

 

ですので、「風」の要素を補う「お香」や「音楽」、

そして「香り」=「香水」こそが、ジュピターイヤーを支える幸運アイテムなのでした

 

また、来月7日まで続く「天秤座月間」においても、

ちょうどこの「香水」が、天秤座=風のサインのエネルギーを増幅させるラッキーアイテムでもありました

 

まさに、ジュピターイヤー目前っ。&天秤座月間という今には、

改めて、自分自身の気持ちが上向きになる香りを選んでおくと良いかもしれませんね

 

それではこれより、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

10月29日 8:27 月は双子座から蟹座へ移動

 

書籍には、

「相手の趣味に合わせた会話を」とありますが、

これは接する人々に「安らぎ」「温かみ」をもたらす蟹座的・アドバイスですね

 

他にも、月が蟹座にある時に心掛けたいコミュニケーション術や心理的スタンスなどがございましたら、

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『相手との“共通点”を見付けるようにすれば、関係性をより良い方向へ持って行けるわ

例えば、「あなたも仙台出身なのね、エ~私も~~~」とか、ね

 

なのだそうですっ。

 

なるほど…。

また、蟹座は「家庭的」な物事を司るサインでもありましたので、

他にも「趣味」「好きな家庭料理」など、蟹座的・「身近な話題」が功を奏するかもしれません

 

この時期には、接する方の心に沿ったコミュニケーションを心掛けながら、

蟹座的・「和気あいあい」とした雰囲気で参りましょう

181027.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

一年を5日ごとに分けた時候・七十二候では、

来たる10月28日より、「こさめ時施(こさめときどきふる)」の時節となりますね

 

「こさめ時施」とは文字通り、「パラパラと通り雨の様に、時おり雨が降る」頃という意味

ちょうどこの晩秋あたりから立冬にかけ、

大陸からやってくる冷たい寒気が日本沿岸の海との温度差で温められることにより、細かい「対流雲(たいりゅううん)が次々に発生

そのため、しょっちゅう晴れたり、曇ったり、雨が降ったり…を繰り返す、実に不安定な天気となりやすいのだそうです

 

よって、10月の和風月名には代表的な「神無月」の他に「時雨月(しぐれつき)」という異名もある程

 

そんな「秋時雨(あきしぐれ)」は、古来より「一雨降るごとに一温下がる」と云われ、

昔の人々には、「紅葉は時雨が染めるもの」という認識があったのだとか

 

秋雨が降り注ぐ音とは、秋が静かに去ってゆく足音

そして、にわかに冬が近付いてくる足音でもあるようです

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

月星座の動きにならったハッピーアクションをお届けして参ります

 

10月27日 4:41 月は牡牛座から双子座へ移動

 

書籍には、

「スマホの着信音を変えて吉」とありますが、

これはまさに、「変化」「情報」を表す双子座的・アドバイスですね

 

他にも、月が双子座にある時に起こすと良い「変化」などがございましたら、

keikoさん、アドバイスをお願い致します

 

『そうね…。

双子座は“流行”、そして“手”を支配するサインなので、ネイルを変えることもオススメよ

 

とのことっ。

 

なるほどっ。

確かに、ネイルは最新の流行が最も反映されやすい箇所ですね

 

&女性としても気軽にファッションへと取り入れやすく、何より、新しいネイルカラーにはテンションが上がりまくります

 

この時期には、急な秋雨と気温の低下には十分に気を付けながら、

日常に「変化」を取り入れつつ、気分を上向きに保ちながら参りましょう

↑このページのトップへ