月別アーカイブ / 2018年07月

180730.png


こんにちは

keikoLunalogy運営スタッフのМです

 

皆さま、先日の水瓶座満月・皆既月食のパワーウィッシュは無事書かれましたでしょうか

また、早くも7月最後をお伝えすることに驚きを隠せません

 

今月も本当に宇宙的なイベントが盛り沢山でした

そして、まだまだ来月にかけましても、天空のこの異常なほどの盛り上がりは続いてゆきます

 

来月、8月の11日・土曜日には、今度は獅子座にて、新月のスペシャルバージョンである日食が起こります

 

日ごとに増しつつある夏の暑さに加え、月食や日食と云った凄まじいエネルギーシフトが起こる際には、

体調面ではもちろんのこと、心理面の方でも感情を揺さぶられる出来事=カルマの解消等、魂レベルでの浄化を促す出来事が起こる傾向がございます

 

どうぞ、読者の皆さまにおかれましては、開放的になれる楽しい時節ではございますが、

何よりいちばんの資本である身体の声を優先していただき、日々の生活リズムを適度に整えながら過ごしていただきたいと思います

 

そして今後とも宇宙の劇的な采配に身を任せ、

恐れずにどんどんと開運の一途を辿っていっていただきたいと思います

 

それでは

本日も、keikoさんの著書・「keikoLunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝による月星座別ラッキーアクションをお伝えして参ります

 

7月30日 8:28 月は水瓶座から魚座へ移動

 

書籍には、

「今日飲みたいのは〇〇の名水」とありますが、

これは水との関わりの深い魚座ならではなアドバイスですね

他では、例えば夏に適した食材やお料理において是非とも食しておきたい魚座的な食べ物がありましたら、

keikoさん、どうぞご教授願います

 

『ところてん、ゼリー、ビシソワーズなど、水分の多い食べ物がいちばん

そして甘いものには塩分が効いたものを添えて、陰陽のバランスをとること。

水分+塩分は熱中症対策にもなるしね

 

とのこと

 

皆さま、今月も本当にお疲れ様でございました

 

こまめな水分&塩分補給、

そして日々の月星座チェックを忘れずに、

ますます耀ける夏を創造して参りましょう

180728.png


こんにちは

keikoLunalogy運営スタッフのМです

 

7月28日、5時20分、月は水瓶座で満月となります。

 

ご存知の通り、この日の満月はただの満月ではございません

この度は満月の威力が更に増した、満月のスペシャルバージョンである「月食」、しかも「皆既月食」でございます

 

月食とは、太陽の周りを公転している地球、地球の周りを公転している月とが、太陽・地球・月の順に一直線に並んだ際に起こる現象で、

地球が太陽光に照らされた際にできた陰の中に月が隠れることにより、月が欠けて見える状態の事

 

月は太陽のように自ら光ってはおらず、太陽光を反射して光っているように見えているため、

地球の陰に入る範囲が多ければ多いほど、欠けて見える部分も多くなります

=皆既月食とは、月全体が地球の陰にすっぽりと隠れてしまう状態のことなのです

 

しかしながら、月は完全に見えなくなってしまうというわけではなく、

「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる赤黒い色となり、観測が可能です

 

月の見え方には、地球の陰の中を月が移動してゆくに従いその時間ごとの特徴があり

最初はお馴染みの状態である「白い満月」から次第に欠け始めて「部分食」となり(a.m3:24)、

やがて月全体が赤く染まる「皆既食」となり(a.m4:30)、やがて「皆既食」の終わりを迎え(a.m6:14)、

また次第に白く満ち始め、「部分食」も終わり(a.m7:19)、そしていつもの「白い満月」に戻りますa.m8:30)

 

このように、刻々と変わりゆく月が楽しめるのです

 

しかしながら日本の多くの地域では、大体4時20分を過ぎた頃より月が沈んでいってしまうため、

食の全過程を観測することはできないそうです

(ちなみに東京の月の入り時刻は4時49分頃)


天文学的にも「数年に一度」という頻度で起こる、貴重で珍しい現象である皆既月食、

それが「水瓶座」で起こるということは・・・。

 

keikoさんが、「突き抜けたい時には水瓶座」と云われているほど、

水瓶座には、「宇宙や地球以外の惑星とつながる力」がございます

 

「変革する」「壊す」「覆す」「刷新する」「超える」「時代の波に乗る」

 

この様なスペシャルな機会には同じくスペシャルなパワーウィッシュ・ワードを書くことで、

この夏のエネルギーシフトの流れに一気に乗っていくことと致しましょう


同じく、スペシャルなフルムーンウォーター作りもマストです

もはや、「変わらない」ことを選択できる余地は、宇宙にはございません

 

闇の洗礼を受け、新たに生まれ変われる月の如く、

自分自身でさえまだ知らない自分自身へと、ドラマチックに変貌を遂げて参りましょう

180727.png


こんにちは

keikoLunalogy運営スタッフのМです

 

27日・金曜日より、「情報」と「コミュニケーション」の星である水星が逆行を開始致します

はい、本ブログをご覧の皆さまにおかれましては、お馴染みのあの期間でございます

 

惑星の逆行時とはあらゆる物事の「復習」「見直し」に最適な時であるのと同時に、

その惑星の性質が歪んだ形で出やすいという特徴があります

 

水星逆行の際、よく懸念されがちな、

「通信機器の誤作動」「交通機関の乱れ」「メール等連絡手段におけるケアレスミス」などはその典型例ですが、

逆行を敢えて逆利用することで、わたし達は宇宙の流れを生かし、よりスムーズに宇宙意思に沿った行動をとってゆけるのです

 

本年第2回目となる水星逆行ですが、

keikoさんのお言葉を借りれば水星逆行時とは、宇宙に願いを「再申請」するタイミング

約4カ月に一度巡ってくるというこの3週間のうちには、

何と云っても「パワーウィッシュノートの見直し」が、最高の威力を発揮致します


それも以前書いた内容であればどこまで遡っても

そして何より、「ムーンコラージュ」を作成するのにうってつけのタイミング、なのであります

 

なかなか、『パワーウィッシュを書くことだけで精一杯』『正直ムーンコラージュまで手が回らない』という方ほど、

この水星逆行期間中には是非とも、右脳での「イメージング」ができるムーンコラージュを取り入れてみてください

それがより宇宙に対する「念押し」となり、水星逆行中ならではなシンクロが起こったりすることも・・・

例えば、

 

過去にご縁のあった人から連絡がくる

昔取り組んでいた活動を思い出す

ストップしていた計画が動き出す

 

等、宇宙からの思わぬ導きを得られたりするのが、とても面白いところなのです

このような、一見何の関連性も無さそうな出来事こそが、

パワーウィッシュ・ムーンコラージュによる「右脳開発」の、いちばんの恩恵かもしれません

 

また、水星逆行時の基本の「き」の時に戻ってみますと、

 

寄り道や予想外の展開を面白がる

時間前行動を心掛ける

 

ことなどを意識しておけば、そこまで恐ろしい展開にはならないかと思われます

この度の逆行は、8月の20日まで。

果たしてどのような「掘り出し物」に、出会えるでしょうか

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keikoLunalogy月星座ダイアリー2018」より、

日々の月星座に合わせたラッキーアクションをお伝えして参ります

 

7月27日 19:41 月は山羊座から水瓶座へ移動

 

書籍には、

「エコや地球環境を意識してみる」とありますが、

これは「宇宙」や「環境」を象意とする水瓶座ならではなアドバイスです

今回も夏休みにピッタリな、何か水瓶座的試みやイベントなどがありましたら、

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『プラネタリウムや天体観測なんてまさに時期的にもピッタリ

28日の皆既月食や、31日の火星の地球への大接近を観測してみるのはいかが

 

なのだそうです

 

水瓶座の象意は他にも「占星術」「宇宙からのサイン」というものも含まれておりましたね

また本ブログを読まれることも、開運アクションのひとつとして数え上げて頂けましたら幸いです

 

この時期には、これまで辿ってきた道のりを踏まえつつ、

宇宙からの課題に取り組みながら参りましょう

↑このページのトップへ