191124.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

11月22日~26日は、二十四節気・小雪(しょうせつ)の初候に当たる、

 

「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」の時節となりますね

 

 

すなわち、「虹を見かけなくなる」頃のこと。

 

 

虹は、空気中に漂う水滴へと太陽光が差し込み、

 

水滴の中で屈折した光が再び跳ね返ってきた(反射した)光のこと

 

光は波長により屈折の仕方が異なるため、屈折率の違いによって私たちが見える色にも違いができ、

 

よって、おなじみであります、あの7色が形成されます

 

 

空気は高い温度の時にほど、より多くの水蒸気を含むことができるのだそうで、

 

気温が下がる冬には、虹色の形成に不可欠である大気中の水蒸気量が減るために、虹の観測が難しくなるのだとか

 

 

また、虹の観測条件には、以下のような一定の法則があります↓

 

 

太陽と反対方向に現れる(=太陽を背にして立つと、真正面に見える)

 

空から直線的に差し込む太陽光線を分度器の底辺とすると、

観測者の目を分度器・測定部の中心に置いた、40度~42度の方向に見える。

 

よって太陽の高度が低い時ほど高い位置に見え、高い時ほど低い位置に見える。

 

(例)

朝夕にはより高い位置に見える。

 

夏は空気中の水蒸気量が多いために虹の発生には有利に思えるが、

夏場は太陽高度が高いために、冬場よりも観測できる時間帯が限られる。

 

やはり朝夕に観測が多くなり、夏は夕立後がいちばんのチャンス。

 (以上)

 

 

常夏の島・ハワイは「レインボー・ステート」(虹の州)との愛称でも知られていますが、

 

なるほど、確かに虹がいつでも出現できるような気候条件に恵まれていることがわかります

 

 

それゆえ、ハワイ州の車のナンバープレートには虹がデザインされており、

 

また、描かれた虹の意味には他にも、ハワイには多くの人種が集まっていることから、

 

「肌の色の違いを超えてひとつになろう」との願いも込められているのだとか

 

 

まさしく、「ビューティフル・ハーモニー」という言葉や「平和」を連想させる、7色の虹。

 

世界各国・共通の願いを今こそ、叶えるべき時です

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

11月24日 14:58 月は天秤座から蠍座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 「ちょっと苦手と感じる人こそキーパーソン」とありますが、

 

 

Q、これは、苦手と感じる人にこそ、カルマ解消や開運の要素が含まれているということでしょうか

keikoさん、教えてください

 

 

『それもそうなのだけれど、この場合の回答は、蠍座デーにアリ

必ずしも見た目通りではないというのが、蠍座。

なので、この日、苦手な人にあえて話しかけてみたりすると、その人の真の姿がわかることがあるのよ

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

「隠されたもの」「潜むもの」を意味する蠍座。

実に奥深いアドバイスですっ。

 

 

この時期には、洞察力を駆使しながら、

 

関わる人々の持ち味を吟味してまいりましょう