191116.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

11月は、七五三参りの時節ですね

 

 

一般的には11月の15日前後に3才と7才の女の子・5才の男の子が正装をし、

 

氏神さまをはじめとするご縁ある神社へと参拝し、健やかなる成長を祈願します

 

 

七五三の起源については諸説あるものの、

 

江戸時代末期に出版された、「東都歳時記(とうとさいじき)」という文献中には既に七五三の記載が見られるそうで、

 

東都歳時記は近世における年中行事をもっとも詳しく知れる書として名高いもの

 

 

上記・東都歳時記によれば、

 

『11月15日の嬰児(えいじ)の宮参りは、髪置(かみおき)・袴着(はかまぎ)・帯解(おびとき)等の祝いなり』

 

との記述があり

 

 

それぞれ、

 

髪置(かみおき)男女とも3才までは髪を剃っていたものを、これ以後は髪を伸ばすことを認める儀式。

 

 

袴着(はかまぎ)5才を迎える男児に初めて袴をはかせる儀式。

 

 

帯解(おびとき)7才を迎える女児が子供用の付け紐のある着物を卒業し、

これ以後は大人と同じような正式な帯を着用することを認める儀式。

 

 

つまり、幼児が年齢を経ていくうえでの通過儀礼としての意味合いが多く含まれていたことが伺えます

 

 

また、これ以外でも、

 

徳川5代将軍・綱吉公が、体の弱かった長男・徳松の健康長寿祝いを旧暦11月15日に行ったことに庶民があやかった

 

古代中国より伝わる陰陽思想において、奇数は「陽数(ようすう)」と呼ばれ、縁起が良いとされていた

 

旧暦11月は秋の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)を行う月であり、その月の満月に当たる15日に氏神さまへと感謝を捧げる風習があった

 

ことなども、七五三の由来のひとつではないかといわれています

 

 

ともあれ、いつの世も、お子さまの開運・幸運を祈る親御さんの気持ちは変わらないというもの

 

そして、ご縁ある神仏、および、関わりのある地域の人々との交流の場であるお祭りという神事を通して築かれる絆は、

 

確かな魂の記憶として、後世にまで受け継がれてゆきます

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2020」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

11月16日 1:15 月は双子座から蟹座へ移動

 

 

ダイアリーには、

「今日は聞き役、見守り役に徹するのが正解」とありますが、

 

これはまさしく、「安心・安全」を求めるサインである蟹座に根差したアドバイスです。

 

 

Q、蟹座といえば、「家族」を表すサイン

 

蟹座デーには、たとえば家族に対してどのような言葉をかけるべき時でしょうか

 

家族愛を深められるようなものを、keikoさん、どうぞお願いします

 

 

『対する相手が夫であれ、子であれ、“育てる”というスタンスで接すること

なのでたとえば、“それは大変だったでしょう”“ご苦労さまでした”“お疲れさま”など、

労をねぎらうような言葉がGOOD。

 

自己犠牲は良くないけれど、できる範囲で母性本能を発揮して、相手の安心感を引き出してあげて

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

ふんわり・ほわほわ・ほっこりなどのやさしい言葉を連想させる蟹座さん。

なんて温かいのでしょう(涙)

 

 

この時期には、まろやかな魅力で家族や周囲の人々を包み込むイメージにて、

 

ヒーリング・エネルギーを活性化させてまいりましょう