190112.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

14日・月曜日は「成人の日」ですね

2000年より導入された「ハッピーマンデー制度」によって、それまでの1月15日の実施を改め、1月の第二月曜日へ変更となりました。

この成人の日、もともとの1月15日という日取りは、かつて「元服(げんぷく)の儀」がこの日に行われていたことに由来するのだそうです

 

元服とは、奈良時代以降の日本において成人を示すものとして行われていた儀式のこと。

しかしながら成人の儀式と言えども、その身分や地方によって行われる時期には違いがあり、

早くは5、6才~遅くて20才前後に至るまでと、実際の実施年齢にはかなりの幅が見られたのだとか


また、古い時代には、主に男性に特化された行事であったこの元服、

男性では髪型や服装を改め、「幼名」を改めては新たな名を授かり、大人の仲間入りと見なされました


江戸時代以降には女性へも広まり、 

女性ならではな、髪の結い方を変え、お歯黒を付けては、「引眉(ひきまゆ)」と呼ばれる、“眉を抜いたり剃った後に薄い墨にて眉を描く”行為を施していたのだそう

 

改めまして、この成人の日の趣旨を見直してみましても、

『おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます』とあり、

もう何度目の成人式とも換算できてしまう「大人」の身分であるこのMと致しましても、

人生の門出を迎えられる新成人の皆さま方へと、心より特大エールをお送りしたい所存です

 

是非とも、我らがkeikoさんの「keiko的Lunalogy」も知っていただき、

ご自身の月星座を知り、自らの潜在能力をフルに活用していただきながら、

豊かなライフプランを実現させてくださればと存じます

 

それでは本日も、「月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

1月12日 17:18 月は魚座から牡羊座へ移動

 

ダイアリーには、

「モチベーションの上げ方を自分なりに研究」とありますが、

これは「パッション」を前向きに保つことが何より大事である牡羊座的アドバイスです。

 

そういえば、牡羊座も射手座も「スポーツ」という共通点がありますが、その違いがイマイチよくわかりません

牡羊座的スポーツと射手座的スポーツのニュアンスや種類の違いを、

keikoさん、具体的に教えてください

 

『牡羊座は、自分自身の肉体そのもので勝負する“個人競技”や“格闘技”を司る

陸上競技やボクシングやレスリング、空手なんかもそうね。

一方、射手座になると、もう少し洗練されたイメージが加わって、“大自然と一体化できる”スポーツになる

スキー、スノーボード、ヨットやカヌー…。

中でも乗馬やアーチェリーは、射手座そのものって感じよ

 

なのだそうですっ。

 

なるほど◎

このように具体例を挙げていただけると、違いが一目瞭然ですね

この時期には、人生という荒波へと漕(こ)ぎ出す新成人の皆さまを祝福しながら、

波乗りを謳歌する大人の背中を見せながら参りましょう